2018年8月30日

VULCAN Sがカラー&グラフィックを変更

VULCAN S 831,600円/842,400円(10月1日発売)

VULCANシリーズといえば、2007年2月に国内発売されたVULCAN 900 CLASSIC(VULCAN 900 Customと同時発売)の登場により、それまでの1500と400というラインナップでカワサキ・クルーザーユーザーをカバーしてきていたVULCANシリーズは、これを機に900シリーズに一本化された。

その後の変遷は、2008年12月にVULCAN 900 Customにスペシャルエディションが発売され、同時にVULCAN 900 CLASSICはカラーを追加。2010年2月には、最大トルクの変更、整備重量の変更、リムサイズ表記の変更、そしてカラーリングの変更など、初のマイナーチェンジが行われている。

そしてその後、2010年10月にカラーリングの変更が行われて2011年モデルに、2011年8月にはカラー&グラフィックの変更のみで2012年モデル、2012年8月もカラー&グラフィックの変更のみで2013年モデルと、イヤーモデルごとにカラー&グラフィックの変遷を繰り返してきていた。

2013年10月のモデルチェンジでもカラー&グラフィック変更のみで2014年モデルとなったが、2013年モデルで白だったタンクサイドがグレー系になり、レッドの細いラインにより黒部分と塗り分けられたデザインとなった。フェンダーも同様の意匠で、レッドの細いラインを挟んで黒とグレーの塗り分けとなっている。最近の2014年8月の2015年モデルでもカラー&グラフィック変更のみだった。

このようにVULCANシリーズは、VULCAN 900がカワサキのクルーザーモデルの定番として不動の地位を得ていた2016年の春、モーターサイクルショーで突然デビューしたのがVULACN Sだった。

一見、海外向けのNinja 650、そしてその兄弟車のER-6n/6f、はたまたVersysなどのエンジン、車体をベースにクルーザーモデルに発展させたかと考えてしまいがちだが、共通するのは唯一、400や650に強烈な個性を与えている右サイドマウントのリアショック配置、というデザインポイントぐらいなもので、エンジンはもちろん、フレーム、サスまで全てに新開発の完全なニューモデルだった。

2017年1月には、このVULCAN Sが、ギアポジションインジケーターを採用、ヘルメットロックも新設するなど初のマイナーチェンジを受けて2017年モデルとなっていた。今回は、カラー&グラフィックの変更のみ。

_ph.jpg

VULCAN S。2019年カラーは2色。「メタリックフラットスパークブラック」(BK1)。

_ph.jpg

VULCAN S。「ストームクラウドブルー」(BU1)。


 

★KAWASAKI ニュースリリースより (2018年8月30日)

本格的クルーザー、VULCAN Sを発売
モデル情報
車名(通称名) VULCAN S
モデルイヤー 2019
マーケットコード EN650GKFA
型式 2BL-EN650G
発売予定日 2018年10月1日
型式指定・認定番号 18668
メーカー希望小売価格 831,600円 (本体価格770,000円、消費税61,600円)
             842,400円 (本体価格780,000円、消費税62,400円)
カラー(カラーコード)  メタリックフラットスパークブラック(BK1) ストームクラウドブルー(BU1)
 
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う諸費用は含まれません。
※当モデルは川崎重工業株式会社の海外工場Kawasaki Motors Enterprise(Thailand) Co.,Ltd(KMT)で日本向けに生産された車両です。
※当モデルはABS装着車です。
【VULCAN S】

それぞれのライフスタイルにフィットするアーバンランナー、VULCAN S。流れるような美しいデザインとスタイリッシュなパーツは優雅で独創的な世界観を表現し、ライダーのライディングはもちろん、様々なファッションやライフスタイルにもフィットする全く新しいモーターサイクルです。既存のカテゴリーにとらわれないVULCAN Sは、独自のパラレルツインエンジンを搭載し、ゆったりした街乗りや深めのバンク角がもたらすスポーツライディングなど、多様なライディングの楽しさを提供します。更に調整可能なフットペグやレバー、快適な乗り心地のシートを搭載し、普段使いからロングツーリングまで、まるでテーラーメイドでしつらえたかの様なフィット感を感じていただける一台となっています。

■主な変更
・カラー&グラフィックの変更
 

★主要諸元

車名型式 2BL-EN650G
VULCAN S
発売日 2018年10月1日
全長×全幅×全高(m) 2.310×855×1.090
軸距(m) 1.575
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.705
車両重量(kg) 229
乾燥重量(kg)
乗車定員(人) 2
燃費消費率(km/L)※1 32.0(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)※2
22.8(WMTCモード値 クラス3-2 1名乗車時※3)
登坂能力(tanθ)
最小回転小半径(m) 3.2
エンジン型式
水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量(cm3) 649
内径×行程(mm) 83.0×60.0
圧縮比 10.8
最高出力(kW[PS]/rpm) 45[61]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 63[6.4]/6,600
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射装置
始動方式 セルフ式
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火)
潤滑油方式 セミドライサンプ式
潤滑油容量(L) 2.3
燃料タンク容量(L) 14
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.437
2速 1.714
3速 1.333
4速 1.111
5速 0.965
6速 0.851
減速比1次/2次 2.095/3.066
キャスター(度) 31°
トレール(mm) 120
タイヤサイズ 120/70R18M/C 59H
160/60R17M/C 69H
ブレーキ形式 φ300mm油圧式ディスク
φ250mm油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(インナーチューブ径41mm)
スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド

※1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状況などの諸条件により異なります。
 ※2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。
 ※3:WMTCモード値とは、発進・加速・停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。
 ※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。

канцтовары киев

cfax.jp