タイトル1日目

岐阜市内は午前中から早くも気温は30℃を超え。フツーに立っているだけで汗が流れる暑さですが、スクーターはエンジンが後ろにあるおかげで信号待ちなどでは、股下でエンジンをかかえる、いわゆる“通常”のバイクに比べると全然ラク。夏場に適した二輪車かもしれません。

そんな猛暑の中、2日目はスタート。まずは岐阜城を目指しました。といっても、お城は山の上にあるので、アドレスと麓で記念撮影のみ。先を急ぐことにします。

まずは国道21号で西へ。この日は大きな山越えなどはなく、比較的平坦なルートで兵庫県の豊岡を目指します。アドレスは前日に様々なシチュエーションで真価を遺憾なく発揮してくれたので、この日はバイクに対する信頼がさらに高まり、純粋に移動と変わり行く景色を楽しむことができました。

私は一度バイクに跨ると、メシを食うことも忘れて夢中に走り続けてしまう性格なのですが、アドレスの痛快な走りは、そんな性格をさらに助長してくれました。こんなコンパクトなスクーターで猛暑の中、いくら走り続けても全く飽きることなく、むしろ楽しく快適に距離が伸びていくところに、アドレスV125Sの凄さを感じましたね。

滋賀県に入って琵琶湖の北側を抜け、北陸・福井県へ。昨年、全国的に有名となった小浜市まではアッという間。ここからは日本海を右手に見ながら気持ち良くクルージング。のどかな雰囲気の海水浴場の誘惑と戦いながら、京都・舞鶴市へ。内陸を通る最短ルートで豊岡へ向かうのではなく、まだ時間にも余裕があったので丹後半島を海岸沿いに走るルートを走ってみました。

陽が西に沈む前の時間帯、最高のロケーション。最北端の岬に近づくにつれて交通量も減ってきたので、2日間の総仕上げとして自分なりのハイペースでマウンテンコースを駆け抜けてみました。

力強く伸びやかな加速、静かで心地良く、鼓動感もあるサウンド、強力なブレーキ。いや~、シビれました! アドレスV125Sには操る者の気持ちを昂ぶらせるスポーツマインドを感じることもできます。もしかしてV125Sの“S”はSportsの“S”なのでは? それでいて足まわりは現行V125G/V125に対して角がとれた洗練された印象。多くのユーザーに支持を得ているV125シリーズの最新モデルだけに各部が進化を果たしているようです。

19時半頃、豊岡に無事到着。2日目を終え、走行距離はトータル760kmに達し、アドレスはすっかり私の身体の一部になった感じです。最終目的地である鳥取の八頭町はスグそこに迫っています!

眼下に日本海が拡がっています! 天気がいい日は能登半島まで一望できるとか。丹後半島はツーリングにも最適なルート。カニも名物です。
眼下に日本海が拡がっています! 天気がいい日は能登半島まで一望できるとか。丹後半島はツーリングにも最適なルート。カニも名物です。

