2017年9月25日

MBHCC A7 柳原三佳 ジャーナリストEye

第18回「ひき逃げ事件」

MBHCC A-7

第18回「ひき逃げ事件」

 Yahoo!ニュースに「ひき逃げ事件」についての記事を連続で書きました。
 バイクに乗っていると、幅寄せなどで非接触の転倒事故などもよく起こっています
よね。
 万一に備え、バイクの保険にも人身傷害保険をかけておくことをお勧めします。
 また、6年半前に山梨県甲斐市で発生した、未解決のひき逃げ死亡事故にも触れて
います。ひき逃げ(救護義務違反)の時効は7年!! 皆さん、ぜひご協力をお願い
いたします。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20170925-00076149/


「ひき逃げ事件の検挙率は52%! 悪質犯の半数が逃げている」

「ひき逃げ事件の半数は、犯人が検挙されていない」
皆さんはこの恐ろしい現実をご存知でしょうか?
死亡事故の場合は検挙率が高いのですが、傷害事故の場合、多くの被害者がひき逃
げされたまま泣き寝入りを強いられています。
私は取材実感から、ひき逃げの背景には多くの場合『飲酒』が絡んでいると思って
います。秋の全国交通安全週間、この問題について考察してみました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanagiharamika/20170923-00076069/


柳原三佳
(やなぎはらみか)

1963年京都市生まれ。交通事故、司法問題等を中心に執筆。「週刊朝日」「ミスター・バイク」などに連載した告発ルポは自賠責制度改定の大きな契機に。また、2004年からは死因究明問題の取材にも力を入れ、犯罪捜査の根幹に一石を投じた。主な著書に『遺品〜あなたを失った代わりに』(晶文社)、『これでいいのか自動車保険』(朝日新聞社)、『死因究明〜葬られた真実』(講談社)、『焼かれる前に語れ』(WAVE出版)、『交通事故被害者は二度泣かされる』(リベルタ出版)、『自動車保険の落とし穴』(朝日新聞出版)、『交通事故鑑定人』(角川書店)、「裁判官を信じるな」(宝島社)、東日本大震災での歯科医師の活躍をルポした『家族のもとへ、あなたを帰す』(WAVE出版)など多数。『巻子の言霊〜愛と命を紡いだある夫婦の物語』(講談社)は、NHKBSプレミアムでドキュメンタリードラマ化されている。


[第17回|第18回|]
[バックナンバー目次へ](※PC版に移動します)

adulttorrent.org/search/Mia Malkova

узнать больше apach.com.ua

В интеренете нашел полезный интернет-сайт , он описывает в статьях про проценты по вкладам www.zaraz.org.ua