2017年9月27日

添乗員ヨッティのバイクツアー裏レポート 

その30「チベット・聖山カイラス巡礼 ヒマラヤ横断ツーリングの巻」


標高3700m。富士山とほぼ同じ高さのラサから聖山カイラスを目指して、巡礼の旅が始まる。高山病、大規模道路工事、検問などさまざまな難関が我々を待ち受けていたが、ヒマラヤの白い峰はいつも我々を幸せな気持ちになるように導いてくれた。そう、これは神々の領域を走るツーリングなのだ。

 天上の国、チベットを走る。2017年の道祖神特別企画だ。「特別企画」と名がつくからには、チャレンジングなルートなのだ。普通に終わるはずがないことは容易に想像できる。それを裏付けるかのように、出発1カ月前になって「予定していたルートが大雨災害復旧工事中のため通行止め」との一報が入る。迂回路として、数100km南へ迂回するルートを通らなければいけないらしい。しかし、これは朗報でもあった。走行距離は確かに長くなるが、ヒマラヤに近づくことになり、運がよければ世界最高峰チョモランマも見ることができるかも? というルートだった。我々以上に、道祖神リピーターのコアなお客様は大喜び。たとえ工事が無事に復旧していてもぜひ迂回ルートで行きたい! との声多数。さすが道祖神のリピーター様もタダモノではない。

何はともあれポタラ宮へ

何はともあれポタラ宮へ。

 ところで。スタート地点のラサではポタラ宮の前にバイクを並べてカッコよく出発式の記念写真を撮れ! と社長命令が下っていたのだが、現在のチベットはそんなことをすれば逮捕されかねない。ラサの中心部、ポタラ宮やジョカン地区といったチベット人にとって聖地なエリアは残念ながら警察だらけで、とてもバイクを並べて写真なんて撮れない。けっこうピリピリした空気が漂っている。しかし、それはラサ市内だけの話。そんなわけで、我々のバイクツアーはラサ郊外までトラックでバイクを運んでからスタートすることになる。いったん田舎に出てしまえば、平和な空気なのである。

 果たして、災害復旧工事はまだ完了しておらず、予想通り南周りのヒマラヤ山麓コースを行くことになった。峠をいくつも超える。気が付けば標高は5,000mを突破している。ポンコツと評判の中国製バイクは、空気が地上の半分しかない高地でもグイグイとよく走る。
 
 そして、チョモランマのベースキャンプ近くの町に来た。目の前には夢にまで見た世界最高峰の姿がはっきりと見えた。森林限界を超えているので、周囲に木々は一切ない。草原地帯を羊の群れが歩き、そのまま稜線は万年雪を抱くヒマラヤへと続いている。ヨーロッパ・アルプスとは全く違う、ダイナミックな風景の中、175ccの非力なバイクでのんびりと走る。時間が止まっているようだった。やがて、我々の目の前に聖山カイラスが顔を見せてくれる。白く光るその姿は、確かに神様だった。誰もが言葉を失う。

