2018年11月19日

CB400SF/SBシリーズがタイプ設定とカラーバリエーションを変更

CB400 SUPER FOUR/SUPER BOL D’OR 868,320円~/1,021,680円~(11月26日発売)

1992年4月の発売以来、多少の変動はあっても常に400クラスの販売をリードするポジションを維持してきたベストセラー“ヨンヒャク”CB400 SUPER FOUR。1991年の第29回東京モーターショーで参考出品された“CB1000SUPER FOUR”の弟分として「新しい時代にふさわしいホンダのロードスポーツはどうあるべきか」を徹底的に追求する“PROJECT BIG-1”により開発されたモデルだった。

その後、1996年3月にはサイレンサーを独立させた集合マフラーなど、よりスポーティなイメージが盛り込まれた“バージョンS”を発売。1996年12月には外観のマイナーチェンジとブレーキを強化。1999年2月には「HYPER VTEC」エンジンを搭載してフルモデルチェンジ。2002年1月には「HYPER VTEC SPECII」エンジンに発展。2003年12月には「HYPER VTEC SPECIII」、2005年3月にはハーフカウルを装備するバリエーションモデルのCB400SUPER BOL D’ORを追加。2007年12月には、さらに「HYPER VTEC Revo」エンジンへと発展して今日に至っている。

現行モデルは、2012年1月に主要諸元、メカニズムには変更無しでカラーバリエーションのみを変更したものが継続販売されている。また、同時にCB400SUPER FOURとSUPER BOL D’ORシリーズに、受注期間限定で特別仕様が発売されている。ブラックをベースに金のグラフィックをあしらったモデルで、マイナーチェンジと同時に特別仕様を発売するのは、2011年2月の時と同じパターンだが、この時は受注期間限定ではなく、各500台と台数限定の販売だった。

2012年11月には、CB400/CB1000に始まる「プロジェクト BIG 1」の20周年を記念したスペシャル・エディションが発売されている。赤/白ボディをベースに、エンジンをシルバーに、ブラックホイールの採用、フロントブレーキディスクハブもブラックに、そして20周年を記念したオリジナル・ステッカーや立体ウイングエンブレムの採用などが行われた。一番最近では2014年3月に、約7年ぶりとなるボディ周りのデザイン変更が行われた。新デザインのサイドカバー、リアカウルなど採用し、スタイリッシュな外観に磨きをかけたことと、CB400 SUPER BOL D’ORでは、新たにLEDのヘッドライトを採用した新形状のフロントカウルが装着され、さらに精悍なスタイリングとなった。

2015年2月には、専用のパールコスミックブルーの車体色、前後アルミキャストホイールとシリンダーヘッドカバーにブロンズゴールドカラーを採用するなど、上質感を高めた特別カラー・バージョンが登場。2016年3月にはツートーンカラーの新色として「チタニウムブレードメタリック」を追加して発売している。

今年6月には、「艶やかで上質感のあるキャンディークロモスフィアレッドを主体色に燃料タンクやサイドカバー、リアシートカウルなどに、爽やかなパールサンビームホワイトと精悍なブラックのラインを配した」新色が発売されていた。

今回のモデルチェンジは、SUPER FOUR、SUPER BOL D’ORともにABSが標準装備され、SUPER BOL D’ORではさらにスポーツグリップヒーターやETC2.0車載器も標準装備となった。カラーリングもブルーの主体色にレッドのストライプを配した「アトモスフィアブルーメタリック」、そして重厚感のある「ダークネスブラックメタリック」2色の新色と、継続色「キャンディクロモスフィアレッド」の2色の設定としている。
 

_ph.jpg

CB400 S BOL D’OR。新色「アトモスフィアブルーメタリック」。

_ph.jpg

CB400 SUPER BOL D’OR。新色「ダークネスブラックメタリック」。

_ph.jpg

CB400 SUPER FOUR。新色「アトモスフィアブルーメタリック」。

_ph.jpg

CB400 SUPER FOUR。新色「ダークネスブラックメタリック」。


 

★HONDA ニュースリリースより (2018年11月19日)

「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D’OR」のタイプ設定と
カラーバリエーションを変更して発売

Hondaは、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列4気筒エンジンを搭載したロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」にABS※1を標準装備。防風効果の高いハーフカウルを装着した「CB400 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール)」には、ABSやスポーツグリップヒーター、ETC2.0車載器※2を標準装備しました。CB400シリーズは、装備の見直しを図り従来の4タイプから2タイプの設定としています。また、両モデルのカラーバリエーションを変更して、Honda Dreamより11月26日(月)に発売します。

今回、CB400 SUPER FOURとCB400 SUPER BOL D’ORのカラーバリエーションに、躍動感
あるホワイトとブルーを主体色にレッドのストライプを採用したアトモスフィアブルーメタリックと、重厚感のあるダークネスブラックメタリックを新たに設定。従来のキャンディークロモスフィアレッドと合せてそれぞれ3色設定としています。また、CB400 SUPER BOL D’ORに標準装備されるETC2.0車載器は、今後もさまざまな情報提供などが予定されています。

CB400 SUPER FOURとCB400 SUPER BOL D’ORは400ccクラスのロングセラーロードスポーツモデルとして、熟成と進化を続け、初めてスポーツバイクに乗るエントリーユーザーからベテランユーザーまで、幅広い年代の方に好評をいただいているモデルです。

※1 ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABS非装着車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます
※2 ETC2.0を使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETC カードが必要となります
 

●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計 2,400台
 
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CB400 SUPER FOUR
 ダークネスブラックメタリック 868,320円(804,000 円)
 キャンディークロモスフィアレッド、アトモスフィアブルーメタリック
911,520円(844,000円)
CB400 SUPER BOL D’OR
 ダークネスブラックメタリック 1,021,680円(946,000円)
 キャンディークロモスフィアレッド、アトモスフィアブルーメタリック
1,064,880円(986,000円)
 
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません
 

★主要諸元

車名型式 EBL-NC42
CB400 SUPER FOUR〈CB400 SUPER BOL D’OR〉
発売日 2018年11月26日
全長×全幅×全高(m) 2.080×0.745×1.080〈2.080×0.745×1.160〉
軸距(m) 1.410
最低地上高(m)★ 0.130
シート高(m)★ 0.755
車両重量(kg) 201〈206〉
乾燥重量(kg)
乗車定員(人) 2
燃費消費率(km/L)※3 31.0(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時※4)
21.2(WMTCモード値 クラス3-2 1名乗車時※5)★
登坂能力(tanθ)
最小回転小半径(m) 2.6
エンジン型式 NC42E
水冷4ストローク直列4気筒DOHC4バルブ
総排気量(cm3) 399
内径×行程(mm) 55.0×42.0
圧縮比★ 11.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 41[56]/11,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 39[4.0]/9,500
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射装置[PGM-FI]
始動方式★ セルフ式
点火方式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑油方式★ 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
燃料タンク容量(L) 18
クラッチ形式★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.307
2速 2.294
3速 1.750
4速 1.421
5速 1.240
6速 1.130
減速比1次★/2次 2.171/2.933
キャスター(度)★ 25°5′
トレール(mm)★ 90
タイヤサイズ 120/60ZR17 M/C 55W
160/60ZR17 M/C 69W
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

※〈 〉の数値はCB400 SUPER BOL D’OR。
 ■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
 ■製造事業者/本田技研工業株式会社
 ※3 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
 ※4 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
 ※5 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

www.best-cooler.reviews

www.best-cooler.reviews

best-cooler.reviews