Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
「ホット」で「ホッと」する!スズキアドレスV125Sリミテッド- psp-traumland.info

ホット」で「ホッと」する!アドレスV125Sリミテッド


こんにちは! G2(原付二種)連邦大統領・ピンキー高橋です。
2010年にデビューしたアドレスV125Sにも“あったか”機能が備わったリミテッドがラインナップされました! 
先代V125Gから大幅にバージョンアップを果たしたV125Sの機能がさらにアップした正に待望のモデルであります。

アドレスの“あったか”仕様・リミテッドは、V125Gをベースとするモデルを何度か試乗させていただいたことはあったのですが、いずれも季節が冬前だったり短時間でありましたので、今回はその実力を120%体感することができました。
尚、アドレスV125Sのインプレッションはをご参照ください。

●報告:ピンキー高橋 ●撮影:依田 麗 ●スズキ


今シーズンの冬はある時期を境に急激に寒くなってきました。正に今、アドレスV125Sリミテッドの本領が発揮される季節と言えるでしょう。そんなアドレスの体感レポートの前に、リミテッド・モデルの変遷をおさらいしましょう。

最初のリミテッドはナックルバイザーとグリップヒーターを装備して2008年1月31日、2,500台が限定で発売されました(250,950円)。また同年12月8日にも2,500台を限定販売。平成19年新排出ガス対応車となったこのモデルからシートヒーターも特別装備となります(278,250円)。そして翌2009年11月、リミテッド・モデル再販を望む声に応えた「V125GL賀曽利スペシャル」が登場。雪の中、リミテッドで日本最北端を走破した旅のプロ、賀曽利隆さんの名が冠されたスズキ正規取扱店専用モデルで、あったか装備に加え「Kasori SPECIAL」のデカールが特徴のモデルでした(278,250円)。2010年10月29日にはボディカラーをグラススパークルブラック、パールグラスホワイト(従来はファントムブラックメタリック、ソニックシルバーメタリック)に一新したV125Gリミテッド(278,250円)も発売されています。


スズキアドレスV125Sリミテッド
リミテッドの外装の識別点はナックルバイザーと各スイッチ類、そしてフロントカウルに装着されたエンブレム。ソニックシルバーメタリック№2のボディカラーは、ナックルバイザーが映える。
スズキアドレスV125Sリミテッド
その他ボディカラーはグラススパークルブラック。
スズキアドレスV125Sリミテッド
そして1月に追加されたファントムブラックメタリック№2をラインナップ。

で、2011年10月28日から発売されたのが今回ご紹介するV125Sベースのリミテッド。価格はV125Gリミテッドと同様、ナックルバイザー、グリップヒーター、シートヒーターが特別装備され、ベース車に対し21,000円高の282,450円となっております。

今回はアドレスV125シリーズの主戦場である通勤ユースはもちろん、ロングラン含め約400kmほど体感走行。この季節、本来ですとウインターグローブを愛用しているのですが、今回に限っては夏場や雨の日用として使っているネオプレン素材のグローブを着用しました。

まずはグリップもシートもヒーターOFF状態でスタート。気温は10℃を下回り、走っているとフツーに寒いっス! 手の場合、通常ですと指先から冷たくなってきますが、夏グローブにも関わらず中々冷たくなりませんでした。これはナックルバイザーの効果が相当大きいようです。さすが車種専用形状だけのことはあります。


でもやっぱ身体は寒い! 寒いんですけど、いくら走っても何故かガマンできてしまい、これじゃリミテッドの真の実力をテストできないので、グリップヒーターをON(5段階調整の最強)に。するとホワ~っと両手が温かくなってきます。感情を表現すると「気持ちいい」というより「ホッとする」という感じでしょうか。基本的に温かいのは手のひらなんですが、何だかとても安心するのです。これは意外な発見でありました。“熱”というのは偉大な力を持っているんですね。

アドレス125Vリミテッド
河口湖と山中湖の間の国道138号線上にて。この日見た最低気温下、リミテッドは心強い味方!
アドレス125Vリミテッド
ちなみに今回、富士河口湖の往復ロングランにチャレンジしてみましたが、気温が1℃になろうが、暗い夜道だろうが不安なく、店などに入って暖をとることもなく、ずっと走り続けることができました。

