2019年2月25日 

■ドゥカティ・パニガーレV4、V4S 、V4 スペチャーレのリコール(平成31年2月22日届出)

 対象車両は型式2BL-DA00J(通称名:パニガーレ V4)の車台番号ZDMDA00AAJB01055~ZDMDA00AAKB006775(輸入期間:平成 30 年 3 月 17 日~平成 30 年 12 月 13 日)の99台、型式2BL-DA00J(通称名:パニガーレ V4S)の車台番号ZDMDA00AAJB000882~ZDMDA00AAKB007018(輸入期間:平成 30 年 1 月 25 日~平成 30 年 12 月 27 日)の243台、型式2BL-DA00J(通称名:パニガーレ V4 スペチャーレ)の車台番号ZDMDA02AAJB002032~ZDMDA02AAKB006930(輸入期間:平成 30 年 5 月 15 日~平成 30 年 12 月 16 日)の57台、計1型式、計3車種、計399台。

 不具合の部位(部品名)は「原動機(カムチェーンテンショナー)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「シリンダーブロックに取り付けられているカムチェーンテンショナーの締め付けトルクの設定が低いため、走行振動等により当該テンショナーが緩むことがある。そのため、シリンダーブロック内のエンジンオイルが漏れるおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、カムチェーンテンショナーを適切なトルクで締め直す」という。

 改善箇所説明図は

問:ドゥカティジャパンお客様相談窓口
TEL:0120-030-292