ハンター・カブならぬアングラー・カブ!? 「バイクに乗って遊びに行きたい!」無限の可能性を秘めた1台 Honda CROSS CUB Fishing Customize Concept

「釣天狗の足もカブ」という広告のキャッチコピーでも知られるように、スーパーカブはその使い勝手や優れた積載性でおよそ半世紀に渡って釣りファンの足としても根強い人気を博している。そんなカブでもっともっと釣りに行きたくなるようなアイテムが装備されたモデルが提案された。そう、間もなく発売されるというクロスカブをベースとしたカスタマイズ・コンセプト。なんかちょっとワクワクしませんか?

●問:Honda お客様相談センター TEL 0120-086819(ベースモデル「クロスカブ」に関する問い合わせ)

 3月22~24日の3日間、東京ビッグサイトで開催されたバイクの祭典「東京モーターサイクルショー」は昨年より更なる来場者数増で大いに盛り上がる。中でもホンダ・ブースはここ近年稀に見る数の市販予定車を出展、バイク・ファンのハートに火をつけた。

 一方、全く同じ日程で、パシフィコ横浜では「ジャパンフィッシングフェスティバル2013」(国際フィッシングショー)が開催されていた。こちらも日本最大級“年に一度の祭典”として多くの釣りファンによって大盛り上がり! その会場にも、1台のバイクが出展されていた。東西MCショーでも注目を集めていた「クロスカブ」(CC110)のカスタマイズ・コンセプトだ。

 クロスカブは昨年11月、東京・青山のホンダビルで開催された「第16回カフェカブミーティング」でコンセプト・モデルがワールドプレミア。3月15日~17日の大阪モーターサイクルショーからは「市販予定車」として出展され、まもなく正式発売されるであろうモデルである。

 特徴は、ベースとされるスーパーカブ110に対してロングツーリングにも適したゆったりとしたライディングポジションに改められ、シートも肉厚に。さらに、荒れた道でも力が入り易い幅広のハンドルや可倒式ステップを採用。日常の足としてはもちろん、週末は遊びにも使える、つまり日常と遊びの懸け橋、“クロスオーバーのカブ”というモデルだ。外観は車体色に鮮やかな原色が使われ、シンプルな丸型ヘッドライトを装着しているところがポイントとなっている。

 フィッシングショー会場に出展されたクロスカブは、釣り雑誌でお馴染み「つり人社」とホンダのスタッフの様々なアイデアが盛り込まれたもの。正式車名は「CROSS CUB Fishing Customize Concept」という。バイクで釣りに出かけるのに最適・快適な装備を搭載したクロスカブは、つり人社のブースで多くの来場者の目を引いていた。かつて、ハンティングに出かけるのに便利なライフルホルダーなどを装備した“ハンター・カブ”なるモデルが存在したが、このカスタマイズ・コンセプトは言わば“アングラー・カブ”といったところか?

 ショーの最終日となる3月24日の日曜日にはバイクジャーナリストのモリヒサシ氏、本田技術研究所のクロスカブ開発責任者である金塚征志氏、デザイナーの市原慶一氏を招き、トークショーも行われる。そもそもクロスカブとはいかなる可能性を秘めたバイクであるのか? お三方のハナシに、来場者はバイクを使った遊びに対してそれぞれの想いをイメージしていたに違いない。

 「Fishing Customize Concept 」のアイデア提案の中心人物となったモリ氏は自身、釣りを趣味とし、スーパーカブ90を所有。現行スーパーカブ110に乗った時「操縦安定性が格段に向上したコイツで釣りに行きたい!」と思ったのが今回のカスタマイズ・コンセプトのキッカケだったとか。

 クロスカブは市販が決定しているが、ロッドケースホルダーやリアまわりのサポート類といったアクセサリーパーツは、コンセプト・モデルということで今のところ販売は未定。もちろん、反響によっては釣具メーカーとのコラボレーションなどによってリリースされる可能性大だ。

 最近、めっきり少なくなった「レジャー・バイク」の復活とも言えるクロスカブ。1960年代、ホンダがかの有名な「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」をアメリカで展開していた頃、海を渡ったカブは釣具店などのレジャー・ショップにも並べられ、注目を集めたとか。何だか今回のカスタマイズ・コンセプトと状況が似ている。

 そしてアングラーのみならず、もっと多くの人がクロスカブで遊ぶイメージを創造することができたなら……。クロスカブは大きな可能性を秘めているようだ。

「CROSS CUB Fishing Customize Concept」は、国際フィッシングショーの釣り雑誌専門出版社・つり人社のブースに参考出品。会場内唯一と思われるバイクに、行き交う人の多くが足を止め、注目を浴びていた。 ブースには本田技術研究所 二輪R&Dセンターより、クロスカブの開発責任者である金塚征志氏(第1開発室 第1ブロック。バイクに跨っている人物)、デザイン担当の市原慶一氏(デザイン開発室 第2ブロック)も来場。市原氏は実際にアングラーでもある。 会期最終日となった3月24日の日曜日にはトークショーを実施。カスタマイズモデルのアイデア提案の中心人物となったバイクジャーナリストのモリヒサシ氏(左)、二輪R&Dセンターのお二人が来場者にクロスカブの楽しみ方を提案。

思わずバイクに乗って釣りに出かけたくなる数々のアイテムを装備
東西MCショーにもカスタマイズ・コンセプトが出展されたクロスカブだが、フィッシングショーに出展されたカスタマイズ・コンセプトはヘッドライトやスキッドプレートといったガード類は共通ながら、“釣り”という目的により特化した仕上がり。外観で最も目を引くのは車両左側のシート斜め後方に取り付けられた「ロッドケースホルダー」。釣りに欠かせない大切な道具を安全に搭載可能としているのがポイントだ。また、フロントのパイプ製アンダーガードには「ロッドホルダー」を装備。釣り現場でのちょっとした移動時に便利なアイテムとなる。リアにはバックやクーラーボックスなどを載せるため、スーパーカブ・プロのものを流用した大型キャリアを装備。両サイドのサポートにもバッグを装着でき、必要十分な積載容量を確保している。メーターケースは手元灯を装備するスーパーカブ・プロ用が装着されていた。
クロスカブは目的に合わせ、カスタマイズの夢広がる
ベースモデル「クロスカブ」(市販予定車)。 鮎仕様。 磯、堤防仕様。
海、船仕様。 バス、ルアー仕様。 カープ仕様。

※画像は積載イメージ。公道では道路運送車両法に基づいた走行を。