2019年4月15日

アレックス・リンスがMotoGPで初、スズキGSX-RRは2年7か月ぶりの優勝

4月14日、アメリカ・テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されたロードレース世界選手権・第3戦アメリカズGP。最高峰MotoGPクラスは予選7番手からスタートしたTeam SUZUKI ECSTAR のアレックス・リンス(開幕前の彼のインタビューはコチラ、技術者へのインタビューはコチラ)が、Monster Energy Yamaha Moto のバレンティーノ・ロッシとのバトルを制し、自身にとってMotoGPクラスで初の優勝を飾った。スズキにとっては2016年9月、第12戦イギリスGP以来の勝利に。これでリンスはライダース・ランキング3位に浮上。開幕戦から好調のスズキ&GSX-RRだが、次戦スペインGP以降のヨーロッパラウンドでの戦いぶりも楽しみだ。

アレックス・リンスのコメント
「優勝できたなんて信じられない思いさ。嬉しすぎて言葉もないよ。朝のウォームアップでセッティングを変更してみたんだけど、フィーリングがあまり良くなかったから、決勝はいつものセッティングに戻したんだ。終盤のバレンティーノとのバトルはちょっと苦しかったし、プレッシャーもあったけど、とにかく最後まで集中を切らすことなく走り切った。チェッカーフラッグを受けた瞬間に喜びが一気に込み上げてきて、なんとも言えない思いだったよ。チームの皆、日本のスズキスタッフ、そして自分を支えてくれている全ての皆に心からお礼を言うよ。本当にありがとう」

●第3戦アメリカズGP 結果
1位:アレックス・リンス(Team SUZUKI ECSTAR)
2位:バレンティーノ・ロッシ(Monster Energy Yamaha Moto)
3位:ジャック・ミラー(Alma Pramac Racing)
4位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Mission Winnow Ducati)
5位:フランコ・モルビデリ(Petronas Yamaha SRT)
6位:ダニロ・ペトルッチ(Mission Winnow Ducati)

●ライダース・ランキング(第3戦終了時点)
1位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ 54ポイント
2位:バレンティーノ・ロッシ 51ポイント
3位:アレックス・リンス 49ポイント

распродажа велосипедов

agroxy.com/prodat/proso-136/sumskaya-obl

масло моторное