2018年10月4日

ADIVAが日本初公開の「VX-1」「VX-2」を含むEV4台を 京都スマートシティエキスポに出展

 ADIVAは、10月4日~5日に開催された京都スマートシティエキスポにて、日本初公開の2輪EV「VX-1」「VX-2」および、3輪EV「AD-Cargo」「AD1-E」の計4台を出展した。

_ph.jpg

ADIVA VX-1。2018年10月受注開始。

「VX-1」は、軽二輪クラスの2輪EVでスポーティな走りを実現したパーソナルユースの2輪モデル。防風性能に優れた大型フロントスクリーンや、タンデムでも快適なゆったりとしたライディングポジションにより、高速道路を利用した長距離ツーリングも快適にこなしてくれる。
 パワーユニットには、リアホイールに直結した独自のインホイールモーターを採用。100㎞/hまで到達するのに要する時間はわずか6秒と、同クラスのガソリンエンジンスクーターをしのぐ優れた加速性能を持つという。
 充電システムでは、家庭用コンセントや「SAE J1772」での交流充電に加え、4輪EVで使用されている「CHAdeMO」での直流充電にも対応。大容量リチウム電池の搭載により、最長270kmの航続可能距離を達成しているとされる。発表では、2018年10月に受注を開始。

_ph.jpg

ADIVA VX-2。2018年10月受注開始。

「VX-2」は、0.6kW(原付一種、50㏄未満クラス)と1kW(原付二種、125㏄未満クラス)の2仕様を持つ小型のビジネスユースモデル。こちらもインホイールモーターを採用することでパワーユニットのコンパクト化を実現。リアボックスに加え、フロントにも大型のストレージを備えるなど、サイズを超えた積載能力を保有している。
 バッテリーは、車両から取り外して屋内の100Vコンセントで充電。長距離走行に備えて予備バッテリーを積載するスペースも確保。航続可能距離は、0.6kWモデルが88㎞、最高速は45㎞/h、1kWモデルは航続距離100㎞、最高速75km/hとなっている。

_ph.jpg

ADIVA AD-Cargo。2019年3月発売予定。

「AD-Cargo」は軽二輪クラスの荷物運搬用ビジネスユース3輪モデル。日本郵政に納入されたことでおなじみの3輪EV「カーゴ3」のフルモデルチェンジモデルだ。航続可能距離は120㎞、最高速度70㎞/h。

_ph.jpg

ADIVA AD1E。2019年7月発売予定。

「AD1E」は軽二輪クラスの「2輪車の楽しさ手軽さと、4輪車の安全性と快適性を兼ね備えた」パーソナルユースの3輪モデル。開閉式ルーフ、ワイパー付きフロントスクリーン、大型のリアボックスなどを採用し、アーバンコミューターとして高い完成度を誇っている。航続可能距離は130㎞、最高速度は125㎞/h。

■ADIVA https://adiva.co.jp/

www.adulttorrent.org/details/toriko_no_shirabe_midara_ni_aegu_otome_sextet_visual_novels

https://rs-clinic.com.ua

олимп трейд