CB400 SUPER FOUR/SUPER BOL D’OR
740,250円~/834,750円~(3月20日発売)

★ホンダ CB400 SUPER FOUR/SUPER BOL D’OR 車両解説

新デザインのボディパーツを採用して
CB400 SUPER FOUR/SUPER BOL D’ORシリーズがモデルチェンジ

1992年4月の発売以来、多少の変動はあっても常に400クラスの販売をリードするポジションを維持してきたベストセラー“ヨンヒャク”CB400 SUPER FOUR。1991年の第29回東京モーターショーで参考出品された“CB1000SUPER FOUR”の弟分として「新しい時代にふさわしいホンダのロードスポーツはどうあるべきか」を徹底的に追求する“PROJECT BIG-1”により開発されたモデルだった。

その後、1996年3月にはサイレンサーを独立させた集合マフラーなど、よりスポーティなイメージが盛り込まれた“バージョンS”を発売。1996年12月には外観のマイナーチェンジとブレーキを強化。1999年2月には「HYPER VTEC」エンジンを搭載してフルモデルチェンジ。2002年1月には「HYPER VTEC SPECII」エンジンに発展。2003年12月には「HYPER VTEC SPECIII」、2005年3月にはハーフカウルを装備するバリエーションモデルのCB400SUPER BOL D’ORを追加。2007年12月には、さらに「HYPER VTEC Revo」エンジンへと発展して今日に至っている。

最新の現行モデルは、2012年1月に主要諸元、メカニズムには変更無しでカラーバリエーションのみを変更したもの。また、同時にCB400SUPER FOURとSUPER BOL D’ORシリーズに、受注期間限定で特別仕様が発売されている。ブラックをベースに金のグラフィックをあしらったモデルで、マイナーチェンジと同時に特別仕様を発売するのは、2011年2月の時と同じパターンだが、この時は受注期間限定ではなく、各500台と台数限定の販売だった。

2012年11月には、CB400/CB1000に始まる「プロジェクト BIG 1」の20周年を記念したスペシャル・エディションが発売されている。赤/白ボディをベースに、エンジンをシルバーに、ブラックホイールの採用、フロントブレーキディスクハブもブラックに、そして20周年を記念したオリジナル・ステッカーや立体ウイングエンブレムの採用などが行われた。

今回のモデルチェンジは、実に2007年12月以来といえるもので、基本的なメカニズムに大きな変更はなく、新デザインのサイドカバーやリアカウル、新デザインの10本スポークを持つ新型ホイールの採用、シートレールの剛性アップなどが行われ、SUPER BOL D’ORでは新たにLEDヘッドライトを装備した新型フロントカウルが採用された。

また今回のマイナーチェンジを期に、ETC車載器とグリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した“CB400SUPER FOUR E Package”と“CB400SUPER BOL D’OR E Package”をそれぞれタイプ設定、5月23日から発売すると発表している。

CB400 SUPER FOUR<ABS>。カラーはノーマルと<ABS>とも4色の設定。パールサンビームホワイト。
CB400 SUPER FOUR<ABS>。グラファイトブラック。
CB400 SUPER FOUR<ABS>。アトモスフィアブルーメタリック。
CB400 SUPER FOUR<ABS>。キャンディプロミネンスレッド。
CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>。カラーはノーマルと<ABS>仕様ともに各4色の設定。パールサンビームホワイト。
CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>。グラファイトブラック。
CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>。アトモスフィアブルーメタリック。
CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>。キャンディプロミネンスレッド。

★HONDA プレスリリースより (2014年3月14日)

「CB400 SUPER FOUR/SUPER BOL D’OR」シリーズをモデルチェンジし発売

Hondaは、「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D’OR」の外観を変更するとともに、各部の熟成を図り、それぞれ3月20日(木)に発売します。

また、「CB400 SUPER FOUR<ABS>」と「CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>」に、ETC車載器とグリップヒーターおよび専用インジケーターランプを標準装備した「CB400 SUPER FOUR<ABS> E Package※1」と「CB400 SUPER BOL D’OR<ABS> E Package※1」をタイプ設定し、それぞれ5月23日(金)に発売します。

今回のモデルチェンジにあたっては、開発コンセプトを「CB相伝・継承の外観進化“一人でも二人でももっと遠くへ快適に”」と定めました。所有することの喜びを高めるスタイリングと、市街地走行からツーリングまでの幅広い用途で、さらに扱いやすく楽しく走行できることを目指しました。

スタイリングは、両車種ともに新デザインのサイドカバー、リアカウルなど採用し、スタイリッシュな外観に磨きをかけています。CB400 SUPER BOL D’ORには、新たにLEDのヘッドライトを採用した新形状のフロントカウルを装着することで、さらに精悍なスタイリングを実現しています。

