2014年10月2日 

■2014年度グッドデザイン賞、ヤマハMT-07が「ベスト100」に選出

「グッドデザイン・ベスト100」に選出されたヤマハMT-07


 1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度として広く知られる世界的なデザイン賞、公益財団法人日本デザイン振興会(JDP)が主催する「グッドデザイン賞」。2014年度の受賞結果が10月1日、発表された。

 今年度は3,601件のデザインを対象に審査を実施。内、1,258件の受賞が決定している。この中には独自性、提案性、審美性、完成度などが高く評価され、今後決定する特別賞各賞の候補となる100件である「グッドデザイン・ベスト100」も含まれる。

 二輪車(モーターサイクル)として3台、オートマチックコミューターとしては1台が2014年度グッドデザイン賞を受賞。また「ベスト100」にMT-07が選出(受賞対象の詳細などは)された。

KTM 1290 スーパーデュークR
受賞対象の詳細などは

ホンダNM4-01/02
受賞対象の詳細などは
スズキ隼
受賞対象の詳細などは

ヤマハ TRICITY MW125
受賞対象の詳細などは