2018年3月26日

ジョニーが8耐に帰ってくる!

久々の鈴鹿8耐参戦となるジョナサン・レイ

 

 

 カワサキモータースジャパンが運営するKawasaki Team GREEN が7月29日に決勝レースが行われる「FIM 世界耐久選手権シリーズ 最終戦 鈴鹿8時間耐久ロードレース」 の参戦体制を発表した。

 昨年の大会で2位を獲得している同チーム、ライダーは引き続き渡辺一馬レオン・ハスラムを起用。今年はスーパーバイク世界選手権で3年連続チャンピオンという圧倒的強さを誇っているKawasaki Racing Teamのジョナサン・レイが加わることとなった。マシンはNinja ZX-10RR 、ゼッケンナンバーは♯11

  Team GREENのエース・渡辺に、鈴鹿8耐優勝経験のあるレイ(2012年)、ハスラム(20132014年)というトリオは、カワサキに1993年以来の優勝をもたらすのか? 4か月後の戦いが楽しみだ!

渡辺一馬のコメント

優勝を目指せる顔ぶれがそろいました。彼らと走れることを楽しみにしています。カワサキにご声援をお願いします」

レオン・ハスラムのコメント

「8耐は何から何まで他のレースと違う特殊なレースです。2位はもう2回も取ったので、今年はほかの二人と優勝を狙いにいきます」

ジョナサン・レイのコメント

「長い間この機会を待っていました。8耐はチームの総合力が試されるレースで、いいライダー、いいマシン、いいスタッフが揃って、安定したラップタイムを重ねることが優勝につながります。これこそが耐久の美学です」

www.farm-pump-ua.com

наркологические клиники

www.vanco.com.ua/ofisnaia-kanceliariia