MT-07 ABS 777,600円(3月1日発売)

★ヤマハ MT-07 ABS 車両解説

「スポーツパッション&スマート」バイク、MT-07 ABSに2019年カラーが登場

2014年4月、“MT”の名称が冠せられたニューモデル“MT-09”が発売された。新世代の“MT”は水冷3気筒、846cm3、DOHC4バルブ、F.I.エンジンを搭載する「ネイキッドとスーパーモタードの異種交配造形による個性的なデザインを持つ」マシンだった。しかもそのエンジンは、MotoGPマシン“YZR-M1”のヒューマンフレンドリーなハイテク技術、クロスプレーン・コンセプトにも基づいて開発されていた。

そして、2014年8月、MT-09の弟分といえるMT-07シリーズが発売された。3気筒、846cm3のMT-09に対して、MT-07は、689cm3の排気量を持つ水冷直列2気筒エンジンを搭載する“スポーツパッション&スマート”をコンセプトとしたモデルだった。2気筒と3気筒という違いはあるが、クロスプレーン・コンセプトの設計思想により開発されたエンジンなど、MT-09との共通項は多い。日常の使用領域でパワフルながら扱いやすいエンジンを、軽量、コンパクトでスタイリッシュな車体に搭載する、というモデルだった。

2015年3月には初のマイナーチェンジが行われ、MT-07シリーズの中でもアップグレードモデルといえるABSを標準装備するMT-07 ABSに新色が設定された。ヤマハのレーシングスピリットを象徴する「レースブルー」をカラーリングに織り込んだモデルで、マットシルバーの車体をベースに、ホイールとフレームにレースブルーをアクセントとして採用していた。

翌2016年6月には、2016年モデルが登場。MT-07とMT-07 ABSに共通の新色「ディープレッドメタリックK(レッド)」が設定され、MT-07Aではさらにタンクにグラフィックが与えられた「マットシルバー1(マットシルバー)」もラインナップされた。「ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)」と「マットグレーメタリック3(マットグレー)」の2色は継続設定となった。

2017年2月には、カラーリングが変更されて2017年モデルとなった。MT-07では「ブルーイッシュホワイトパール1」と「マットダークグレーメタリック6」2色の新色を採用。MT-07 ABSでは「ブルーイッシュグレーソリッド4」と「ディープパープリッシュブルーメタリックC」の2色の新色を採用するとともに、さらに「ブルーイッシュグレーソリッド4」では「アシッドイエロー」という目を惹く黄色のホイールカラーも採用された。

2018年4月の2018年モデル登場にあたっては、カラー設定の変更だけではなく、「よりMTシリーズらしい進化”をコンセプトに各部の見直しが行われている。具体的には、前後サスのバネ定数と減衰力のバランスを図り、ライダーの操作に対してよりリニアに反応するセッティングとしたこと、シート設計を見直し、ライディングポジションの自由度を高めるとともに、長時間の乗車でも疲労を低減、そして吸排気の流れや“塊感”を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングとしたこと、の3点があげられる。

今回、MT-07 ABSの2019年モデルの発売にあたっては、新色の採用のみで「マットライトグレーメタリック 4」と継続色の「ディープパープリッシュブルーメタリック C」「マットダークグレーメタリック 6」と合わせて3色のカラーラインアップとなった。
 

MT-07 ABS。新色「マットライトグレーメタリック 4」。
MT-07 ABS。

 

★YAMAHA ニュースリリースより (2019年2月7日)

鮮やかなバーミリオンをホイールに配し、アグレッシブさを強調
「MT-07 ABS」2019年カラーを発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・直列2気筒DOHC・688cm3・270度クランクエンジンを搭載するスポーツバイク「MT-07 ABS」の2019年カラーを3月1日より発売します。

「MT-07 ABS」は“スポーツパッション&スマート”をコンセプトに開発。走りの楽しさと市街地で映えるファッショナブルなデザイン、優れたコストパフォーマンスを兼ね備え、「普段着感覚で楽しめる運転の楽しさ」や「バイクのある豊かな生活」を提唱するモデルとして支持されています。

2019年の新色は、ベースカラーに上質さを感じさせる「マットライトグレーメタリック4」を採用。さらにアクセントとしてホイールに鮮やかなバーミリオン(朱色)を配し、アグレッシブさを強調しています。

また、従来カラー「ディープパープリッシュブルーメタリックC」と「マットダークグレーメタリック6」は継続して販売します。

 

<名称>
「MT-07 ABS」
 
<発売日>
2019年3月1日
 
<メーカー希望小売価格>
「MT-07 ABS」 777,600円(本体価格720,000円/消費税57,600円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。
 
<販売計画>
1,000台(シリーズ合計 年間、国内)
 
<カラーリング>
・マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー/新色)
・ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/継続色)
・マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー/継続色)