ビーノ XC50/XC50D 193,200円/198,450円(2月14日発売)

★ヤマハ ビーノ XC50/XC50D 車両解説

レトロポップなお洒落スクーター、ビーノがカラー設定変更で2014年モデルに

1997年3月の2ストロークモデル発売に始まる“レトロポップ”スクーター、ビーノ。丸目ヘッドライト、フラットなフロア、大きめのレッグシールドに深いフロントフェンダー、フルカバードタイプをイメージさせるリアサイドカバーなどノスタルジックなビンテージスクーターフォルムに、ジョグで定評の6.3馬力エンジンを搭載してデビューした。

流行廃りの多いファッション系スクーターといえたが、すでに17年にならんとする歴史を作り上げてきている。やはりビンテージスクーターの定番デザインには強い力があるのだろう。

それはともかく、歴史を刻み続けられたのは、2004年(3月発売)のフルモデルチェンジで、燃費向上と環境対応をはかった4ストロークエンジンへと切り換えられたことも大きなポイントだ。それも原付スクーター初の3バルブとメッキシリンダーを採用した先進の4ストロークエンジンだった。生産もこの頃から“当然”となりつつあった海外拠点(ヤマハモーター台湾)に移行されている。

その後は2008年モデル(2007年11月発売)としてF.I.化が行われたのが大きな変更点で、それ以外はイヤーモデルとしてほぼ毎年細かい改良が続けられて今日に至っている。

2011年は、ベーシックモデルのビーノ XC50が新グラフィックの「Vino」立体エンブレムの採用と、インナー色に淡いベージュ系を取り入れカジュアル&ポップ感を演出。デラックスバージョンのXC50Dでは、ヘッドライトカバーが従来のクロームメッキ処理から車体と同色の塗装仕様となった。2012年モデル(4月20日発売)は、XC50がカラー設定の変更と新グラフィックエンブレムの採用、デラックス仕様のXC50Dがニューカラー3色の採用により、継続色の2色と合わせ5色展開になった。

2013年3月には、標準モデルのビーノXC50にもデラックス仕様と共通デザインのVinoロゴグラフィックを採用、ビーノブランドを印象づける“ビトロエンブレム”も新たに追加した。ビーノXC50Dの方は5色中4色をニューカラーとしボディサイドにグラフィックを追加したカラータイプもラインナップした。

今回は、新色の追加とカラー設定の変更で2014年モデルとなっている。

ビーノ XC50は新色ライトイエローイッシュグレイソリッド4(ベージュ)と継続色のブラックメタリックX(ブラック)。
ビーノ XC50Dは新色2色と継続色4色の6色設定。新色パープリッシュレッドメタリック5(ピンク/ベージュ)。
ビーノ XC50D。新色ホワイトメタリック1(ホワイト/ブラック)

★YAMAHA プレスリリースより (2014年1月28日)

レトロポップなファッションスクーター、おしゃれな3色を追加
「ビーノ XC50」シリーズ、2014年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付1種スクーター「ビーノ XC50」シリーズに新色を設定した2014年モデルを2014年2月14日より発売します。

標準モデル「ビーノ XC50」の新色は、「ライトイエローイッシュグレイソリッド4」(ベージュ)で、アクセントカラーとしてブラウンを取り入れ、落ち着いた印象でまとめました。継続設定の「ブラックメタリックX」(ブラック)はフラッシャーカバー、ハンドルまわり、テールグリップも黒でまとめ、よりクールな印象としました。

デラックス仕様「ビーノ XC50D」の新色は、可愛いピンクが映える「パープリッシュレッドメタリック5」(ピンク/ベージュ)と、白いボディにレッドのシート・グリップ・スタンディングハンドルを調和させた「ホワイトメタリック1」(ホワイト/ブラック)です。

なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

<名称>
「ビーノ XC50」「ビーノ XC50D」
<発売日>
2014年2月14日
<メーカー希望小売価格>
「ビーノ XC50」193,200円(本体価格184,000円、消費税9,200円)
「ビーノ XC50D」198,450円(本体価格189,000円、消費税9,450円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれません。
<カラー>
「ビーノ XC50」
・ライトイエローイッシュグレイソリッド4(新色:ベージュ)
・ブラックメタリックX(ブラック)
「ビーノ XC50D」
・パープリッシュレッドメタリック5(新色:ピンク/ベージュ)
・ホワイトメタリック1(新色:ホワイト/ブラック)
・ダークグレーイッシュブルーメタリックA(ブルー/ベージュ)
・ビビッドレッドキャンディ2(レッド)
・ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)
・スターダストシルバー(シルバー)
<販売計画>
10,000台(年間/国内)
「ビーノ XC50」「ビーノ XC50D」フィーチャーマップ
・品質感あるメーターボディ
・ボディ色と調和するグリップ
・おしゃれなビトロエンブレム
☆「Vino」立体エンブレム
★「Vino」ロゴを織り込んだフロントグラフィック
・乗り心地に優れたオイルダンパー
・アルミ製軽量ホイール(前後)
・フロアマット
・鍵穴シャッターとリアホイールロックがワンタッチ可能な盗難抑止機構「G ロックシステム」
★レッドのスタンディングハンドル
・水冷オートマチックエンジン
・フューエルインジェクション採用
・燃費効率に優れた3 バルブ方式
 
☆印は「ビーノ XC50D」の新フィーチャー
★印は「ビーノ XC50D(ホワイトメタリック1)」車の専用新フィーチャー

★主要諸元

車名型式 JBH-SA37J
ビーノ XC50〈ビーノ XC50D〉
発売日 2014年2月14日
全長×全幅×全高(m) 1.675×0.645×1.005
軸距(m) 1.160
最低地上高(m) 0.095
シート高(m) 0.715
車両重量(kg) 80
乾燥重量(kg) -
乗車定員(人) 1
燃費(km/L) 66.0(30km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ) -
最小回転半径(m) -
エンジン型式 A313E
水冷4ストローク単気筒SOHC3バルブ
総排気量(cm3) 49
内径×行程(mm) 38.0×43.5
圧縮比 12.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 3.11[4.2]/8,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 3.9[0.40]/6,500
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
始動方式 セルフ・キック併用式
点火方式 T.C.I.式(フルトランジスタ)
潤滑油方式 強制圧送ウェットサンプ
潤滑油容量(L) 0.8
燃料タンク容量(L) 4.5
クラッチ形式 乾式遠心シュー
変速機形式 Vベルト無段
変速比 2.731~0.844
一次/二次減速比 1.000/13.230
キャスター(度) 24°05′
トレール(mm) 70
タイヤサイズ 90/90-10 41J
90/90-10 41J
ブレーキ形式 機械式リーディングトレーリング
機械式リーディングトレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング
フレーム形式 バックボーン