2018年6月1日

MBHCC C2 ゆきゆきて道祖神 添乗員ヨッティのバイクツアー裏レポート

その34「究極の砂漠アドベンチャー!オーストラリア・シンプソン砂漠横断」の巻

MBHCC C-2
添乗員ヨッティのバイクツアー裏レポート その34「究極の砂漠アドベンチャー!オーストラリア・シンプソン砂漠横断」の巻


前回、復活したオーストラリア・アウトバック・オフロード。しかし、まだ心残りがあった。シンプソン砂漠横断という課題が残されたままだった。そこは1100を超える砂丘があるといわれている。快適なフラットダートも楽しい。でも、それだけじゃ物足りない。砂と格闘するような、パリ・ダカみたいな「走り」も一度はやってみたい。何より、果てしなく続く砂の海をこの目で見てみたい。次はシンプソン! スタッフとお客様の熱い情熱からこのツアーは実現した。

 シンプソンへの道は遠い。ブリスベンから6時間ほどかけ、まるで各駅停車のような飛び方をするローカル飛行機に揺られてシンプソン砂漠横断の拠点、バーズヴィルへ。実に日本から3日間かけて、ようやくスタート地点に到着した。

1各駅停車のように飛ぶ飛行機

各駅停車のように飛ぶ飛行機。

 DR-Z400を受け取り、いよいよ砂漠突入! シンプソンに入ってすぐに「ビッグレッド」と呼ばれる大きな砂丘がいきなり現れる。上ってみたら「あれ? こんなもん?」という感想。そう、このツアーは難易度「5つ星」に設定していたため、お客
様は猛者たちが揃っていたのだった。

2ビッグレッドと呼ばれる砂丘へアタック

ビッグレッドと呼ばれる砂丘へアタック。

 しかし、シンプソンは甘くはなかった。砂丘自体はそんなに大きくはないのだが、4WDが掘りまくったボコボコの砂道を延々と走るのが大変だった。それでも、砂丘を登りきったら目の前に地平線が開ける。この瞬間が気持ちいい。正確には地平線ではなく、遠くに次の砂丘が見えている。砂丘を下り、しばし平坦な道を走る。次の砂丘が迫ってくるまでの時間、およそ1分。これがインターバル。砂丘が迫ると砂との闘いが始まる。深い砂、荒れた路面で暴れるバイクを押さえつけ、なんとか砂丘のトップへ。また次の砂丘が地平線の先に見えている。これが延々と繰り返される。

3砂丘を超えると目の前に地平線

砂丘を超えると目の前に地平線。

 日が傾く頃、すでに体力は限界、フラフラだ。ハンドルが砂にとられると、もう押さえつける力は残っていない。夕方になるほど転倒する回数が増える。キャンプ地はまだか? ビールはまだか?

4登れないときもある

登れないときもある。

5埋まるときもある

埋まるときもある。

6引き返すときもある

引き返すときもある。

7どこまで行っても同じような風景が続く

どこまで行っても同じような風景が続く。

8だんだんイヤになってくる頃……

だんだんイヤになってくる頃……。

9ワイルドなランチ

ワイルドなランチ。

 やっとキャンプ地に到着し、テント設営。まずはビール。この瞬間がたまらない。サポートカーは冷蔵庫付きだから、砂漠のど真ん中でキンキンに冷えたビールが飲める。これぞ、ツアーの醍醐味。ビールを飲んで美しい夕焼けを眺めているうちに、スタッフのエディはボリューム満点の夕食を作ってくれる。焚火を囲んでいると、東の空から満月が上がり、まぶしいくらいの一夜を過ごす。そして朝、地平線から朝日が昇ってくる。また、砂丘と格闘の時間が始まる・・・。

