2013年8月29日 

■ヤマハがブラジル市場でエタノール混合燃料にも対応の新製品「YS150 FAZER BlueFlex」を発売

 ヤマハは、エタノール混合燃料にも対応する新開発エンジンを搭載した150ccストリートモデルの新製品、「YS150 FAZER BlueFlex(ワイエス150 フェーザーブルーフレックス)」を、2013年9月下旬よりブラジルにて販売すると発表した。

“アグレッシブ&パワフル”を開発コンセプトに、1)“エアロ&カッティングエッジ”をテーマにスピード感を表現したボディデザイン、2)エタノール混合燃料にも対応し、低燃費かつ加速性に優れた空冷150ccのFI(電子式燃料噴射)エンジン、3)荒れた路面でも快適な新設計のフレームと前後サスペンション、などを特徴としている。標準仕様と、専用のカラーリングやセンタースタンドを備えた上級仕様の2仕様を設定。車名の「BlueFlex」はヤマハがガソリンとエタノールまたはそれらを混合した燃料で走行できる機能を“BlueFlex(ブルーフレックス)”と呼んでいることから付けられたもの。

 この「YS150 FAZER BlueFlex」は、ブラジル二輪車市場(165万台、2012年/ヤマハ調べ)で最大の需要層となる150ccクラスにヤマハが初めて導入する製品で、またヤマハの新中期経営計画にある「事業規模拡大・収益力向上」を担う製品でもあり、この製品がラインナップに加わることで、2013年は同市場で前年比18%増の約19万台の販売を目指すとしている。

 生産は、Yamaha Motor da Amazonia Ltda.(ヤマハ・モトール・ダ・アマゾニア)で行い、販売はYamaha Motor do Brasil Ltda.(ヤマハ・モトール・ド・ブラジル)から。販売計画台数は74,000台(発売から1年間、ブラジル国内)。価格は、ブラジル現地化各区で標準仕様が7,390ブラジル・レアル(日本円で8月29日現在約30万8千円)、上級仕様が7,850ブラジル・レアル(同約32万7千円)。

■ヤマハ発動機