2018年1月30日

“BLUE CORE”エンジン搭載のグローバルスクーター、NMAXがカラーチェンジ

NMAX ABS 351,000円(2月10日発売)

2015年の1月にインドネシア市場向けとして発表されたグローバルスクーターNMAX125は、翌2016年3月になって国内にも投入された。“MAXシリーズ”スクーターの一員として開発されたこのNMAX125は、ヤマハが走りの楽しさと燃費、環境性能の両立を高次元で具現化する“BLUE CORE”思想に基づいた次世代小型エンジンを搭載するモデルだ。

1)高効率燃焼、2)高い冷却性、3)ロス低減、の3点を徹底的に追求するというのが“BLUE CORE”エンジンの開発思想で、2014年8月にベトナムで発売した女性向けスクーター「Nozza Grande」へ搭載し、実に2008年の同クラスモデル比で50%もの燃費向上を達成したという。NMAX125の最大の特徴といえるのがもちろんこの“BLUE CORE”エンジンで、VVA(可変バルブ)機構、冷却性とスペース効率に優れたラジエター、ロス馬力低減を図るオフセットシリンダーなどを主な特徴としている。

車体周りでは優れたねじり剛性を実現した新設計フレームを採用。エンジン懸架もリンク式エンジンマウント方式を採用し、ライダーの操作に対するダイレクト感と、低振動化を両立させている。ホイールは前後13インチ。前後にディスクブレーキを備え、ABSも標準装備とされた。“MAX”スクーターテイストでデザインされたボディ、ヘッドライト、ストップ&テールランプにはLED、メーターは液晶マルチファンクションディスプレイを採用している。

2017年8月にはマイナーチェンジを受け、平成28年度国内排出ガス規制への適合とカラー設定の変更が行われた。また車名も標準装備するABSに合わせて「NMAX ABS」と変更された。

今回は、カラーリングの変更のみで、「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」、「マットグレーメタリック3」の2色のニューカラーと、「ホワイトメタリック6」の継続色1色を合わせ3色のラインナップとなった。

20180210_NMAX_ABS_VPBC5_3.jpg

NMAX ABS。新色は2色。「ビビッドパーリッシュブルーカクテル5」(ブルー)。

20180210_NMAX_ABS_MNM3_2.jpg

NMAX ABS。新色「マットグレーメタリック3」(マットグレー)。白系の継続色と合わせて計3色の設定に。


 

★YAMAHA ニュースリリースより (2018年1月30日)

光沢感のあるブルーの採用など 高級感をさらに強調
原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更

ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させた124cm3“BLUE CORE※”エンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、2月10日より発売します。

「NMAX ABS」は、“Global Prestige City Commuter”をコンセプトに、「TMAX」「XMAX」など欧州や日本で人気の“MAX シリーズ”のスタイルと走りの良さを125cc クラスに展開したモデルです。2018年モデルはニューカラー2色を含む3色設定で、高級感を更に強調したカラーリングとしました。「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5(ブルー)」は、光沢感のあるブルーにより、高級感と遊び心を演出しています。「マットグレーメタリック3(マットグレー)」は、ダークマット系を採用し“MAX シリーズ”上位モデルとのリレーションをより強調しています。「ホワイトメタリック6」は継続販売いたします。

製造は、当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行います。

※ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

<名称>
「NMAX ABS」
 
<発売日>
2018年2月10日
 
<メーカー希望小売価格>
351,000円(本体価格325,000円/消費税26,000円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
 
<カラーリング>
・ビビッドパーリッシュブルーカクテル5(ニューカラー/ブルー)
・マットグレーメタリック3(ニューカラー/マットグレー)
・ホワイトメタリック6(ホワイト)
 
<販売計画>
6,000台(年間、国内)

 

★主要諸元

車名型式 2BJ-SED6J
NMAX ABS
発売日 2018年2月10日
全長×全幅×全高(m) 1.995×0.740×1.115
軸距(m) 1.350
最低地上高(m) 0.135
シート高(m) 0.765
車両重量(kg) 127
乾燥重量(kg)
乗車定員(人) 2
燃費消費率(km/L)※1 50.5(国交省届出 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)※2
43.6(WMTCモード値 クラス1 1名乗車時)※3
登坂能力(tanθ)
最小回転半径(m)
エンジン型式 E31AE
水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 52.0×58.7
圧縮比 11.2
最高出力(kW[PS]/rpm) 9.0[12]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 12[1.2]/7,250
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 TCI(トランジスタ式)
潤滑油方式 ウェットサンプ
潤滑油容量(L) 1.0
燃料タンク容量(L) 6.6
クラッチ形式 乾式・遠心・シュー式
変速機形式 Vベルト式無段変速
変速比 2.326~0.731
キャスター(度) 26°00′
トレール(mm) 92
タイヤサイズ 110/70-13 M/C 48P
130/70-13 M/C 57P
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング
フレーム形式 バックボーン

※1:燃費消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
 ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
 ※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速によって分類されます。

www.velomarket.org.ua

посмотреть steroid.in.ua

В интеренете нашел популярный web-сайт про направление обслуживание  хонда dmi.com.ua