10ワイルドなキャンプ

ワイルドなキャンプ 。

11豪華なキャンプ

豪華なキャンプ飯。

12豪華なキャンプ

焚火を囲んでると月が昇ってきた。

13現地スタッフのエディはサポートカー運転手、兼メカニック、兼コックまで一人でこなす

現地スタッフのエディはサポートカー運転手、兼メカニック、兼コックまで一人でこなす。

14朝食もゴージャス

朝食もゴージャス。

15朝は美しい風紋も見れました

朝は美しい風紋も見れました。

 どこまで行っても同じ風景が続く。我々は本当に進んでいるのか? いいかげん、うんざりしてくる頃、シンプソン終了を告げる看板が出現。ここからはフラットダート。アクセル全開、時速100km以上で走れるパラダイス・ダートロードが何100kmも続く。気持ちいい! でも、もうフカフカの砂がないと思うと、嬉しいような寂しいような。

16砂漠のオアシス、ロードハウス

砂漠のオアシス、ロードハウス。

17時速100km以上で飛ばせるフラットダート

時速100km以上で飛ばせるフラットダート。

 
 やがて目の前にウルル(エアーズロック)が見えてくる。夕日を照り返し、まるで自らが光っているような偉大なるウルル。旅の最後を飾るのにふさわしい、ドラマチックな夕暮れとともに、壮大なアドベンチャーツーリングは完結したのであった。

18ドラマチックな旅の終着点

ドラマチックな旅の終着点。



***今が旬のおすすめツアー***

道祖神設立40周年特別企画
めざせアフリカ大陸最西端!西アフリカ7カ国横断アドベンチャーツーリング 40日間

今が旬のおすすめバイクツアー

西アフリカを横断する2018年特別企画。ブルキナファソのワガドゥグをスタートし、サヘルの乾いた大地を走り抜け、トーゴ、ベナン、ガーナを抜けてギニア湾岸へ。その後、コートジボアール、ギニアと駆け抜け、パリ・ダカのゴール地点、セネガルのダカールを目指します。原色の西アフリカの旅は新しい経験と発見に満ちた旅になること間違いなし!

詳細はこちらから。


■バイクスタッフ社員募集!
旅行が好きで、海外ツーリングに関心のある方!一緒に働きませんか?
詳細はこちらから!


■2018年度 新パンフレットが完成しました!
今年も新コース満載!道祖神設立40周年企画「西アフリカ横断アドベンチャー40日間」は
今回限りの特別企画!もちろん定番のBMWヨーロッパやUSAツーリングも充実。「地球を走る
バイクツアー」が盛りだくさん。ページをめくるだけでワクワクしてくること間違いなし!
道祖神パンフレットをお気軽にご請求ください!
電話:0120-184-922
E-mail:[email protected]
お問い合わせは道祖神、バイクツアーデスクへお気軽にどうぞ。
E-mail: [email protected]
TEL:03-6431-8198

アフリカ、海外バイクツアーといえば

●東京本社
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
TEL 03-6431-8322
0120-184-922 (フリーダイヤル)

●バイクツアー専用ダイヤル
TEL 03-6431-8198
特にアフリカと海外バイクツアーに滅法強い、愛と誠意の旅行代理店。一般はもちろん、テレビロケや政府関係など業務方面の信頼もあつい。
高い人気と実績を誇るバイクツアーは、アメリカ大陸横断、アメリカ西部周遊、ヨーロッパ5カ国周遊などの定番コースを始めとして、ロシア、オーストラリア、中央アジア、アルゼンチン、アフリカ、タイ、台湾などオン、オフ共に多彩に設定されてる。一生に一度は行きたい海外ツーリングだが、一度行くと二度三度とリピート率はかなり高くなる道祖神バイクツアー副作用にも要注意!?
詳細はバイクツアー専用ホームページで。

[][第47回][]
[ゆきゆきて道祖神へ(※PC版に移動します)]
[へ(※PC版に移動します)]

https://optiontradingstrategies.net

Наш нужный веб портал про направление Рулетка онлайн.
best-drones.reviews