2017年10月10日

週末は日本グランプリ、ライダーの皆さんはもちろん優勝しか狙っていません!

 

 ロードレースの世界最高峰・MotoGPFIM ロードレース世界選手権シリーズ)の2017年シーズンもいよいよ終盤。毎年恒例となっているアジア・オセアニア3連戦最初の戦いとなる日本グランプリの決勝レースが1015日(日)、栃木県のツインリンクもてぎで行われる。その開催に先駆け、本田技研・本社ビルのウエルカムプラザ青山で「2017 MotoGP 日本グランプリ ファンミーティング」がMotoGPやホンダのファンを招いて催された。

 会場には現在MotoGPクラス・ランキングトップのマルク・マルケス、同4位ダニ・ペドロサのレプソル・ホンダ・チームのコンビ、そして2018年シーズンよりLCR HondaよりMotoGPクラスを戦うイデミツ・ホンダ・チーム・アジアの中上貴晶の3選手が駆けつけ、週末のレースに対する意気込みなどを語るトークショー、そしてファンへの抽選プレゼントなどが行われた。

 マルケス3回、ペドロサは5回優勝しているというツインリンクもてぎでの戦いを前に、両選手がコメントした共通の“走りの見どころ”は、観戦者から近いダウンヒルストレートとビクトリーコーナー。ペドロサに関してはその2か所の間にあるセカンドアンダーブリッジ(トンネル)もマシンのサウンドを楽しむことができるお気に入りポイントだとか。昨年はマルケスが日本グランプリでタイトルを決めたが、今年のMotoGPクラスは接戦によってその行方は不透明だけに、ランキング上位5選手の戦いぶりに注目だ。

 シーズン前は自身、もっと勝てると思っていただけにここまで望んでいる流れではないと語るMoto2クラスの中上。焦りが消えたというMotoGP昇格発表直後のイギリスGPでは優勝を飾っている。Moto2マシンで走る最後の地元コースだけに「もてぎは優勝しか狙っていない!」という意気込みも。

agroxy.com

biceps-ua.com/sportivnoe-pitanie.html

www.moto-sto.kiev.ua/remont-mopedov/