アドレス125Vリミテッド
ナックルガードは高い防風効果を発揮する他、狭い駐輪場で隣のバイクに引っかかりにくい形状とした専用設計パーツ。
アドレス125Vリミテッド
手、中でも特に辛い指先の冷えを和らげてくれるグリップヒーターは5段階の温度調整が可能。グリップの太さも気にならない。
アドレス125Vリミテッド
G2(原付二種)クラス唯一の装備となるシートヒーターはハンドル手元のスイッチで操作。自動温度制御が備わる。
アドレス125Vリミテッド
V125Sシリーズ共通のメーターまわり。垂直0指針の電気式スピードメーターはスイープ機能付。時計&ツイントリップメーターは大変便利。

で、そのまま最強温度で走っていると手のひらが熱くなってくる(もちろん、火傷するほど熱くはなりません)ので、手元のスイッチで1段階ずつ温度調整。今回は5段階中の真ん中、3段階あたりに落ち着きました。参考までに、バイクを停めてグローブを脱ぐと手全体が温かい部屋の中にいる時と同じような状態なので、フツーに携帯メールを打つこともできたことをご報告いたします。

お次はシートヒーター。最後の切り札としてとってあったスイッチを遂にオン! ジワ~っとお尻が温かくなり、グリップヒーターとの相乗効果によってさらなる安心感が得られます。コチラはサーモスタットによって一定温度が保たれ、熱すぎることはないので、常時ONにしていました。というか、一度体感してしまうとオフにできません。しかし不思議ですね。夏場、熱せられたシートほど不快なものはないというのに……。


今回、体感させていただいたアドレスV125Sのリミテッドは「安心」の一言に尽きます。グリップ&シートヒーターをONにしなくても長いこと走っていられたのはナックルバイザーの効果もありますが、いざという時には「ヒーターがある!」という心の余裕からくるものでしょう。そして、グリップ&シートヒーターをONにするともはや鬼に金棒。体全身の硬直が和らぐ感じで、ライディングに集中することができました。ちなみに今回、富士河口湖の往復ロングランにチャレンジしてみましたが、気温が1℃になろうが、暗い夜道だろうが不安なく、店などに入って暖をとることもなく、ずっと走り続けることができました。

冬以外の季節でも寒い時はあるし、雨が降ることもある。そう考えるとアドレスV125Sリミテッドは オールシーズン「安心」を提供してくれるモデルですね。夏場、シートクーラーなんて機能もあったらもう完璧なんですけど……。

身長173cmのピンキー大統領が跨った状態。混雑した市街地でも手足のように扱えるコンパクトサイズと充分な居住性を両立。ナックルバイザーは両手を3方向からしっかり覆っている。

■アドレスV125Sリミテッド主要諸元■
全長×全幅×全高:1,780×720×1,050mm、ホイールベース1,235mm、最低地上高:120mm、シート高:750mm、定地燃費:52.0km/L(60km/h)、最小回転半径:1.8m、車両重量:103kg、燃料タンク容量:6.3L●強制空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ、排気量:124cc、ボア×ストローク:53.5×55.2mm、圧縮比:9.6:1、燃料供給装置:フューエルインジェクションシステム 、点火方式:フルトランジスタ式、始動方式:キック・セルフ併用式、潤滑方式:圧送式、最高出力:7.3kW(9.9PS)/7,500rpm、最大トルク:10N・m(1.0kgf・m)/6,000rpm、変速機形式:Vベルト無段変速 、変速比(1速):2.681~0.808 、一次減速比:1.000、二次減速比:2.647×3.133 ●フレーム形式:アンダーボーン、キャスター/トレール:26°00′/ 82mm 、ブレーキ(前/後):油圧式シングルディスク / 機械式リーディングトレーリング 、タイヤ(前/後):90/90-10 50J / 100/90-10 56J 、メーカー希望小売価格:282,450 円
www.botoxclub.com.ua

http://pillsbank.net

https://pillsbank.net