2019年5月31日 

■BMW C600 S他、4車種のリコール(令和元年5月28日届出)

 対象車両は型式C600S(通称名:BMW C600 S)の車台番号WB1013103CZZ45972 ~ WB1013102FZZ55445(製作期間:平成24年2月24日 ~ 平成26年12月17日)の538台、型式C650GT(通称名:BMW C650 GT)の車台番号WB1013308CZZ64742 ~ WB1013301FZZ75487(製作期間:平成24年2月24日 ~ 平成27年2月9日)の688台、型式C650GT(通称名:BMW C650 GT)の車台番号WB1013300FZD90029 ~ WB1013309FZD90532(製作期間:平成27年2月16日 ~ 平成27年4月29日)の21台、型式EBL-C65AA(通称名:BMW C650 Sport)の車台番号WB10C0406GZ549481 ~ WB10C0409HZ555728(製作期間:平成27年9月28日 ~ 平成29年2月28日)の304台、型式EBL-C65AA(通称名:BMW C650 GT)の車台番号WB10C0503GZ565068 ~ WB10C0501HZ570612(製作期間:平成27年9月3日 ~ 平成29年2月21日)の393台、型式2BL-C65AA(通称名:BMW C650 Sport)の車台番号WB10C040XHZ555754 ~ WB10C0407KZ560739(製作期間:平成29年3月2日 ~ 平成30年7月20日)の247台、型式2BL-C65AA(通称名:BMW C650 GT)の車台番号WB10C0504HZ570703 ~ WB10C050XKZ575010(製作期間:平成29年2月28日 ~ 平成30年8月22日)の291台、計4型式、計4車種、計2,482台。

 不具合の部位(部品名)は「制動装置(ブレーキホース)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「フロントブレーキホースにおいて、ブレーキホースとパイプとのかしめ部の形状が不適切なため、ブレーキホースが過大に屈折することがある。そのため、繰り返しの負荷によりブレーキホースが損傷し、最悪の場合、ブレーキオイルが漏れ、制動力が低下するおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ブレーキホースを対策品に交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:BMW カスタマー・インタラクションセンター
TEL:0120-269-437