2018年1月26日

レトロポップなお洒落スクーター、ビーノ XC50Dに新色を追加設定

ビーノ XC50D 209,520円(2月10日発売)

1997年3月の2ストロークモデル発売に始まる“レトロポップ”スクーター、ビーノ。丸目ヘッドライト、フラットなフロア、大きめのレッグシールドに深いフロントフェンダー、フルカバードタイプをイメージさせるリアサイドカバーなどノスタルジックなビンテージスクーターフォルムに、ジョグで定評の6.3馬力エンジンを搭載してデビューした。

流行り廃りの多いファッション系スクーターといえたが、とうとう20年の歴史を積み上げてきた。やはりビンテージスクーターの定番デザインには強い力があるのだろう。それはともかく、歴史を刻み続けられたのは、2004年(3月発売)のフルモデルチェンジで、燃費向上と環境対応をはかった4ストロークエンジン搭載へと切り換えられたことも大きなポイントだ。それも原付スクーター初の3バルブヘッドとメッキシリンダーを備えた先進の4ストロークエンジンの採用だった。生産もこの頃から“定番”となりつつあった海外拠点(ヤマハモーター台湾)に移行されている。

その後は2008年モデル(2007年11月発売)でF.I.化が行われたのが一番大きな変更点で、それ以外はイヤーモデルとしてほぼ毎年細かい改良が続けられて今日に至っている。

2011年は、ベーシックモデルのビーノ XC50が新グラフィックの「Vino」立体エンブレムの採用と、インナー色に淡いベージュ系を取り入れカジュアル&ポップ感を演出。デラックスバージョンのXC50Dでは、ヘッドライトカバーが従来のクロームメッキ処理から車体と同色の塗装仕様となった。2012年モデル(4月20日発売)は、XC50がカラー設定の変更と新グラフィックエンブレムの採用、デラックス仕様のXC50Dがニューカラー3色の採用により、継続色の2色と合わせ5色展開になった。

2013年3月には、標準モデルのビーノXC50にもデラックス仕様と共通デザインのVinoロゴグラフィックを採用、ビーノブランドを印象づける“ビトロエンブレム”も新たに追加した。ビーノXC50Dの方は5色中4色をニューカラーとし、ボディサイドにグラフィックを追加したカラータイプもラインナップした。2014年2月には、新色の追加とカラー設定の変更で2014年モデルへ。また、2014年7月には、1,300台の限定でスペシャルカラーを施した“トロピカルな夏”モデルも発売した。

2015年2月には、女性をメインのターゲットとしていることは従来通りで変わりはないが(ちなみにデザインも女性チームが担当しているという)、「女の子らしいスタイルを好む女性に向けて“Vino Girl”、ボーイッシュでアクティブな女性に向けて“Vino Boy”という2つのスタイルを設定しました」。特に“Vino Girl”の新色「マットダークグレーメタリック1」では、ビーノ初のマットカラーをベージュ系ボディと調和させ、ホイール、ウインカーボディ等もベージュとしたモデルだった。

2015年10月には、ビーノシリーズ全体が、ヤマハの定番原付スクーター、ジョグと同様のエンジン面の改良が行われている。排気系の見直しによりエンジンの出力を3.1kWから3.3kWに、トルクも3.9N・mから4.2N・mに向上させた。また、新型ECUの採用とO2フィードバック制御を追加し、FIシステムの変更などにより、燃費性能も30km/hの定地燃費で66.0km/Lから68.3km/L(この数値のみジョグの69.7km/Lと異なっている)へアップ、WMTCモード値でも50.1km/Lから56.5km/Lへと向上を図っている。フロントバスケットを採用して2009年4月にシリーズに加わったビーノ モルフェも同様にエンジン面の改良が行われている。

