2019年3月4日 

■バイク王が初となる新車販売を開始

 “バイクライフの生涯パートナー”をビジョンに掲げるバイク王&カンパニーは、イタリアのスクーター・ブランドである「ランブレッタ(Lambretta)」の輸入元であるサイン・ハウスと新車販売に関する契約を締結。正規ディーラー店として3月8日(金)よりランブレッタの販売を開始する。バイク王が新車を取り扱うのは初めてのこと。


ランブレッタ 実車展示販売店舗(全国20店)。上記以外の店舗でも購入相談や手続きが可能。
※クリックすると大きく見ることができます

 1947年に最初のスクーターを発表したランブレッタは1970年代にイタリア労働争議に巻き込まれたことで工場を閉鎖。近年まで不法のコピーモデルが出回っていたが、2017年に創業家のイノチェンティ社がランブレッタ社を設立。日本では2018年にサイン・ハウスが総輸入元となり、新車の販売が開始された。

 全国展開するバイク王の中でもランブレッタの実車販売店舗は全国20店。V50 Special(税込希望小売価格38万円)、V125 Special(同40万円)、V200 Special(45万円)を取り扱う。