2017年12月5日

TRICITY125が“BLUE CORE”エンジンや新設計フレームなどを採用してモデルチェンジ

TRICITY125/125 ABS 394,200円/432,000円(1月20日発売)

2013年の東京モーターショーでジャパンプレミアされ、大きな関心を集めた125ccオートマチックコミューター「トリシティ MW125」。翌2014年4月からは、実際にタイ市場で市販が開始され「ショーのためのコンセプトモデルではなかったのか!」と驚かれた方も多かったのでは。そのトリシティ MW125の国内での発売開始がアナウンスされたのは7月1日。常に新しい波を発信している街、東京は秋葉原で行われた発表会場でだった。

実際の発売開始日時は、9月10日からで、その時点での販売価格は356,400円。本体価格で33万円のプライスは、話題性、メカニズム、そして所有する満足度などからすると、かなりのお買い得なプライス設定だった。

トリシティ MW125の最大の特徴といえるヤマハ独自の「LMW」(Leaning Multi Wheel)メカニズムは、旋回時にフロント二輪を車体と同調させて傾斜(Leaning)させるもので、軽快でスポーティなバイクのハンドリングに、「より安心感を与える」メカニズムと説明されていた。フロントのロアーフォークブリッジ近くに配置されたハンガー状のアームがリーン機能を実現する2本の“パラレログラムリンク”と呼ばれるもの。そして左右のフロントホイールは、それぞれ片持ち式のテレスコピックサスで独立して懸架される(フォークは片側2本ずつの計4本)。これらのメカニズムにより、リーンを実現する機能と、サスペンションの機能をそれぞれ独立させ、スムーズな動作と現実的なバンク角、ハンドル切れ角を確保している。

2015年4月には、ABSを標準装備したタイプを追加ラインアップ。2015年12月には、発売から1年経過ということで気分一新、“エレガント&スマート”をキーワードとした「マットブルーメタリック3(マットブルー)」の新色を追加している。

また2016年3月には、TRICITY125/TRICITY125 ABSに、新たにトップケースとナックルバイザー等を標準装着し実用性と利便性を高めたTRICITY125“快適セレクション”をリリース。LMW(Leaning Multi Wheel)の更なる普及を目指してユーザーの実用性と利便性を高めた新たな選択肢を追加した、とされていた。

今回は、可変バルブ機構(VVA)を採用した124cm3“BLUE CORE”エンジンの搭載をはじめ、足元スペースを拡張した新型フレーム、足付き性を改善したシート、そして安全性の向上と高級感を備えたLEDヘッドライトの採用などにより2018年モデルとして登場した。

20180120_TRICITY125_WM6_3.jpg

TRICITY125。「ホワイトメタリック6(ホワイト)」。

20180120_TRICITY125_MNM3_1.jpg

TRICITY125。「マットグレーメタリック3(マットグレー)」。

20180120_TRICITY125ABS_WM6_2.jpg

TRICITY125 ABS。「ホワイトメタリック6(ホワイト)」。

20180120_TRICITY125ABS_LCM4_4.jpg

TRICITY125 ABS。「ライトシアンメタリック4(シアン)」。


 

★ヤマハ発動機販売 ニュースリリースより (2017年12月5日)

“BLUE CORE”エンジン搭載などさらに進化した フロント二輪オートマチックコミューター
「TRICITY125/ABS」2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)125」およびABS装備の「TRICITY125 ABS」について、新たに水冷4ストローク・124cm3“BLUE CORE※2”エンジンを搭載、LEDヘッドランプを採用するなど装備の充実を図った2018年モデルを2018年1月20日から発売します。

2014年から販売を開始した「TRICITY125」および2015年から販売を開始した「TRICITY125 ABS」は、フロント二輪により、高い安定感を実現できる当社LMW※3モデル第一弾として支持されています。2018年モデルの主な特徴は、1)高燃焼効率に貢献するVVA(可変バルブ機構)搭載の124cm3“BLUE CORE”エンジン、2)乗り心地、足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンション、3)足付きを考慮したシート高765mmのメインシート、4)高級感のあるLEDヘッドランプなどを採用しました。生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行います。

※1:車両区分は『第二種原動機付自転車(原付二種)』、運転には『小型限定普通二輪車(AT含む)免許』以上が必要です。
 ※2:ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「TRICITY125/ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。
 ※3:LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称。商標登録第5646157号。

<名称>
「TRICITY125 ABS」 432,000円(本体価格400,000円、消費税32,000円)
・ホワイトメタリック6(ホワイト)
・ライトシアンメタリック4(シアン)
「TRICITY125」 394,200円(本体価格365,000円、消費税29,200円)
・ホワイトメタリック6(ホワイト)
・マットグレーメタリック3(マットグレー)
 
<発売日>
2018年1月20日
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
 
<販売計画>
1,500台(シリーズ合計/年間、国内)
 
