2017年6月12日

KIMCO K-XCT 125i試乗
『スタイリッシュアーバンスポーツ誕生 ショートホールベースのボディにハイパワーな水冷4バルブエンジンを搭載』

■試乗&文:高橋二朗 ■撮影:依田 麗
■協力:キムコジャパン 
    JAIA 日本自動車輸入組合 

 
 JAIAが開催している“輸入二輪車試乗会”。現在国内販売されている外車の最新モデルを一堂に集めて試乗しようという嬉しいイベント。で、その中から注目マシンをピックアップ試乗。今回はKIMCO K-XCT 125iだ。
 

『スタイリッシュアーバンスポーツ誕生!
ショートホールベースのボディにハイパワーな水冷4バルブエンジンを搭載。
300モデルは一般的な400ccスクーターを凌駕するパワーウエイトレシオによる圧倒的な走行性能が魅力です。』(キムコジャパンのWEBサイトより)
 
IMG_0668.jpg
 
IMG_0666.jpg
 

IMG_0677.jpg

ライダーの身長は173cm。

 いわゆる日本のビッグスクーターよりかは小さいが、125ccスクーターとしてはとても大柄。実際、300ccエンジンを搭載する兄貴分(コチラはクラスの中ではコンパクト)と外寸は共通だ。装備重量も170kgを超えるが、かといってアンダーパワーな印象はなく、水冷4ストロークの4バルブ・エンジンは加速に鋭さはないもののスロットルに忠実にエンジン回転を上げる。
 
IMG_0820.jpg
 
 そのクラスを超えた車格ゆえ、直進性や乗り心地なども落ち着いた印象で、感覚はビッグスクーターに近い。シートも大きく、その感触もキムコの他モデル同様に独特。ステップボード先端の形状によって足が伸ばせないのが残念。また、メーターデザインなどもやや新鮮味に欠ける印象。
 
(高橋二朗)
 

IMG_0807.jpg
 
IMG_0681.jpg
 
IMG_0683.jpg
 

IMG_0673.jpg

■キムコ K-XCT 125i
●全長×全幅×全高:2,120×785×1,280mm●ホイールベース:1,450mm●シート高:810 mm●装備重量:172.4 kg●エンジン:水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ・124.8cm3●最高出力:10.6kw(14.4PS)/9,000rpm ●最大トルク:12N-m(1.sss2kgf-m)/7,000rpm ●燃料供給方式:フューエルインジェクション●トランスミッション:CVT●始動方式:セル●燃料タンク容量:10L●ブレーキ:(F)油圧式ディスク(R)油圧式ディスク●タイヤサイズ:(F)120/70-14(R)150/70-13 ●価格:518,400円(税込)


| |

http://budmagazin.com.ua

eurobud.com.ua/bitumnaya-cherepitsa-shinglas-kadril/