2019年3月29日 

■BRPジャパンが3輪スポーツヴィークル「Can-Am Ryker」を発売開始

ph.jpg

 ユニークな3輪スポーツヴィークル「Spyder」でおなじみBRPジャパンがこのほど、報道陣向けに発表会を開催し、新製品の国内発売を開始すると発表した。
 その新製品とは、新型の3輪スポーツヴィークル「Can-Am Ryker」と呼ばれるモデルで、BRPでは“3輪モーターサイクル”と呼んでいるが、足をつかずに止まっていられること、基本的に転倒しないこと、そして普通自動車免許で乗れること、などを考えれば“3輪スポーツヴィークル”と呼ぶ方が分かりやすいのでは。

 それはともかく、この新ラインアップは、これまでの3輪モデルの「Spyder」が主に大人、それもバイクのライディング経験があり、または一時卒業していたというようなユーザー層を中心として人気を呼んでいたのに対して、「Ryker」では若年層で、バイクの経験は無くても、新しい乗り物として興味を持ってくれるというようなユーザー層をターゲットとしているという。そしてうれしいことに価格も1,359,000円(600モデル)と、最近のバイクの価格帯を考えると若者にも手の出るかなりリーズナブルな設定といえることにも注目だろう。ちなみに900モデルもあり、こちらは1,599,000円、さらにオフロード走行が可能な“Rally Edition”、1,764,000円もラインアップ。

BRPジャパンの代表取締役大貫陽介さんがプレゼンテーション。 BRP本社からシニアバイスプレジデントのジョゼー・ペローさんもプレゼンテーションに来日。

 メカニズム的には、ロータックス製の水冷並列2気筒、600ccエンジンか並列3気筒、900ccモデルが選択可能でCVTによるオートマチックミッションと組み合わされているのでギアチェンジも不要だ。足回りはフロント、リアともにSACHS+複筒式コイルオーバーショック、フロントはさらにプリロード調整付きだ。全長×全幅×全高は、2,352×1,509×1,062mm、車重は600が270kg、900が280kg。20リットルの燃料タンクを搭載している。
 また、若年層をターゲットにするというだけあって、75,000通り以上のカスタマイズが可能で、自分だけのオリジナル「Ryker」に仕立て上げられるというのも訴求ポイントという。

デザインを担当したクリストファー・ルードウォールさん。BRP本社のデザイン&イノベーションディレクターだ。 アグレッシブインラインスケートのワールドチャンピオン安床武士さんと、DJでありシンガーでありモデルとしても活躍するマドモアゼル・ユリアさんによるトークショーも行われた。

ちなみにPsP-Traumlandー・バイクでは、青木タカオさんに一足早くカリフォルニアで試乗をしてもらっているので、詳しくはこちら『Can-Am RYKER 走りがエキサイティングで可能性無限大! 遊べるスリーホイーラー、間もなく日本上陸!!』で。

■BRPジャパン TEL03-6718-4701