KYMCO AK550 JAIA輸入二輪車試乗会

 
スポーツスクーターというと、先駆けとして登場し進化してきたヤマハのTMAXが有名で、欧州市場を中心に高いブランド力を保ってきた。初代を初めて乗ったときはスクーターらしからぬ走りの性能に驚いたものである。ずっとあたまひとつ飛び抜けた唯一無二の存在だと思ってきた、このキムコのAK550に乗るまでは。

■試乗・文:濱矢文夫 ■撮影:依田 麗
■キムコジャパン 

 キムコの創立50周年記念モデルとして登場したこの機種は、前後15インチのホイール径、タイヤサイズ、アルミフレーム、直列2気筒のエンジンの排気量など、TMAXをまったく意識しなかったとは言わせないほど近いものになっている。乗り出してすぐに、これは驚くべき走りを持ったスクーターだと理解できた。───もっと具体的に説明してよ、と怒られそうだから、その感想になった理由を可能な限り直球で説明する。
 

ph.jpg
ライダーの身長は170cm。

 
クロスプレーンの2気筒エンジンはスクーターらしからぬパワフルさと扱いやすさ。

 水冷DOHC4バルブ550.4ccのエンジンは、スペース効率を考えたスクーターらしく、2つ並んだシリンダーが水平とまではいかないが、水平近くまで前傾したレイアウト。クランクは270°でいわゆるクロスプレーンタイプで、最大出力は39.3kw(53.5ps)/7,500 rpmで、最大トルクは55.64Nm/5,500 rpmというスペック。排気量がちょっと大きいとはいえ、スクーターながら現在の400ccロードスポーツモデルを上回っている。スロットルを開けると発進からドンと強く押し出すのとは違い、フルパワーモードでも動き出しは穏やかで低速走行も楽だ(レインモードもある)。そう思いつつスロットルをワイドに開けていると、回転数上昇と共にぐんぐん加速が伸びていくのが気持ちいい。いやはや、なかなかの速さである。
 

ph.jpg

エンジンパワーを受け止めるシャシーと足周り。

 何がすごいのかというと、このエンジン性能を受け止める車体と足周りの剛性と、性能によるところ。速度を上げてからの急減速でも、アルミフレームと足周りがしっかりしている。急制動ではブレンボ製ラジアルマウントキャリパーとφ270mmディスクの効きの良さだけでなく、通常のスクーターと違いアンダーブラケットまでで止まっておらず、TMAXと同じくトップブリッジまで貫通したフロントフォーク、アルミフレームと組み合わされた塊感のあるかっちりとしたフィーリング。これはコーナーリングや高速走行でも同じ。

 リアサスペンションはリンク式ではないカンチレバー的なものの、よく動いて路面の追従性はなかなか。一般的なユニットスイングではなくエンジンとCVTが一体でフレームにマウントされ、オートバイ的なスイングアームが設けられて、CVTとは別のプーリーとベルトによる二次減速比がある駆動系となっている。それによりバネ下重量が軽いというのもショックアブソーバーの仕事を助けているのだろう。そしてスイングアームのピボットとドライブプーリーが同軸なのもあって、スロットルオン、オフ時にリアサスペンションの動きが小さい。これが加減速時のフラットな乗車感につながっている。スロットルをいきなりワイドオープンしてもスーっと滑るように速く進む感じ。クルージングしているときの動きや乗車感は上質で快適。

スポーツライディングではライバルをしのぐ場面も。

 前後の重量バランスは前が49.13%、後ろが50.87%と50:50に近いもので、ライダーが乗車する位置も中央から少し後ろ。試乗場所にあったパイロンを使ったミニコースのタイトコーナーに思いっきり飛び込んでみても、車体サイズを感じさせないほど動きが軽く、コーナーリングのGにへこたれることなく安定した動きで、素早く旋回できる。コーナーリングが楽しい。この運動能力と速さは、ライバルであるTMAX530と同等、いや部分的には上回っていると言える走りには正直驚いた。ハンドルも切れ角は申し分なくUターンで困ることはない。

走りだけでなくスクーターとしての便利機能も充実。

 これで、シート下トランクスペースや高さが変えられるウインドスクリーン、左右グローブボックス内のUSB充電ポート。防眩ミラーに「Noodoe」と呼ぶスマートフォンとの連携した表示が可能な液晶画面と豊富な装備もそつなく全方向で手を抜いていない。世界で一番有名なスポーツスクーターを上回ってやろうと作り込んだことが、運転しながらひしひしと伝わってきた。欧州市場や台湾市場で記録的な売れ行きでヒットしているということに納得。
 
(試乗・文:濱矢文夫)
 

IMG_0270.jpg
スマートフォンと連携して中央の液晶画面に情報を表示する「Noodoe」を標準装備している。専用クラウドからの好みのスピードメーター、天気、コンパス、時計といった機能的なものにとどまらず、スマートフォンに届いたSNS通知、メッセージ、不在着信、なども表示(メッセージや通知などは車両が停止している時のみ閲覧できる)。便利なスマートキーシステムを採用。 AK550のすべてのコンポーネントは、最小限の重量で最大の強度を達成するように設計され、軽量アルミフレームはハイレベルなスポーツ走行に必要な剛性を持っているという。軽量ラジアルタイヤと中空低圧ダイキャストアルミホイールでバネ下重量をさらに減少。 AK550は“3段階減速システム”を採用。エンジンとトランスミッションをフレームマウントとすることで、バネ下重量を軽減し、後輪の路面追従性を向上させている。
ph.jpg
■KYMCO AK550 主要諸元
●全長×全幅×全高:2,165×795×1,400mm、ホイールベース:1,580mm、シート高:785mm、●エンジン:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ、270度クロスプレーン、総排気量:550.4cc、最高出力:39.3kW(53.5HP)/7,500rpm、最大トルク:55.64Nm/5,500rpm●フレーム:アルミニウム、フロントサス:φ41㎜倒立式、リアサス:ホリゾンタルトレーリングアーム、フロントタイヤ:120/70-15、リアタイヤ:160/60-15、フロントブレーキ:φ270mmダブルフローティングディスク、リアブレーキ:φ260mmシングルディスク、車両重量:226kg、燃料タンク容量:15リットル。
●メーカー希望小売価格:1,274,400円(税込)

■キムコジャパン