このビーノシリーズのマイナーチェンジに合わせて、チョコレートをイメージさせる特別なカラーリングが採用された「Sweet Style」も発売されている。「女の子のハッピーがたくさん詰まったチョコレート」をテーマにブロンズとレッドのツートンカラーのボディをベースに、チェック柄をモチーフとしたグラフィックでアクセントを付けている。フロントにはゴールドの音叉エンブレムを採用していた。2016年7月には引き続き「Navy Style」も発売された。国内限定1,000台で「アクティブな女性のちょっとしたお出かけにピッタリなモデル」をイメージしたモデルだった。

2017年2月にもビーノ XC50Dのカラーリング設定およびグラフィックが変更され2017年モデルとなったばかりだったが、ジョグシリーズ同様、9月には平成28年度国内排出ガス規制対応シリーズとして新たに発売されることになった。

今回は、その平成28年度国内排出ガス規制対応ビーノに新色「ペールシアンパール2」(パールシアン)の新色が追加設定された。“レトロイメージをより感じさせるカラー&グラフィック”とされている。

20180210_Vino_Deluxe_XC50D_03.jpg

ビーノ XC50D。新色は「ペールシアンパール2」(パールシアン)。

20180210_Vino_Deluxe_XC50D_02.jpg

ビーノ XC50D。継続色と合わせて6色のバリエーションに。

 

★YAMAHA ニュースリリースより (2018年1月26日)

シアンカラーとメッキパーツの組み合わせがレトロな印象を強調
原付一種スクーター「ビーノ XC50D」 新色を発売

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「ビーノ XC50D」に新色を設定し、2018年2月10日より発売します。

今回新色の「ペールシアンパール2(パールシアン)」は、“レトロイメージ”をより感じさせるカラー&グラフィックとしました。優しいシアンカラーとホワイトカラーをバランス良く配色し、ヘッドランプカバー/ミラー/メーターの一部などにレトロなイメージを強調するメッキパーツを採用、シート背面にもボディカラーとコーディネートしたシアンカラーを配色するなどレトロな印象を強調しています。なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。
 

<名称>
「ビーノ XC50D」
 
<メーカー希望小売価格>
209,520円(本体価格 194,000円/消費税15,520円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれません。
 
<カラー>
・ペールシアンパール2(ニューカラー/パールシアン)
・ライトイエローイッシュグレーソリッド4(ベージュ)
・マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン)
・ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)
・ダークグレーイッシュブルーメタリックA(ブルー/ベージュ)
・ホワイトメタリック1(ホワイト/ブラック)
 
<発売日>
2018年2月10日
 
<販売計画>
15,000台(年間、国内)

 

★主要諸元

車名型式 2BH-SA59J
ビーノ XC50D
発売日 2018年2月10日
全長×全幅×全高(m) 1.675×0.645×1.005
軸距(m) 1.160
最低地上高(m) 0.095
シート高(m) 0.715
車両重量(kg) 80
乾燥重量(kg)
乗車定員(人) 1
燃費消費率(km/L)※1 68.3(国交省届出値 定地燃費値※2 30km/h 1名乗車時)
52.2(WMTCモード値 クラス1 1名乗車時※3)
登坂能力(tanθ)
最小回転半径(m)
エンジン型式 A332E
水冷4ストローク単気筒SOHC3バルブ
総排気量(cm3) 49
内径×行程(mm) 38.0×43.5
圧縮比 12.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 3.2[4.3]/8,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 4.1[0.42]/6,500
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ・キック併用式
点火方式 T.C.I.式(フルトランジスタ)
潤滑油方式 ウェットサンプ
潤滑油容量(L) 0.8
燃料タンク容量(L) 4.5
クラッチ形式 乾式遠心シュー
変速機形式 Vベルト式無段変速
変速比 2.731~0.844
一次/二次減速比 1.000/13.228
キャスター(度) 24°05′
トレール(mm) 70
タイヤサイズ 90/90-10 41J(チューブレス)
90/90-10 41J(チューブレス)
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング
フレーム形式 バックボーン

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

https://plasticsurgery.com.ua

read here best-cooler.reviews

atrox.com.ua/