TRICITY 125/125 ABS 415,800円/453,600円(3月20日発売)

★ヤマハ TRICITY 125 /125 ABS 車両解説

“BLUE COE”エンジン搭載のTRICITY 125がカラーチェンジ

2013年の東京モーターショーでジャパンプレミアされ、大きな関心を集めた125ccオートマチックコミューター「トリシティ MW125」。翌2014年4月からは、実際にタイ市場で市販が開始され「ショーのためのコンセプトモデルではなかったのか!」と驚かれた方も多かったのでは。そのトリシティ MW125の国内での発売開始がアナウンスされたのは、7月1日。常に新しい波を発信している街、東京は秋葉原で行われた発表会場でだった。

実際の発売開始日時は、9月10日からで、その時点での販売価格は356,400円。本体価格で33万円のプライスは、話題性、メカニズム、そして所有する満足度などからすると、かなりのお買い得なプライス設定だった。

トリシティ MW125の最大の特徴といえるヤマハ独自の「LMW」(Leaning Multi Wheel)メカニズムは、旋回時にフロント二輪を車体と同調させて傾斜(Leaning)させるもので、軽快でスポーティなバイクのハンドリングに、「より安心感を与える」メカニズムと説明されていた。フロントのロアーフォークブリッジ近くに配置されたハンガー状のアームがリーン機能を実現する2本の“パラレログラムリンク”と呼ばれるもの。そして左右のフロントホイールは、それぞれ片持ち式のテレスコピックサスで独立して懸架される(フォークは片側2本ずつの計4本)。これらのメカニズムにより、リーンを実現する機能と、サスペンションの機能をそれぞれ独立させ、スムーズな動作と現実的なバンク角、ハンドル切れ角を確保している。

2015年4月には、ABSを標準装備したタイプを追加ラインアップ。2015年12月には、発売から1年経過ということで気分一新、“エレガント&スマート”をキーワードとした「マットブルーメタリック3(マットブルー)」の新色を追加している。

また2016年3月には、トリシティ 125/トリシティ 125 ABSに、新たにトップケースとナックルバイザー等を標準装着し実用性と利便性を高めたトリシティ 125“快適セレクション”をリリース。LMW(Leaning Multi Wheel)の更なる普及を目指してユーザーの実用性と利便性を高めた新たな選択肢を追加した、とされていた。

2017年1月には、トリシティの利便性をさらに高めるため、余裕の走りを裏付ける155㏄エンジンを搭載した“軽二輪”バージョンが発売されている。この“軽二輪”バージョンのトリシティ 155 ABSに搭載されたのは「VVA」(Variable Valve Actuation:可変バルブシステム)を採用した新型“BLUE CORE”エンジンで、155㏄から11kW(15PS)/8,000rpmの最高出力と、14N・m(1.4kgf・m)/6,000rpmの最大トルクを発生。またフレームもこの“ハイパワー・エンジン”を搭載するにあたって再設計され、剛性バランスの向上や足元スペースの拡大などが行われていた。

そしてこちら“原付二種”版のトリシティ 125も翌2018年1月には初のモデルチェンジが行われ、可変バルブ機構(VVA)を採用した124cm3版“BLUE CORE”エンジンの搭載をはじめ、足元スペースを拡張した新型フレーム、足付き性を改善したシート、そして安全性の向上と高級感を備えたLEDヘッドライトの採用などにより2018年モデルとして登場している。

今回発売される2019年モデルでは、カラーリングの変更のみで、これまで異なっていたトリシティ 125と、トリシティ 125 ABSのカラーが共通の設定となった。新しいカラーは新色「マットペールブルーメタリック2」が登場、「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」の継続2色と合わせで計3色をラインアップ。

TRICITY125。新色「マットペールブルーメタリック」。
TRICITY125。継続色「マットグレーメタリック3」。
TRICITY125。「ホワイトメタリック6」。

★ヤマハ発動機販売 ニュースリリースより (2019年2月28日)

“軽快感と上質感を強調する新色“マットペールブルー”を追加
「TRICITY 125/ABS」のカラーリングを変更

ヤマハ発動機株式会社は、124cm3“BLUE CORE”※1 エンジンを搭載するフロント二輪のLMW※2 モデル「TRICITY(トリシティ)125」およびABS装備の「TRICITY 125 ABS」のカラーリングを変更し、2019年3月20日より発売します。

 新色は上質感のある「マットペールブルーメタリック2」で、LMWの魅力であるフロント二輪の軽快さを表現しています。なお、「TRICITY 125」および「TRICITY 125 ABS」のカラーリングは共通となり、ラインナップは新色に加え、従来の「TRICITY 125」で採用していた「ホワイトメタリック6」「マットグレーメタリック3」の3色展開となります。

生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行います。

※1 ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「TRICITY 125/ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

※2 LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称。商標登録第5646157号。
 

<名称>
「TRICITY125」 415,800円(体価格385,000円/消費税30,800円)
・マットペールブルーメタリック2(マットペールブルー/新色)
・マットグレーメタリック3(マットグレー)
・ホワイトメタリック6(ホワイト)
 
「TRICITY125 ABS」 453,600円(体価格420,000円/消費税33,600円)
・マットペールブルーメタリック2(マットペールブルー/新色)
・マットグレーメタリック3(マットグレー)
・ホワイトメタリック6(ホワイト)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
 
<発売日>
2019年3月20日
 
<販売計画>
1,500台(シリーズ合計/年間、国内)