2018年6月8日

スズキが前後10インチホイールを採用した 新型原付二種スクーター「SWISH」の説明会を開催 デザインコンセプトは“勢”と“凛”

<クレジット>
■撮影:依田 麗/スズキ 

 
今日の原付二種スクーター全盛時代の礎を築き上げたのはスズキのアドレスシリーズ、といっても過言ではないだろう。都市部を中心としたコミューターの役割を、原付二種クラスのスクーターに見事にマッチングさせたのは、何よりも50クラスの手軽さ、取り回しの良さと市街地では250クラスをしのぐほどの機動性だった。現在もスズキはアドレス110と、アドレス125という強力なラインアップを擁しているが、ライバルメーカーの追い上げが急なのもまた事実で、スズキとしても125スクーター市場の多様化に第三の矢が必要と判断したのだろう。

ph.jpg

二輪カーラインチーフエンジニアの守谷安則さん。SWISH開発のまとめ役。


 
ph.jpg

二輪エンジン設計部エンジン実験課の福田善夫さん。


 
ph.jpg

二輪車体設計部車体設計課の成田 洋さん。


 
ph.jpg
 
ph.jpg

原付二種スクーター市場の現状や、ユーザーの動向などを説明していただいたスズキ二輪の濱本英信社長。発表会ではいつもサプライズで楽しませてくれるサービス精神旺盛な濱本社長。今回はトランクスペースの容量の大きさを楽しく表現してくれた。


 
ph.jpg
 
 125クラスのスクーターでありながら大掛かりなマスコミ向けの発表会を開催したことでも、スズキがこの新型スクーターにかける意気込みが伝わってくる。
 会場で説明された新型スクーター、SWISHの特徴を取り上げておくと、
(1)軽快に
  ●取り回しの良さを追求した前後10インチタイヤ
  ●全長1,830mmのコンパクトな車体
  ●タンデムや積載状況に合わせ3段階のスプリング調整が可能な2本リアサスペンション

(2)スタイリッシュに
  ●様々な街に似合うスタイリッシュなスタイリングデザイン
  ●スズキスポーツ車のアイデンティティである縦型2灯式ヘッドライトをLEDで装備
  ●左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードを採用し、快適な足着き性を実現

(3)便利に
  ●フルフェイスヘルメット+αが収納できる大容量のシート下トランクスペース
  ●視認性が高く多機能なフル液晶デジタルメーター採用
  ●USBソケット標準装備
 以上がプロダクトコンセプトとして“上質なスタンダードスクーター”を目標に開発されたSWISHの概要だ。
 
ph.jpg
 

ph.jpg

ヘッドランプは縦型2灯式のデザインをLEDで造形。また、シャープな印象のLEDポジションランプと合わせて個性を強調。


 
ph.jpg

多機能フル液晶ディスプレイを採用したメーター周り。スピード、タコ、オド、トリップの各メーター、オイル交換時期を教えてくれるオイルチェンジインジケーター、燃料計、時計を表示。


 
ph.jpg

使いやすいオープンタイプのフロントインナーラックには500mlのペットボトル2本を入れても余裕のスペース。最大積載量10㎏。


 
ph.jpg

SWISH最大の特徴ともいえる前後10インチホイール。“V”アドレス伝来のDNAを受け継ぐ。


 
ph.jpg

軽量コンパクトに収まる空冷SEP(SUZUKI ECO PERFORMANCE)エンジンを採用。多角断面マフラーカバーで個性を主張。


 
ph.jpg

不等間隔で巻かれたプログレッシブスプリングを採用。積載状態に合わせて3段階のスプリング調整も可能。


 
ph.jpg

燃料タンクをフロアボード下に配置したことでトランクスペースに余裕が。最大積載許容量1.5kg。


 
ph.jpg

フロアボードには左右の足元付近を絞り込んだ“カットフロアボード”を採用。足着き性の向上を図っている。


 
ph.jpg

充電に便利なUSBソケットも装備。定格5V1A。


 
ph.jpg

タンデムライダーの居住性にも考慮。ワンアクションで開閉できるピリオンフットレストバーを装備。質感を高めたアルミ製。


 
ph.jpg

リアボックスが必需品の“通勤快速”に合わせて、リアキャリアを標準装備。最大積載許容重量6㎏。


 
ph.jpg

エッジの効いたリアコンビネーションランプ。テール、ストップ、ライセンスランプにLEDを採用。


 
ph.jpg
 
ph.jpg

●SWISH(2BJ-DV12B)〈SWISH LIMITED〉 主要諸元
■全長×全幅×全高:1,830×690〈740〉×1,095mm、ホイールベース:1,250mm、シート高:760〈770〉mm、キャスター:25°50′、トレール:77mm■エンジン:(AF11)空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ、ボア×ストローク:52.5×57.4mm、最高出力:6.9kW〔9.4ps〕/7,000rpm、最大トルク:10N・m〔1.0kg-m〕/6,000rpm、燃費消費率:51.0km/L(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 2名乗車時)、50.1km/L(WMTCモード値 クラス1 1名乗車時)■フレーク形式:アンダーボーン、タイヤ:前100/90-10 56J、後100/90-10 56J、車両重量:114〈115〉㎏、燃料タンク容量:5.5L
■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)318,600円〈340,200円〉

※上の写真は、青がノーマルのSWISH、白が9月21日発売のSWISH LIMITED。アドレスシリーズではおなじみ、ナックルバイザー、グリップヒーター、シートヒーターの暖か装備をプラスしたモデルだ。

※車体色は、SWISH、SWISH LIMITEDともに「トリトンブルーメタリック」、「キャンディダーリングレッド」、「パールブレーシングホワイト」、「グラススパークルブラック」の4色を設定。


 


| 「新車プロファイル」SUZUKI SWISHのページへ |

| |

more information adulttorrent.org

ka4alka.com.ua/tabletirovannie/stanozolol

Тестораскаточные машины