Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
MTシリーズのエントリーネイキッド、MT-03、MT-25が2018年モデルに | WEB Mr.Bike- psp-traumland.info

2017年12月28日

MTシリーズのエントリーネイキッド、MT-03、MT-25が2018年モデルに

MT-03/MT-25 567,000円/534,600円(3月5日発売)

多くのヤマハファン待望のニューモデルとしてYZF-R25が国内発売開始されたのは2014年12月。新設計のダイヤモンドタイプフレームに搭載されたのは、249ccの排気量を持つ水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブエンジンで、最高出力27kW(36PS)/12,000rpmと、最大トルク23N・m(2.3kgf-m)/10,000rpmを発揮していた。

足回りでも600ccクラスに匹敵するφ41mmのインナーチューブ径を持つ剛性の高いフロントサスに、リアにはモノクロサスを組み合わせ、過剰なクオリティとしてではなく、必要にして十分な路面追従性と乗り心地を両立させるための採用だと説明されていた。

なによりも、YZF-Rシリーズ一族の血統を色濃く感じさせるスタイリングが秀逸で、“マスフォワードシルエット”を構成する、逆スラントの2眼ヘッドランプや切れ上がったテールなど、YZF-RシリーズのDNAを持って開発されたニューモデルだった。

また2015年4月には、このYZF-R25シリーズのグローバルモデルとして開発されていたYZF-R3 ABSが国内でも発売されることになった。車体は、YZF-R25とほぼ同一で、エンジンの基本構成も変わらず。YZF-R25のエンジンのボア66.0mmに対して68.0mmへ拡大し(ストロークは44.1mmと変わらず)、余裕のパワーを生み出す排気量320ccとされていた。最高出力は31kW(42PS)/10,750rpm、最大トルクは30N・m(3.0kgf・m)/9,000rpmへとそれぞれアップ。その他のメカニズム面での変更は、6速ミッションの各ギア比を再設定したこと、足回り面でもタイヤサイズは同一としながら、対応スピードレンジを「S」からミシュラン製の「H」レンジタイヤへとアップグレードした程度。またYZF-R3では、ABSを標準装備するモデルのみのラインナップとなっていた。

2015年10月10日、このYZF-R25、YZF-R3をベースに「大都会のチーター」をコンセプトに開発したというネイキッド・バージョンが発売される。車名はMT-03にMT-25、とやや変則的となったがそれはともかく、水冷直列2気筒、DOHC4バルブ、F.I.エンジンは、YZF-Rシリーズと同一の最高出力と最大トルクを発揮。搭載する軽量ダイヤモンドフレームや足回りも基本は共通。最大の特長といえるネイキッド・スタイルの車体デザインは、14リットル入りの燃料タンクのサイドに設けられた樹脂製カバーやラジエターシュラウド、そして個性的なチーターの目をイメージさせるLEDポジションランプが採用されたヘッドライト周りなどにより、個性的ながらもスッキリとしたスポーツモデルにまとめられていた。

2016年12月15日には、このMT-03とMT-25はともに新色を得て2017年モデルとなったが、今回も同様にカラー&グラフィックの変更で2018年モデルとして登場した。ブラックを基調に“ヤマハスポーツスピリット”のブルーを配色したモデル、グレーをベースにホイールやグラフィックにイエローのアクセントが加えられたモデル、夜間に光を反射する新グラフィックを採用したマットとグロスのブラックボディ、の3タイプがラインアップされた。

20180305_MT-03_DPBMC_3.jpg

MT-03。「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)。

20180305_MT-03_MNM3_1.jpg

MT-03。「マットグレーメタリック3」(マットグレー)。

20180305_MT-03_MBL2_4.jpg

MT-03。「マットブラック2」(マットブラック)。

20180305_MT-25_DPBMC_3.jpg

MT-25。「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)。

20180305_MT-25_MNM3_1.jpg

MT-25。「マットグレーメタリック3」(マットグレー)。

20180305_MT-25_MBL2_4.jpg

MT-25。「マットブラック2」(マットブラック)。

★YAMAHA プレスリリースより (2017年12月28日)