《主な変更点》
1)高燃焼効率に貢献するVVA(可変バルブ機構)搭載の124cm3“BLUE CORE”エンジン
“BLUE CORE”思想に基づき、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして開発したエンジンを搭載しました。吸気排気バルブを4バルブ化するとともに、VVA機構を織り込み優れた燃焼効率を実現しています。VVAは、吸気バルブの作動を低中速側と高速側で切り替えるもので、トルク特性と燃費に貢献し、高速域で心地よい加速感ももたらします。FIセッティングとの相乗効果で“走りの楽しさ”を支えます。
 この新エンジンでは、小型ラジエターとクーリングファンをエンジン右側に、ウォーターポンプは左側に配しボディをコンパクト化、冷却性と広いフットスペースを両立させました。水温に応じた冷却水循環を行う“バイパス式サーモスタット”方式のラジエターは、暖機時間も短く燃
費向上に貢献。オフセットシリンダー、ローラーロッカーアーム、小型ACMなど随所にロス低減を図り、良好な燃費の実現に貢献しています。
 
2)乗り心地、足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンション
新エンジンとのマッチングを図った新設計フレームを採用しました。高速域でも十分な強度と剛性のバランスを確保、足元スペースも広くなりました。リアサスペンションは、ツインチューブ式のショックアブソーバを新たに採用し良好な乗り心地をもたらします。またリアにはグリップ性に優れた130㎜幅タイヤを新たに採用しました。
 
3)足付きを考慮したシート高765mmのメインシート
足付きを考慮した新シートを採用しました。滑り難い表皮と良好なホールド性をもつ形状で、ゆったりした足元スペースと相まって優れた居住感とポジションの自由度に貢献しています。(現行比で15㎜ダウンのシート高)
 
4)高級感のあるLED ヘッドランプ
ロービーム3灯、ハイビーム2灯構成のLEDヘッドランプを採用し、現行から継続のLEDポジションランプとの相乗効果により高級感あるフロントマスクを演出します。
 
5)その他の新たな特徴
フロントパネル内側には12V・DC電源ジャック付き小物入れを設け利便性を向上、シート下トランクは大容量約23.5LでLED照明も装備、見易いECOランプ装備液晶メーターの採用、ヘルメットホルダー(2個)を採用し利便性を向上、踵部分の自由度が高い広いフラットフットボード、リア周りの一体感を印象づける新デザインのグラブバー/タンデムフットレスト、ニューカラー&グラフィックの採用。
 
《従来からの特徴》
1)ヤマハ独自のLMW機構
旋回時にフロント二輪が車体と同調してリーンするヤマハ独自のLMW機構は、軽快でスポーティなハンドリングと安定感を備える“新しい楽しさ”を実現しています。LMW機構は「パラレログラムリンク」と「片持ちテレスコピックサスペンション」から成り、リーン機能とサスペンション機能を独立させることで、余裕のバンク角とハンドル切れ角を確保しています。
 
2)フロント二輪の特徴を活かした個性的デザイン
“SMART FOR ALL”をデザインコンセプトに“エレガント”で“モダン”なスタイルを採用しています。流麗なボディライン、フロントニ輪を強調したフェンダーまわり、ライダーを包み込むようなインナーパネルなどが特徴となっています。
 
「TRICITY125/ABS」フィーチャー
★“BLUE CORE”エンジン
★4バルブの水冷124cm3・VVA搭載
★高効率燃焼FIセッティング
★130/70-13チューブレスタイヤ
★ツインチューブ式ショックアブソーバ採用リアサスペンション
★新デザイングラブバー
★ヘルメットホルダー(2個)
★約23.5L容量シート下収納
★765mmローシート
★ゆったりとしたフラットフットボード
★ECOランプ装備液晶メーター
★LEDヘッドランプ・LEDポジションランプ
★蓋付きの小物入れ(DC電源ジャック)
・パラレログラムリンク
・片持ちテレスコピックサスペンション
・前後ディスクブレーキ
・90/80-14チューブレスタイヤ
 
★印:2018年モデルの新フィーチャー

 
 

★主要諸元

車名型式 2BJ-SEC1J
TRICITY125〈TRICITY125 ABS〉
発売日 2018年1月20日
全長×全幅×全高(m) 1.980×0.750×1.210
軸距(m) 1.350
最低地上高(m) 0.165
シート高(m) 0.765
車両重量(kg) 159〈164〉
乗車定員(人) 2
燃費消費率(km/L)※1 46.2(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)※2
43.6(WMTCモード値 クラス1 1名乗車時)※3
最小回転半径(m)
エンジン型式 E3V7E
水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 52.0×58.7
圧縮比 11.2
最高出力(kW[PS]/rpm) 9.0[12]/7.500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 12[1.2]/7,250
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ式
点火方式 T.C.I.(トランジスタ式)式
潤滑油方式 ウェットサンプ
潤滑油容量(L) 1.00
燃料タンク容量(L) 7.2
クラッチ形式
変速機形式 Vベルト式無段変速/オートマチック
変速比 2.346~0.737(無段変速)
減速比1次/2次 1.000/10.208
キャスター(度) 20°00′
トレール(mm) 67
タイヤサイズ 90/80-14M/C 43P
130/70-13M/C 57P
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング
フレーム形式 アンダーボーン

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
 ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
 ※3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。
 ■〈 〉内はTRICITY125 ABSのデータ。

читать дальше shopvashtextil.com.ua

avrora-trans.com/services/ukraine

также читайте jaamboo.com.ua