Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
ヤマハとホンダの“レトロポップなお洒落スクーター”が合体して新型ビーノに | WEB Mr.Bike- psp-traumland.info

2018年3月15日

ヤマハとホンダの“レトロポップなお洒落スクーター”が合体して新型ビーノに

Vino 199,800円(5月25日発売)

2016年の10月5日、本田技研工業(社長:八郷隆弘)(以下Honda)と、ヤマハ発動機(社長:柳弘之)(以下ヤマハ)は、「国内の50cc原付スクーターや、電動二輪車を含めた原付一種領域での協業に向けた業務提携について検討を開始した」との内容の発表を行ったのをご記憶されているだろうか。その具体的な“協業”の成果がいよいよ現実の出来事として出現した。

当時、発表された内容のとおり、今回のモデルチェンジを契機にヤマハのJOGとVinoが、Hondaの原付モデルと合体したのだ。そしてこれまた発表どおり両モデルはHondaが製造を担当することになったという。

ここで、“協業”発表の概要をおさらいしておくと、
『近年、日本では電動アシスト自転車や軽自動車など、近距離での移動手段の多様化により、原付一種市場は縮小しています。また、強化される保安基準や排出ガス規制など法規制への対応、さらには電動化の推進など、二輪車メーカーとして取り組むべき課題に直面しています。
 こうした環境下、Hondaとヤマハはこれらの課題解決に向けた協力が必要、との共通認識に立ち、以下の項目に関して日本国内での原付一種領域における協業を目指します。
【協業に向けた主な検討内容】
 1)50cc原付スクーターのOEM供給
 Hondaが生産・販売を行う日本市場向け50cc原付スクーター「TACT(タクト)」・「Giorno(ジョルノ)」をベースとしたモデルを、2018年中の開始を目標に、ヤマハへOEM供給します。
 ヤマハは、このOEM供給を受け、それぞれ「JOG(ジョグ)」・「Vino(ビーノ)」に該当するモデルとして販売する予定です。』
 この部分の“協業”が今回実現した部分。引き続きその後の“協業”内容を見てみると、
『2)次期50cc原付ビジネススクーターの共同開発・OEM供給
現在、日本市場向けにHonda「BENLY(ベンリィ)」、ヤマハ「GEAR(ギア)」としてそれぞれ開発・生産・販売している、50cc原付ビジネススクーターに関して、次期モデルの共同開発、及びHondaからヤマハへのOEM供給を検討します。
 3)原付一種クラスの電動二輪車普及に向けた協業
 日本市場における原付一種クラスを中心とした電動二輪車の普及を目的に、航続距離・充電時間・性能・コストといった課題の解決を目指した基盤づくりの協業を検討します。そして、今後生まれる取り組みの成果を同業他社、異業種にも広く提案することで、電動化の普及に取り組みます。
 Hondaとヤマハは、今回の協業により、原付一種という身近な移動手段を通じてお客様の生活をより豊かなものにすると共に、日本二輪車市場の更なる活性化に向けて取り組んでいきます。』
 今回の第一弾は正に始まりの一歩で、今後原付一種クラスを中心に“協業”モデルが続々と登場してくるのだろう。

というわけで、新型Vinoのニュースに戻ると、正式な発表はされていないものの、フロアーステップ前部を境に、フロント周りはVinoのイメージを、リア周りはほぼジョルノ、という構成なのが分かる。Vinoのデザインのアデンティティでもあるフロントカバーに埋めこまれたヘッドライト、ウインカー等は旧型Vino、そしてフロアステップからテールエンドまではジョルノのデザインを取り入れたといえるだろう。ちなみに生産は先の“協業”発表時の通りHondaが担当している。

まさに日本の二輪車業界が新たなステージに乗り出す第一歩を示したニューモデルといえる。
 

VINO_MatAltairSilverMetallic_3_4000.jpg

Vino。カラーは6色。「マットアルタイルシルバーメタリック」(マットシルバー)。

VINO_HarvestBeige_1_4000.jpg

Vino。「ハーベストベージュ」(ベージュ)。

VINO_VibrantOrange_2_4000.jpg

Vino。「バイブラントオレンジ」(オレンジ)。

VINO_CamouflageGreen_4_4000.jpg

Vino。「カモフラージュグリーン」(グリーン)。

VINO_GraphiteBlack_3_4000.jpg

Vino。「グラファイトブラック」(ブラック)。

VINO_PearlAnneBrown_1_4000.jpg

Vino。「パールアンブラウン」(ブラウン)。


 