ハイエンドモデルとのリレーションを強調したニューカラー&グラフィックを採用
ロードスポーツ「MT-03」「MT-25」2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒320cm3エンジンを搭載する「MT-03」および、水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「MT-25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2018年モデルとして2018年3月5日より発売します。

「MT-03」「MT-25」は、“MT シリーズ”のエントリーモデルとして開発し、シリーズ共通のシャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りで人気のモデルです。2018年モデルはそれぞれ3色設定で、“MT シリーズ”ハイエンドモデルとのリレーションをより強調したグラフィックとしました。ブラックを基調にヤマハスポーツスピリットを表現するブルーを配色し、スポーティイメージを強調した「ディープパープリッシュブルーメタリックC」、ホイールやグラフィックにイエローのアクセントカラーを加え、軽快感を表現した「マットグレーメタリック3」、マットとグロスのコンビネーションに加え、夜間に光を反射する新グラフィックを施し、シンプルながらも質感を感じる「マットブラック2」の3色です。製造は当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行います。
 

<名称>
「MT-03」
<発売日>
2018年3月5日
<メーカー希望小売価格>
567,000円(本体価格525,000円/消費税42,000円)
<カラーリング>
・ディープパープリッシュブルーメタリックC(ニューカラー/ブルー)
・マットグレーメタリック3(ニューカラー/、マットグレー)
・マットブラック2(ニューカラー/マットブラック)
 
<名称>
「MT-25」
<発売日>
2018年3月5日
<メーカー希望小売価格>
534,600円(本体価格495,000円/消費税39,600円)
<カラーリング>
・ディープパープリッシュブルーメタリックC(ニューカラー/ブルー)
・マットグレーメタリック3(ニューカラー/、マットグレー)
・マットブラック2(ニューカラー/マットブラック)
 
<販売計画>
MT-03 700台(年間、国内)
MT-25 1,800台(年間、国内)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(消費税)、登録に伴う諸費用は含まれません。

 

★主要諸元

車名型式 2BL-RH13J〈2BK-RG43J〉
MT-03〈MT-25〉
発売日 2018年3月5日
全長×全幅×全高(m) 2.090×0.745×1.035
軸距(m) 1.380
最低地上高(m) 0.160
シート高(m) 0.780
車両重量(kg) 166
乾燥重量(kg)
乗車定員(人) 2
燃費消費率(km/L)※1 41.3〈37.7〉(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)※2
27.6〈27.2〉(WMTCモード値 クラス3、サブクラス3-2 1名乗車時)※3
登坂能力(tanθ)
最小回転半径(m)
エンジン型式 H405E〈G402E〉
水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブ
総排気量(cm3) 320〈249〉
内径×行程(mm) 68.0〈60.0〉×44.1
圧縮比 11.2〈11.6〉
最高出力(kW[PS]/rpm) 31[42]/10,750〈26kW[35PS]/12,000〉
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 29[3.0]/9,000〈23[2.3]/10,000〉
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 T.C.I.(トランジスタ式)
潤滑油方式 ウェットサンプ
潤滑油容量(L) 2.4
燃料タンク容量(L) 14
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.500〈2.666〉
2速 1.823〈1.882〉
3速 1.347〈1.454〉
4速 1.086〈1.200〉
5速 0.920〈1.037〉
6速 0.800〈0.920〉
変速比 3.043/3.071
キャスター(度) 25°00′
トレール(mm) 95
タイヤサイズ 110/70-17M/C 54H〈54S〉
140/70-17M/C 66H〈66S〉
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム
フレーム形式 ダイヤモンド

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
 ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
 ※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。

https://aboutviagra.info

www.eurobud.com.ua

http://xn--e1agzba9f.com