2018年12月10日

スーパーチャージド・ニンジャ、Ninja H2サーキット仕様の2019年モデルを受注開始

Ninja H2R 5,940,000円(12月10日~受注)

川崎重工ガスタービン・機械カンパニー、航空宇宙カンパニー、そして川崎重工グループ全体を横断する技術開発本部が総力をあげて開発した“究極のロードスポーツ”Ninja H2シリーズ。

2013年の東京モーターショーのカワサキブースで、スーパーチャージャー付エンジンの単体モデルを展示。コンセプトを見せるための展示品の一つとして認知されたそれは、それほど話題を集める存在とはならなかった。が、実際には走行可能なマシンに搭載され着々と開発が進められていた。そして2014年の11月4日、カワサキはスーパーチャージド・エンジンを搭載した市販マシンを「Ninja H2」シリーズとして正式に発表した。

ちなみに公道仕様マシンが存在し、それが「Ninja H2」で、もう一つのクローズドコース専用モデル(サーキット仕様)がこちらの「Ninja H2R」というラインナップになっている。搭載された直列4気筒、998ccエンジンは、スーパーチャージャーを装着することを前提に開発された専用エンジンで、一般のノーマルアスピレーション・エンジンとは、様々な部分で特性が異なっている。そしてそのエンジンに組み合わされたスーパーチャージャーは川崎重工ガスタービン・機械カンパニー、航空宇宙カンパニー、そして技術開発本部との協働により設計された「全てを自社設計、開発とすることで、モーターサイクルのエンジン特性に合わせた高効率なスーパーチャージャー」が実現したという。

シリンダー背面にレイアウトされたスーパーチャージャーは、高回転化に有利な遠心式が採用されている。インペラの駆動に遊星ギアを採用することで出力損失の最小化と、機構のコンパクト化が図られ、通常のステップアップギアで1.15倍に加速された後、さらに遊星ギアで8倍に。エンジンが14,000rpm時には、実に130,000rpmへと増速されるという。インペラは、直径69mm、12枚のブレードを持ち、圧送能力は、200リットル/秒、吸気のスピードは秒速100m、その時の圧力は大気圧の2.4倍となるという。

2015年7月、サーキット仕様の「H2R」のみだがH2シリーズ初の国内発売がアナウンスされた。メーカー希望小売価格540万円というプライス設定での発売となった。

2015年11月には、2016年モデルの発売が発表されたが、国内向けは依然サーキット仕様のH2Rのみで、2015年11月1日から2016年2月15日までが受注期間とされ、受注後約2~3ヵ月で納車されるスケジュールだった。また本体価格で30万円の値上も行われている。

2016年11月発売の2017年モデルの発売も、国内向けへはサーキット仕様のみで、2016年11月15日から2017年1月15日までの受注期間を設定、受注後2~3ヵ月で納車と2015年と同様のシステムとなっている。

そして2019年モデルの今回も2018年12月10日から2019年1月18日が受注期間で、2019年6月以降に出荷されるスケジュールだ。

_ph.jpg

Ninja H2R。カラーは「ミラーコートマットスパークブラック」(GY3)と変わらず。

_ph.jpg

Ninja H2R。受注期間は2018年12月10日~2019年1月18日。


 

★KAWASAKI ニュースリリースより (2018年12月10日)

クローズドコース専用モデル Ninja H2R 特別販売のご案内
モデル情報
車名(通称名) Ninja H2R
マーケットコード ZX1000YKF
メーカー希望小売価格 5,940,000円
(本体価格5,500,000円、消費税440,000円)
※付属品としてタイヤウォーマー・レーシングスタンドを含む
カラー(カラーコード) ミラーコートマットスパークブラック(GY3)
受注期間 2018年12月10日~2019年1月18日
出荷時期 2019年6月以降
■Ninja H2Rは、特殊なクローズドコース専用モデルであり、メンテナンスやユーザーサービスに特別要素が必要となりますので、株式会社カワサキモータースジャパンが認定した「Ninja H2R 取扱指定店」のみのお取扱いとなります。取扱指定店は、カワサキモータースジャパン ホームページにて公開しています。
URL:
■受注生産のため、締切後の受注はできませんのでご注意ください。
■当モデルは公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。また、ナンバーを取得するために必要な一切の書類は発行いたしません。
■当モデルは保証(クレーム)の対象外商品です。
■車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。

 

★主要諸元

車名型式 ZX1000YKF
Ninja H2R
受注期間 2018年12月10日~2019年1月18日
全長×全幅×全高(m) 2.070×0.850×1.160
軸距(m) 1.450
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.830
車両重量(kg) 216
乾燥重量(kg)
乗車定員(人) 1
燃費消費率(km/L) -(国交省届出値 定地燃費値)
-(WMTCモード値)
登坂能力(tanθ)
最小回転小半径(m)
エンジン型式
水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量(cm3) 998
内径×行程(mm) 76.0×55.0
圧縮比 8.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 228[310]/14,000(ラムエア加圧時:240[326]/14,000)
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 165[16.8]/12,500
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション、遠心式スーパーチャージャー
始動方式 セルフ式
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑油方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量(L) 5.0
燃料タンク容量(L) 17
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.188
2速 2.526
3速 2.045
4速 1.727
5速 1.524
6速 1.348
減速比1次/2次 1.551/2.333
キャスター(度) 25.10°
トレール(mm) 108
タイヤサイズ 120/600 R17
190/650 R17
ブレーキ形式 φ330mm油圧式デュアルディスク
φ250mm油圧式シングルディスク
懸架方式 φ43mm倒立テレスコピック式
スイングアーム(ニューユニトラック)
フレーム形式 トレリス

※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

more information best-cooler.reviews

сумки купить

http://apach.com.ua