2018年12月20日 

■HondaJetが日本での型式証明を取得、引き渡しを開始

 Hondaの航空機事業子会社であるホンダエアクラフトカンパニー(Honda Aircraft Company以下、HACI)は、12月7日に国土交通省航空局から「HondaJet Elite」の型式証明を取得し、12月20日、日本における初号機の引き渡しを行った。また、これを記念して羽田空港内にて式典を開催。国土交通省の蝦名邦晴空局長、HACIの藤野道格社長、日本のディーラーである「HondaJet Japan」(日本での販売は、丸紅エアロスペースをHondaJet Japanに指定し、販売・整備・機体の運用サポートなどの各種サービスを提供する)の遠矢源太郎チーフエグゼクティブらが出席する中、華々しく引き渡しのセレモニーが行われた。

 式典では、蝦名航空局長から藤野HACI社長に型式証明書が授与されたあと、この式典まで公表されていなかった注目の日本での最初の顧客が紹介された。注目のオーナーは、千葉功太郎さんというドローンのクラウドファンディングなどを行っている方で、最新型のHondaJet Eliteのキーが引き渡された。

 ちなみに千葉さん個人で購入というわけではなく、ともに「個人が点から点へ空の最短移動ができる未来社会のインフラ」を目指して活動している堀江貴文さん、山岸広太郎さん他も共同所有者となる予定という。

 HACIは、HondaJet Japanを通じ、2018年6月よりHondaJet Eliteの日本での受注を開始しており、現在までに10機を超えるオーダーを獲得しているという。

 主翼の上面にエンジンを配置したり、自然層流翼型、一体成型複合材胴体などHonda独自開発技術により、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性および室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機として世界中の注目を集めているHondaJet。現在、北米、欧州、中南米、東南アジア、中国、中東、インド、そして日本で販売されている。

HondaJetの日本国内ユーザー第一号は千葉功太郎さん。 HondaJet Eliteの前でファーストデリバリーセレモニー。

「HondaJetを日本の空で飛ばすことは、我々の悲願でした。Hondaの航空機事業における大きなマイルストーンを達成できて、大変うれしく思います。日本においてもより多くの方にHondaJet Eliteをご利用いただいて、皆様の生活の可能性を拡げていきたいと思います。そして、日本におけるビジネスジェットの普及、さらには新しい交通システムの創造を目指していきたいと思います」(HACI社長 藤野道格さんのコメント)。

「Hondaは世界に誇れる空のパーソナルモビリティーを送り出してきました。この素晴らしいHondaJetを生み出したHACI藤野社長をはじめ、開発チームに御礼申し上げます。私も数回、実際に乗りましたが、その静音性、力強さ、なめらかさ、安全性、安定性、そして何よりも機体の美しさは抜群です。小型ジェット機が普及すると、日本全体が一つの都市圏になり、新しい経済活動が加速します。12月20日は、日本における『空の移動革命 Day1』になると強く確信します」(千葉功太郎さんのコメント)。

「HondaJet Japanとして、最初の引き渡しができたこと、大変うれしく思います。我々HondaJet JapanではHACIと共に、最高品質の製品とアフターサポート等をお客様に提供させて頂くことに注力する決意です。また周辺事業にも取り組み、HondaJet Eliteの利便性を十分発揮できる環境を整え、より多くの皆様に最高の経験をして頂けるよう邁進してまいりたく思います」(遠矢源太郎さんのコメント)

【ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC)概要】
設立:2006 年8 月
出資形態:American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
代表者:社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
所在地:米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市