車体は、シートレールの剛性を高めることで、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。また、新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用することで、軽快感のある走行フィーリングとスタイリッシュな外観に寄与しています。

CB400 SUPER FOURは、1992年4月に初代モデルを発売。CB400 SUPER BOL D’ORは、2005年3月にタイプ追加しました。以来熟成を重ねるとともに、豊富なバリエーションで幅広いお客様から支持されているロングセラーのロードスポーツモデルです。

※1 受注生産車。「Honda二輪ETC標準装備車取扱店」で販売します。使用するにあたり、セットアップとセットアップ費用、および決済後のETCカードが必要です
 

●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計 2,700台
●メーカー希望小売価格(消費税5%込み)
CB400 SUPER FOUR
グラファイトブラック、アトモスフィアブルーメタリック、キャンディプロミネンスレッド 740,250円(705,000円)
パールサンビームホワイト 771,750円(735,000円)
CB400 SUPER FOUR<ABS>
グラファイトブラック、アトモスフィアブルーメタリック、キャンディプロミネンスレッド 789,600円(752,000円)
パールサンビームホワイト 821,100円(782,000円)
CB400 SUPER BOL D’OR
グラファイトブラック、アトモスフィアブルーメタリック、キャンディプロミネンスレッド 834,750円(795,000円)
パールサンビームホワイト 866,250円(825,000円)
CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>
グラファイトブラック、アトモスフィアブルーメタリック、キャンディプロミネンスレッド 884,100円(842,000円)
パールサンビームホワイト 915,600円(872,000円)
CB400 SUPER FOUR<ABS>> E Package
グラファイトブラック、アトモスフィアブルーメタリック、キャンディプロミネンスレッド 880,200円(815,000円)
パールサンビームホワイト 912,600円(845,000円)
CB400 SUPER FOUR<ABS> E Package
グラファイトブラック、アトモスフィアブルーメタリック、キャンディプロミネンスレッド 977,400円(905,000円)
パールサンビームホワイト 1,009,800円(935,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません
=CB400 SUPER FOUR、CB400 SUPER BOL D’ORの主な変更点=
■スタイリング
所有する喜びを感じさせる伝統のスタイリングを実現するために、次の変更を施しています。
・またがりやすさも考慮しスリム化したサイドカバー
・テールエンドへの跳ね上がり角度を緩やかにした新デザインのリアカウル
・クリアレンズを採用したテールランプ
・フィット感を考慮したシート表皮
・視認性、被視認性に優れたLEDヘッドライトを採用し、さらに精悍さを高めたフロントカウル※2
※2 CB400 SUPER BOL D’ORのみの採用
■車体・足回り
市街地走行からツーリングまでの幅広いシチュエーションで、さらに扱いやすさを追求しました。
・シートレールの剛性を高め、新たに設定した純正アクセサリーのリアキャリア、トップボックスの装備に対応
・ハンドル幅を従来モデルから10mm広い550mmに設定し、ライダー側に9mm、上方に7mmに移動することによって、よりリラックスしたライディングポジションを実現
・スポークを左右にクロスさせた新デザインのアルミダイキャストホイール
■装備
・ギアポジションや燃費表示機能を追加した多機能な二眼メーター
・扱いやすさを考慮した左右分割タイプのパッセンジャー用グラブレール
■カラーリング
両車種ともに、モノトーンタイプは、グラファイトブラック、アトモスフィアブルーメタリック、キャンディープロミネンスレッドの3種類を、ツートーンタイプにはパールサンビームホワイト1種類として合計4種類の豊富なバリエーションとしています。

★主要諸元

車名型式 EBL-NC42
CB400 SUPER FOUR〈SUPER BOL D’OR〉
発売日 2014年3月20日
全長×全幅×全高(m) 2.080×0.725×1.080〈1.160〉
軸距(m) 1.410
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.755
車両重量(kg) 197〈200〉
乾燥重量(kg) -
乗車定員(人) 2
燃費(km/L) 31.0(60km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ) -
最小回転小半径(m) 2.6
エンジン型式 NC42E
水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量(cm3) 399
内径×行程(mm) 55.0×42.0
圧縮比 11.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 39[53]/10,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 38[3.9]/9,500
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射装置[PGM-FI]
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑油方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) -
燃料タンク容量(L) 18
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.307
2速 2.294
3速 1.750
4速 1.421
5速 1.240
6速 1.130
減速比1次/2次 2.171/2.933
キャスター(度) 25°05′
トレール(mm) 90
タイヤサイズ 120/60ZR17 M/C 55W
160/60ZR17 M/C 69W
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

※〈 〉の数値はCB400 SUPER BOL D’OR。<ABS>仕様の重量はプラス3kg。E Packegeはさらにプラス1kg。