2018年9月21日

バーグマン400 ABSがカラーリングを変更

バーグマン400 ABS 799,200円(9月24日発売)

バイクの世界もグローバル化という避けて通れない大きなうねりの中にある現在。排出ガス規制の全世界統一や出力自主規制の廃止など、ライダーにとってもメリットは大きいのだが、国内市場で親しまれてきた車名が消えてしまうのは若干寂しい思いも。

2017年8月に、それまで国内市場ではスカイウェイブ400として親しまれてきたスズキのビッグスクーターのネーミングが、フルモデルチェンジを機に、海外市場向けではすでにおなじみとなっている「バーグマン」の名称に統一されることになった。

「スカイウェイブ」の名称は、1998年に登場したスズキ初のビッグスクーターとして、2月に250版、そして10月に400と発売時期は若干ずれたが、基本的に同一構成の兄弟車としてデビューしたモデルから採用されていた。

前後13インチ・タイヤにディスクブレーキ、リアにはリンク式モノショックという足回りを持つ車体に搭載されたのは、1軸バランサーを採用し、単気筒SOHCながら4バルブの元気なエンジン。「スクーターにも楽しい走りを」というスズキらしいモデルだった。シート下にはA3サイズの書類が入るアタッシュケースが収納できる“パーソナルスペース”を備えるなど、的を得た使い勝手とともに人気を集めることに成功している。その後のシリーズの発展はいうまでもないだろう。

スクーター界の“ビッグネーム”が消えてしまったのは残念だったが、現在はグローバルスクーター界の定番ブランドのひとつ「バーグマン」として内外で活躍を見せてくれている。

ちなみにフルモデルチェンジした新型バーグマン400 ABSの特徴は、「バーグマン・クーペ」をコンセプトにデザインされた四輪のクーペをイメージさせるニュースタイリングをはじめ、バーグマンシリーズに共通する左右二灯式LEDヘッドランプ、LEDリアコンビネーションランプ等の採用。装備面では、クッション厚を20㎜増やして快適性を向上させた新型シート、使い勝手を向上させた各種収納スペース、エンジン面では低中速トルクをアップさせるとともに、エアクリーナーボックスの容量アップでスロットルレスポンスの向上や力強い加速特性とするなど、各所に熟成の手が入っている。

今回のモデルチェンジは、カラーリングの変更のみで、諸元、価格等に変更は無い。

_ph.jpg

バーグマン400 ABS。カラーは3色。新色「マットステラブルーメタリック」(YUA)。

_ph.jpg

バーグマン400 ABS。「マットブラックメタリックNo.2」(YKV)。

_ph.jpg

バーグマン400 ABS。「パールグレッシャーホワイト」(YWW)。

★SUZUKI ニュースリリースより (2018年9月21日)

エレガントなスタイリングと優れた動力性能を兼ね備えた
400ccラグジュアリースクーター「バーグマン400 ABS」の
カラーリングを変更して発売

スズキ株式会社は、エレガントなスタイリングと快適性、充実した収納、動力性能を兼ね備えた400ccのラグジュアリースクーター「バーグマン400 ABS」のカラーリングを変更して、9月25日より発売する。

「バーグマン400 ABS」は、国内初の400ccスクーターとして1998年に発売して以来、高い走行
性能や快適な乗り心地、洗練されたスタイリングで好評を得ている「スカイウェイブ400」の全面改良モデルである。

洗練されたスタイリングと快適性を維持しながら、よりスリム、スポーティーで軽快な印象のデザインとし、ヘッドランプとリヤコンビネーションランプにLEDを採用した。また車両全体で軽量化を図ることで操縦性を向上しながら、42Lの大容量シート下収納を確保した。低中速トルクを向上したエンジンは素早いスロットルレスポンスと、より力強い加速を実現した。
 

●主な変更点
 カラーリング変更
※価格及び諸元に変更は無い。
 
●新型「バーグマン400 ABS」の主な特長
 
デザイン
「バーグマン・クーペ」をコンセプトにデザインされた、スポーティーなクーペのようなスタイリング。機敏な走りをイメージし、よりスリム、スポーティーで軽快な印象のフロントとリヤのボディデザインとした。
 1)LEDを採用したバーグマンシリーズ共通イメージの左右二灯ヘッドランプ
 2)エレガントさと軽快な印象を与えるシャープでスリムなLED リヤコンビネーションランプ
 3)流麗なフォルムを引き立てる上向きにデザインされたマフラー
車体色は、新色、青「マットステラブルーメタリック」を追加して、黒「マットブラックメタリックNo.2」、白「パールグレッシャーホワイト」の3色を設定。
 
装備
クッションを20mm厚くすることで快適性を向上したシート。
ヘルメットなどの用品を収納できる42Lのシート下トランクスペースと、グローブなどの小物の収納に便利なハンドル下左右のスペース。右側には12Vのアクセサリーソケットを装備。
 
エンジン・車体
低中速トルクが向上した399cm3、DOHCエンジンにより、二人乗り時でも余裕のある走行を実現。
エアクリーナーボックスの容量を増やすことで、市街地での走行における素早いスロットルレスポンスとより力強い加速を実現。
スリムな車体や外装のコンパクト化など、車両全体で8kgの軽量化を実現したことで操縦性が向上し、特に狭い道などでの走行時に貢献。
シートとハンドルの位置を見直すことで、より快適でスポーティーなライディングポジションを実現。
スリムなシートと左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードによる良好な足つき性。
15インチに大径化したフロントホイールによる高い操縦安定性。

 

商品名
バーグマン400 ABS(AN400AL9)
 
メーカー希望小売価格
799,200円(消費税抜き 740,000円)
※ 価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。
 
発売日
2018年9月25日
 
車体色2色
新色 マットステラブルーメタリック(YUA)、マットブラックメタリックNo.2(YKV)、パールグレッシャーホワイト(YWW)
 
ivf-lab.com

www.ivf-lab.com

ivf-lab.com/ru/uslugi/143-ginekologicheskaya-klinika-kiev.html