眼下に日本海が拡がっています! 天気がいい日は能登半島まで一望できるとか。丹後半島はツーリングにも最適なルート。カニも名物です。

①2日目、8月7日は朝からカンカン照りの猛暑。岐阜といえば金華山頂の岐阜城ということで行ってみました。見事な山城ですね。アドレスとの2ショットを試みましたが、どうしてもお城が米粒のように小さくしか写りません。あと、初めて「歴女」なる3人組を見ました。ホントにいるんですね。
①2日目、8月7日は朝からカンカン照りの猛暑。岐阜といえば金華山頂の岐阜城ということで行ってみました。見事な山城ですね。アドレスとの2ショットを試みましたが、どうしてもお城が米粒のように小さくしか写りません。あと、初めて「歴女」なる3人組を見ました。ホントにいるんですね。
②国道21号からちょっと入ったところにある関ケ原古戦場。東軍(徳川)と西軍(石田)の幟がなびいています。1600年の関ケ原の戦いと言えば、誰もが歴史で習う大合戦ですが、今は静かでとてものどかな場所。静かなアドレスでそーっと後にしました。
②国道21号からちょっと入ったところにある関ケ原古戦場。東軍(徳川)と西軍(石田)の幟がなびいています。1600年の関ケ原の戦いと言えば、誰もが歴史で習う大合戦ですが、今は静かでとてものどかな場所。静かなアドレスでそーっと後にしました。
④長浜駅近くにある、旧長浜駅。1882年(明治15年)3月、北陸線の始発駅として建てられたもので、現在、日本に残る最古の駅舎だそうです(鉄道資料館として見学可)。“通勤快速”のアドレスと共に敬意を表します。
④長浜駅近くにある、旧長浜駅。1882年(明治15年)3月、北陸線の始発駅として建てられたもので、現在、日本に残る最古の駅舎だそうです(鉄道資料館として見学可)。“通勤快速”のアドレスと共に敬意を表します。
③戦国シリーズ続きます。“ながはま”と言えば私は写真家の長濱治さん、もしくは「開運! なんでも鑑定団」や「釣り・ロマンを求めて」でお馴染みの永浜いりあちゃんを連想しますが、ここは羽柴秀吉が築いた近江の長浜城。長浜の“長”は信長の一字を拝借したもの。もちろん、現在のお城はレプリカで、歴史博物館になっています。
③戦国シリーズ続きます。“ながはま”と言えば私は写真家の長濱治さん、もしくは「開運! なんでも鑑定団」や「釣り・ロマンを求めて」でお馴染みの永浜いりあちゃんを連想しますが、ここは羽柴秀吉が築いた近江の長浜城。長浜の“長”は信長の一字を拝借したもの。もちろん、現在のお城はレプリカで、歴史博物館になっています。
⑤琵琶湖の北東部にて。私、琵琶湖に大接近するのは今回が初めて。さすが日本最大の湖、スケールが違います! 今も「鳥人間コンテスト」みたいなのやってるんでしょうか? アドレスの上空を鳥が優雅に舞っていました。
⑤琵琶湖の北東部にて。私、琵琶湖に大接近するのは今回が初めて。さすが日本最大の湖、スケールが違います! 今も「鳥人間コンテスト」みたいなのやってるんでしょうか? アドレスの上空を鳥が優雅に舞っていました。
⑥琵琶湖の最北端あたり、国道8号と303号の重複区間。前をG1(原付一種)が2台走る、今回の行程ではとても稀な光景。303号はその後国道161号とも重複し、福井県の若狭町へ。アドレスはそこから国道27号で日本海を目指します。
⑥琵琶湖の最北端あたり、国道8号と303号の重複区間。前をG1(原付一種)が2台走る、今回の行程ではとても稀な光景。303号はその後国道161号とも重複し、福井県の若狭町へ。アドレスはそこから国道27号で日本海を目指します。
⑧この日のゴール、兵庫県の豊岡に無事到着。日本で最後の野生コウノトリが生息していたことで有名だそうです。夏と冬の気温差が40℃近くになることもあるという、寒暖差の激しい地でもあるとか。
⑧この日のゴール、兵庫県の豊岡に無事到着。日本で最後の野生コウノトリが生息していたことで有名だそうです。夏と冬の気温差が40℃近くになることもあるという、寒暖差の激しい地でもあるとか。
⑦福井県小浜市役所にて。昨年はオバマ大統領誕生によって脚光を浴びた小浜、とても静かな街でした。市役所は土曜日だったので閉まってましたが、当然のことながら平日でもオバマ大統領はここにはいません。初のピンク人大統領、わかっちゃいたけどちょっと残念。像は初代・若狭小浜藩の藩主である酒井忠勝公。
⑦福井県小浜市役所にて。昨年はオバマ大統領誕生によって脚光を浴びた小浜、とても静かな街でした。市役所は土曜日だったので閉まってましたが、当然のことながら平日でもオバマ大統領はここにはいません。初のピンク人大統領、わかっちゃいたけどちょっと残念。像は初代・若狭小浜藩の藩主である酒井忠勝公。


2日目のルートの詳細はyahooドライブに掲載してあります。
https://botoxclub.com.ua

https://botoxclub.com.ua

https://pillsbank.net