★YAMAHA ニュースリリースより (2018年3月15日)

新たに“アイドリングストップ・システム”を採用し商品性を向上
原付一種スクーター「Vino」をモデルチェンジ

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「Vino」のモデルチェンジを行い、5月25日より発売します。

今回発売の「Vino」は、新たに“アイドリングストップ・システム”や“コンビブレーキ”を採用し商品性を向上させながら、より大人でモダンな印象を感じるデザインに進化しました。

主な特徴は、1)信号待ちなどの停車時の燃料消費や騒音、排出ガス低減に貢献する“アイドリングストップ・システム”の搭載、2)後輪ブレーキレバーを握ると前輪にもほどよく制動力を配分し、ブレーキングをサポートする“コンビブレーキ”の搭載、3)燃費/環境性能に優れながら、力強い走りを実現する水冷4ストローク49cm3フューエルインジェクション搭載エンジン、4)容量約20Lのシート下トランクやフロントインナーボックス、グローブボックスなど充実した収納スペース、5)時計機能付スピードメーター、充電などに便利なアクセサリーソケットの装備など日常使いでの利便性の向上、6)楕円をモチーフとし伸びやかに進化したフォルムと、細部にまでこだわったカラーリング、などです。製造は、本田技研工業株式会社が行います。 
 

<名称>
「Vino」
 
<メーカー希望小売価格>
199,800円(本体価格 185,000円/消費税14,800円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれません。
 
<カラー>
・マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)
・ハーベストベージュ(ベージュ)
・バイブラントオレンジ(オレンジ)
・カモフラージュグリーン(グリーン)
・グラファイトブラック(ブラック)
・パールアンブラウン(ブラウン)
 
<発売日>
2018年5月25日
 
<販売計画>
8,000台(シリーズ合計/年間、国内)

 

「Vino」フィーチャーマップ
・時計機能付スピードメーター
・容量約20Lのシート下トランク
・おしゃれなアクセントとなっているサイドカバー
・環境性能に優れた49cm3FI搭載エンジン
・アイドリングストップ・システム搭載
・軽い⼒で掛けられるセンタースタンド
・後輪ブレーキレバーを握ると前輪にもほどよく制動力を配分し、ブレーキングをサポートするコンビブレーキ
・大型マルチリフレクターヘッドランプ
・楕円をモチーフとしたスタイリング
・盗難抑止に効果を発揮するシャッター付きキーシリンダー
・ワンタッチで開けられるシートロックオープナースイッチ
・持ち手の太いバッグも掛けられる大型フック
・500mlのペットボトルが収納できるインナーボックス
・アクセサリーソケット付グローブボックス
 

★主要諸元

車名型式 2BH-AY02
Vino
発売日 2018年5月25日
全長×全幅×全高(m) 1.650×0.670×1.015
軸距(m) 1.180
最低地上高(m) 0.105
シート高(m) 0.720
車両重量(kg) 81
乾燥重量(kg)
乗車定員(人) 1
燃費消費率(km/L)※1 80.0(国交省届出値 定地燃費値※2 30km/h 1名乗車時)
58.4(WMTCモード値 クラス1 1名乗車時※3)
登坂能力(tanθ)
最小回転半径(m)
エンジン型式 AF74E
水冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ
総排気量(cm3) 49
内径×行程(mm) 39.5×40.2
圧縮比 12.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 3.3[4.5]/8,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 4.1[0.42]/6,000
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ・キック併用式
点火方式 T.C.I.式(フルトランジスタ)
潤滑油方式 ウェットサンプ
潤滑油容量(L) 0.7
燃料タンク容量(L) 4.5
クラッチ形式 乾式遠心シュー
変速機形式 Vベルト式無段変速
変速比 2.850~0.860
一次/二次減速比 NA/12.321
キャスター(度) 26°30′
トレール(mm) 76
タイヤサイズ 80/100-10 46J(チューブレス)
80/100-10 46J(チューブレス)
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング
フレーム形式 アンダーボーン

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
 ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率です。
 ※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
 ※:製造事業者:本田技研工業株式会社

www.eurobud.com.ua/metallocherepitsa-yaspis-germaniya/

У нашей фирмы интересный сайт на тематику займ под залог недвижимости www.zaraz.org.ua
Нашел в интернете авторитетный интернет-сайт с информацией про https://granit-sunrise.com.ua.