昭和と平成を駆け抜けた カワサキを感じろっ! 2019年2月5日から17日まで『カワサキモーターサイクルフェア2019 RE:WIND』開催中!
■取材・撮影:西田 格
●取材協力:カワサキモータースジャパン

 2019年2月5日から17日までの期間、『カワサキモーターサイクルフェア2019 RE:WIND』が神戸海洋博物館大ホールで開催されている。バイクファンにはカワサキワールドって言ったほうが話が早いかも……。今回は、発表されたばかりで話題沸騰中の“W”をフィーチャー。長い歴史を持つ“Wブランド”を継承するW800 STREET/W800 CAFEをメインに、カワサキモーターサイクルの歴史を時代背景を絡めて展示。
 新旧のWシリーズはもちろん、メグロから始まるカワサキスポーツモデルのヒストリーを時代の流れを追うように展示され、最新のモデルまでがずらっと見ることができるまたとないチャンスだ。
 車両は、その時代ごとに誰しもが街角で一度は目にした事があり見覚えのあるものをセレクト。メグロに乗っていた祖父世代から、現代のカワサキのバイクに乗っている孫世代まで三世代でも楽しめる展示内容だ。
 会場入口付近には参考出展として最新モデルのZ250やNinjaZX-6R、アドベンチャーモデルのVERSYS1000SEが並べられている。そして大好評の触れ合って跨れる車両としてW800 CAFEとZ900RS CAFEが用意され、来場したファミリーやカワサキファンが喜んでいた。
 今年も展示の目玉として、去年の開催で好評だった新旧モデルのエキゾーストノートが聞けるシステムがメインステージに設置されている。W1の爆音とも言える迫力のあるサウンドに酔いしれつつ、新型W800 STREETのサウンドは、音量はさすがにかつてのW1には及ばないもののよくぞここまで再現してくれたと感動すること間違いなし。
 イベント最終日の2月17日(日)には、バイクメディアなどで活躍中のちぱるさんとカワサキ開発者とのトークイベントを開催。ここだけの話も聞けるかもしれない。午前・午後と二回の開催でトークイベント終了時にサイン会も開催されるので要チェックだ。
「もう一度、歴史車両とともに当時の思い出に触れ、そしてまた新たな風を感じてください」という想いを、昭和と平成を駆け抜けたバイクとともに感じて欲しい。



昭和と平成を駆け抜けたカワサキスポーツモデルのヒストリーが分かる。展示車両は●Kawasaki 500 Megro K2●Kawasaki 250 Megro SG●500-SS(500 MACH Ⅲ)●650 W1●COMMANDER(650 W2TT)●650RS(W3)●900 super4(Z1)●750TURBO●GPz900R(NINJA)●W650●ESTRELLA●BALIUS●Ninja H2●Z900RS●Z900RS CAFE(跨り可能)●W800 STREET●W800 CAFE(跨り可能)●Z250●Ninja ZX-6R●VERSYS 1000SE などだ。


会場には海外からのコアなカワサキファンも来場していて、じっくりとカワサキヒストリーを堪能していた様子だった。 触って跨れるコーナーは、カワサキファンだけでなく来場したファミリーにも人気。


来館するたびに気になるフロアマット、非売品なのが惜しまれていた。 触って跨れるコーナーに展示されていたW800 CAFE。会場内のカワサキストーリー展示のCAFEとは異なっていたのだ。その違いに気付いた人はかなりのマニア──なんと輸出モデル。


メインステージに設置された新旧Wシリーズのエキゾーストノートが再生されるシステム。W1の迫力あるサウンドには圧倒されること間違いなし。

毎年恒例の会場は神戸ポートタワーの隣、、神戸海洋博物館内の大ホール。10〜17時 入場料は大人600円(神戸海洋博物館、カワサキワールドへも入場可)詳細はで。

[2018年カワサキモーターサイクルZフェアへ]