2019年2月7日

“MTシリーズのエントリーモデル”MT-03、MT-25が2019年カラーに

 MT-03/MT-25 567,000円/534,600円(3月1日発売)

多くのヤマハファン待望のニューモデルとしてYZF-R25が国内発売開始されたのは2014年12月。新設計のダイヤモンドタイプフレームに搭載されたのは、249ccの排気量を持つ水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブエンジンで、最高出力27kW(36PS)/12,000rpmと、最大トルク23N・m(2.3kgf-m)/10,000rpmを発揮していた。

足回りでも600ccクラスに匹敵するφ41mmのインナーチューブ径を持つ剛性の高いフロントサスに、リアにはモノクロサスを組み合わせ、過剰なクオリティとしてではなく、必要にして十分な路面追従性と乗り心地を両立させるための採用だと説明されていた。

なによりも、YZF-Rシリーズ一族の血統を色濃く感じさせるスタイリングが秀逸で、“マスフォワードシルエット”を構成する、逆スラントの2眼ヘッドランプや切れ上がったテールなど、YZF-RシリーズのDNAを持って開発されたニューモデルだった。

また2015年4月には、このYZF-R25シリーズのグローバルモデルとして開発されていたYZF-R3 ABSが国内でも発売されることになった。車体は、YZF-R25とほぼ同一で、エンジンの基本構成も変わらず。YZF-R25のエンジンのボア66.0mmに対して68.0mmへ拡大し(ストロークは44.1mmと変わらず)、余裕のパワーを生み出す排気量320ccとされていた。最高出力は31kW(42PS)/10,750rpm、最大トルクは30N・m(3.0kgf・m)/9,000rpmへとそれぞれアップ。その他のメカニズム面での変更は、6速ミッションの各ギア比を再設定したこと、足回り面でもタイヤサイズは同一としながら、対応スピードレンジを「S」からミシュラン製の「H」レンジタイヤへとアップグレードした程度。またYZF-R3では、ABSを標準装備するモデルのみのラインナップとなっていた。

2015年10月10日、このYZF-R25、YZF-R3をベースに「大都会のチーター」をコンセプトに開発したというネイキッド・バージョンが発売される。車名はMT-03にMT-25、とやや変則的となったがそれはともかく、水冷直列2気筒、DOHC4バルブ、F.I.エンジンは、YZF-Rシリーズと同一の最高出力と最大トルクを発揮。搭載する軽量ダイヤモンドフレームや足回りも基本は共通。最大の特長といえるネイキッド・スタイルの車体デザインは、14リットル入りの燃料タンクのサイドに設けられた樹脂製カバーやラジエターシュラウド、そして個性的なチーターの目をイメージさせるLEDポジションランプが採用されたヘッドライト周りなどにより、個性的ながらもスッキリとしたスポーツモデルにまとめられていた。

2016年12月15日には、このMT-03とMT-25はともに新色を得て2017年モデルとなったが、2018年3月にも同様にカラー&グラフィックの変更で2018年モデルとしている。ブラックを基調に“ヤマハスポーツスピリット”のブルーを配色したモデル、グレーをベースにホイールやグラフィックにイエローのアクセントが加えられたモデル、夜間に光を反射する新グラフィックを採用したマットとグロスのブラックボディ、の3タイプがラインアップされた。

今回もカラー&グラフィックの変更のみで2019年モデルとして発売される。MT-03、MT-25ともに2色の新色を含む、それぞれ共通の3色を設定。新色は「マットライトグレーメタリック 4」と「ディープパープリッシュブルーメタリック C」の2色。継続されるのは「マットブラック 2」だ。
 

_ph.jpg

MT-03。「マットライトグレーメタリック 4」(マットライトグレー/新色)

_ph.jpg

MT-03。「ディープパープリッシュブルーメタリック C」(ブルー/新色)。

_ph.jpg

MT-25。「マットライトグレーメタリック 4」(マットライトグレー/新色)

_ph.jpg

MT-25。「ディープパープリッシュブルーメタリック C」(ブルー/新色)。


 

★YAMAHA ニュースリリースより (2019年2月7日)

鮮やかな“バーミリオン”、スポーティな“ブルー”のカラーホイールを採用
「MT-03」「MT-25」2019年カラーを発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒320cm3エンジンを搭載する「MT-03」および、水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「MT-25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2019年カラーとして3月1日より発売します。

「MT-03」「MT-25」は、シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備えた“MTシリーズ”のエントリーモデルとして、若年層を中心に高い人気を得ています。

「MT-03」「MT-25」は2色の新色を含む、それぞれ共通の3色を設定。「マットライトグレーメタリック 4」は機能性を強調するマットライトグレーを採用しました。さらにアクセントとしてホイールとグラフィックに鮮やかなバーミリオン(朱色)を配し、アグレッシブさを強調しています。「ディープパープリッシュブルーメタリック C」はホイールやタンクカバーにブルーを配し、ブラックとの組み合わせによりスポーティでクールなスタイルを表現しています。また、従来カラー「マットブラック 2」のモデルは継続して販売します。

製造は当社のグループ会社PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行います。

<名称>
「MT-03」
 
<発売日>
2019年3月1日
 
<メーカー希望小売価格>
567,000円(本体価格525,000円/消費税42,000円)
 
<カラーリング>
・マットライトグレーメタリック 4(マットライトグレー/新色)
・ディープパープリッシュブルーメタリック C(ブルー/新色)
・マットブラック 2(マットブラック/継続色)
 
<名称>
「MT-25」
 
<発売日>
2019年3月1日
 
<メーカー希望小売価格>
534,600円(本体価格495,000円/消費税39,600円)
 
<カラーリング>
・マットライトグレーメタリック 4(マットライトグレー/新色)
・ディープパープリッシュブルーメタリック C(ブルー/新色)
・マットブラック 2(マットブラック/継続色)
 
<販売計画>
(シリーズ合計 年間、国内) 2,000台
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(消費税)、登録に伴う諸費用は含まれません。
best-cooler.reviews

farm-pump-ua.com

здесь chemtest.com.ua