ラサ中心部はチベット風の建物が並ぶ。

ラサ中心部はチベット風の建物が並ぶ。

ラサ郊外でバイクを降ろしてツーリング開始。

チベットでは3輪トラックが大活躍。

サグラダファミリアの中です。木漏れ日が7色に輝いているみたい

ラサ郊外でバイクを降ろしてツーリング開始。

涼とした風景が続く。

荒涼とした風景が続く。

チョモランマが見えました。

チョモランマが見えました。

ヒマラヤに沿って西へ向かう

ヒマラヤに沿って西へ向かう。

天上の世界。すでにここは神の領域か? 羊さん横断中。

天上の世界。すでにここは神の領域か? 羊さん横断中。

 旅は折り返してラサへ向かう。迂回ルートにすることで、もとの工程より数100km長くなってしまっている。1日の走行距離は軽く400kmを越える計算。175ccのビジネスバイクで400km走るのははっきり言ってキツイ。当初の計画ではカイラス山麓で連泊して休養日のはずだったのだが、少しでも1日の距離を少なくするため、連泊を止めてラサを目指して走ることにした。毎日の目的地は「行けるとこまで。」ホテルの予約なんてしない。日が暮れるころ、辿り着いた町で宿を探す。パッケージツアーとは思えないこのノリ、旅をしているんだなぁ、という気持ちにさせてくれる。実はこの他にもトラブルやハプニングはたくさんあった。ガソリンスタンドでガソリンを売ってくれない、検問で公安にイチャモンをつけられるなど、毎日のように日替わりメニューがてんてこ盛り。でも、試練があればあるほど燃えるぜ!という現地ガイドやスタッフのおかげで旅は大成功のうちに終わり、無事にラサに戻りました。

湖もときどき出現。

湖もときどき出現。

ダートロードもありました。

ダートロードもありました。

西へ向かうほどにバイクのデコレーションが派手になりました。

西へ向かうほどにバイクのデコレーションが派手になりました。。

ロードサイドのドライブイン。雰囲気満点。

ロードサイドのドライブイン。雰囲気満点。


 
天気予報の図。とても暑かった

標高5,000mオーバーの峠をいくつも越える。

VINO=ワイン。このガソリンスタンドはポンプからワインが出る?

あれが聖山カイラスです!

巡礼者たちはカイラス山麓の道を右回りに周回する。

巡礼者たちはカイラス山麓の道を右回りに周回する。

日が傾く頃、宿を探す。これぞ、旅だ。

日が傾く頃、宿を探す。これぞ、旅だ。

 デリケートな地域の旅は困難を極める。特にチベットは外国人が単独で旅をすることは今では不可能だ。こんな地域をオートバイで走ることに情熱を感じる現地スタッフに感謝。次回は雲南からチベットに向かうツアーもいいですなぁ、とスタッフたちと夢物語を交わしつつ、帰国の途につきました。

全日、天候に恵まれました。

全日、天候に恵まれました。



***今が旬のおすすめツアー***

22017年特別企画第3弾 
ホンジュラス、グアテマラ、エル・サルバドル、ニカラグア、コスタリカ
中米5カ国周遊グランドツーリング30日間

今が旬のおすすめバイクツアー

 マヤの古代遺跡、民俗色豊かな人々、熱帯雨林に山岳エリアと、変化に富んだ中米5カ国約4,500kmをバイクで駆け抜けます。豊かな自然と文化、色鮮やかな人々の暮らし、そしてラテンのリズムを感じる30日間です。

詳細はこちらから。


道祖神ホームページをリニューアルしました!
もちろんスマホにも対応!ぜひご覧ください!
お問い合わせは道祖神、バイクツアーデスクへお気軽にどうぞ。
E-mail: [email protected]
TEL:03-6431-8198

アフリカ、海外バイクツアーといえば

●東京本社
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
TEL 03-6431-8322
0120-184-922 (フリーダイヤル)

●バイクツアー専用ダイヤル
TEL 03-6431-8198
特にアフリカと海外バイクツアーに滅法強い、愛と誠意の旅行代理店。一般はもちろん、テレビロケや政府関係など業務方面の信頼もあつい。
高い人気と実績を誇るバイクツアーは、アメリカ大陸横断、アメリカ西部周遊、ヨーロッパ5カ国周遊などの定番コースを始めとして、ロシア、オーストラリア、中央アジア、アルゼンチン、アフリカ、タイ、台湾などオン、オフ共に多彩に設定されてる。一生に一度は行きたい海外ツーリングだが、一度行くと二度三度とリピート率はかなり高くなる道祖神バイクツアー副作用にも要注意!?
詳細はバイクツアー専用ホームページで。

[][第43回][]
[ゆきゆきて道祖神へ(※PC版に移動します)]
[へ(※PC版に移動します)]

https://showroom-kiev.com.ua

www.best-mining.com.ua

автоматический полив hunter