MBHCC A-1
第67回 よろしく! 新相棒の巻
第67回 よろしく! 新相棒の巻

 
 前回書きましたように、13年間も乗っていた『HONDA CB400SF』との突然のお別れにより落ち込んでいたワタシなのですが、このままバイクのない生活を送るなんてことは考えられないので、次はどれにしようか……と、バイク屋さんの二階の中古車展示スペースに上がったところ、いきなり目に飛び込んできたヤツがいたのです。

 そいつの名は『HONDA NC700X』。車検は切れているのですが
走行距離はなんと1,316km。目立つようなキズやヘコミはまったくなくて、総額517,620円というシロモノでありました。

 実はこのバイク、以前雑誌で見て、次に乗るなら絶対コレ! とひそかに想っていたものだったんです。

 たしかホンダの自動車のエンジンに使われた技術を踏襲、改良したヤツを使っている(?)ため、ムチャクチャ燃費がよくて、軽くリッター40数キロはいくらしいし、そのためガソリンタンクも小さくて済むので、後ろのシート下にタンクを移動させ、これまでのスペースは大きな荷物入れになっています。

 詳しくは忘れたのですが、製造段階でいろいろと工夫をされたみたいで、元々の車両価格自体も抑える努力がしてあるんだそうですよ。

 舞い上がってしまい、ロクにチェックもせずにその場ですぐに契約しました。しかし、なにせ万年金欠病なので、恥ずかしながら頭金10万円で残りは36回払いのローンであります。ちなみに、CBの下取り価格はたったの1万円でした。ショック……。

 一週間後、ドキドキ、ワクワクしつつ受け取りに行ったのですが、二階で見たときはそう感じなかったのに、実際に跨ってみると意外とデカイ!! シート位置が高いんですね(CBは755mm、これは800mm)。ワタシには足着きが少しヤバイ。

 店員さんに見送られながらいざ出発。ところがいきなりのエンスト。ワタシ普段からあまりアクセルを回さない運転なので、このバイクの場合はこれまでより少し大きめに開けてあげないといけないみたいです。

 ギアはちょっと固めかな? まぁこれは好みの問題だろうけど、CBとはちょっと違う感じがします。スッスッと入らないので、慣れるまで時間がかかるかも。(まだ慣らし運転期間だからかな?) 

 しかし、なんかスポンと膝がハマる感じがして、バイクとすぐに一体感が取れてしまいました。目線もこれまでよりかなり高くなり、新鮮な気持ちで運転していきます。ハンドルの位置関係から、背筋が伸びたままの姿勢なのでかなり楽です。

 カンパチ(環状八号線)からフラリと第三京浜に乗っかり、そのままヨコヨコ(横浜横須賀道路)を走って、大好きな三浦半島までツーリングに出かけました。

 この日はかなり風が強かったのですが、やはりスクリーンが付いているためにフラつき感が少なく、安心な走りです。

 信号待ちでの足着きには多少の不安がありますが、見た目よりかはかなり軽いし、これならなんとか乗りこなすことができそうです。

 帰り道、途中のスーパーで買い物をしたのですが、やっぱこの大きな荷物入れスペースは便利ですねぇ。ちょっとした買い物ならかなり入りますもん(ちなみに5kgまで)。

 よく、これにパニアを3つ付けて走っているおじさんを見ることあるけど、あれカッコいいんだよなぁ。ワタシもそうしたいんですけど金がないので、とりあえずリアキャリア付けるしかないかな。

 このところ年間の走行距離がガタ減りで、なんか昔みたいにバイクに乗らなくなってしまっていたワタシなのですが、こうして新しい相棒に出会えたので、なんとか時間を作って、今度はどっか遠い所に行ってみようかな、と、野宿ツーリングの計画を練っているのであります。



ワタシの新しい相棒。HONDA NC700X。かっこいいよなあ〜♫ あこがれだったのです。 トコトコトコ……という、軽いエンジン音。車体は軽くて、ホントに乗りやすいのよ。


ワタシのヘルメットは入んないんだけど、この荷物入れはムチャクチャ便利!! すぐ取り出せるしね。 1リットルで40数kmも走るらしい燃費の良さ!! 今、ガソリンも高くなっているし助かります。


デジタル画面も大きくて見やすいぞ。 小さいけれどスクリーンが付いているから強風の中でもほとんどフラつくことがないのだ。


ワタシの手作りお魚キーホルダー。急いで作ったので仕上がりが雑ですが……(笑)。 今日の富士山……以上。


前方の岬は「黒崎の鼻」。よく2時間ドラマの撮影に使われるそうだよ。 半日、ボケーッとタダ海を見つめて過ごしました。やっぱりいいよね三浦半島は。

[|第66回|]
[バイク好いとっちゃんへ]
[へ]