2018年9月13日 

■KYMCOがレーシングS125を熟成させ4kgの軽量化とカラー変更を行い発売

 キムコジャパンは、チューブハイドロフォーミング製法によるフレームや力強い出力特性のバトルアックスエンジンを採用しスポーツ性を追求した125ccスクーター“レーシングS125”の各部を熟成させ、4kgの軽量化を図るとともにカラーラインナップを変更し、9月14日(金)から発売すると発表した。

 新型レーシングS125は、フレーム剛性の最適化や、肉抜き加工、ステムブラケットの材質変更、タンデムステップブラケットの材質変更など多岐にわたる改良を行い、従来モデルから4kgの軽量化を達成したという。この軽量化により、軽快なハンドリング性能と加速性能の向上、運動性能を高めることにも寄与している。

 新たなカラーラインナップは、先進的な印象の「マットシルバーメタリック」、シックでスポーティーな印象の「マットブラック」を採用し、全4色の設定としている。

レーシングS125。カラーラインナップは新たに「マットシルバー」、「マットブラック」を採用。全4色を設定。 レーシングS125。こちら「マットブラック」。他に「ルビーレッド」、「マットホワイト」をラインナップ。

 2018年9月14日発売。希望小売価格は、299,160円。

■キムコジャパン 03-6404-6102