2018年8月20日 

■アキバで交通安全意識の啓発、 バイクの魅力をアピール! 「バイクの日」スマイル・オン2018 開催

 一般の人々に広く交通安全の知識を普及啓発すること、バイクの社会的意義とその魅力を感じてもらうことを目的として1989年に制定された「バイクの日」、その啓発イベント「バイクの日 スマイル・オン2018」が今年も8月19日(ばいく)に快晴の下、東京秋葉原の歩行者天国に面する「ベルサール秋葉原」において開催された。

 今年は啓発イベント「スマイル・オン2018」主催者の「一般社団法人日本自動車工業会、一般社団法人日本二輪車普及安全協会」から日本自動車工業会会長豊田章男(トヨタ自動車株式会社代表取締役社長)が出席し、開会宣言が行われた。本年5月に日本自動車工業会会長に選任されその人柄、積極的姿勢は開会宣言にも反映されていた。「好きな時に好きな所に行き、自然と触れ合い、運転を楽しみ、仲間と交流する。そして安全運転でルールやマナーを守って自宅に帰るまでがドライブの楽しみ」と来場者に呼びかけ、この10月には東京「台場」にてバイクと車のイベント「東京モーターフェス」も開催する意向を発表し、二輪車、四輪車の隔てなく普及を目指す所信を表明した挨拶だった。

 会場内には国内四社の二輪メーカーがそれぞれのフラッグシップモデルや人気モデルを展示して、一部モデルでは跨って記念写真が撮れるサービスで来場者の興味を引いていた。また、警視庁では安全のための啓蒙としてヘルメットに準ずる安全装備として、ライダー用の胸部プロテクターの展示を行いその有用性をピーアールしていた。

 その他にもスペシャルゲスト中野真矢氏が登壇し、豊田章男会長、グッさんこと山口智充氏を交えてのトークショー。壇蜜さんと下川原利紗さん、古澤 恵さん、桐生美希さんのガールズトークセッション。警視庁のマスコットキャラクターの「ピーポ君」による交通安全クイズ。中野真矢氏とのモトGPゲーム対決など盛り沢山のステージイベントが行われ大盛況だった。

(レポート&撮影:泉田陸男)

豊田章男会長を交えての会場ステージ上トークショーは、豊田会長をライダー仲間にすべく中野氏、グッさん達によるライダー勧誘攻撃で盛り上がった。 警視庁のマスコットキャラクター「ピーポ君」と女性隊員による交通安全クイズ大会では、二輪車にとっての安全対策などを理解しやすいように解説されていた。
後半のステージショーではタレントの壇蜜さんがゲストで登壇。バイク女子会の3人と共に女性ライダー目線のバイク談義が展開され、壇蜜さんのツナギフェチが明らかに。 最後のステージイベントでは、元モトGPライダーの中野真矢氏とバイクゲーム・モトGP18(ツインリンクもてぎ)でのラップタイム対決が行われ、中野氏が会場からの参加者に敗れるという大波乱。
会場の「ベルサール秋葉原」にはプレス関係者やイベント目的のライダー、歩行者天国からの一般来場者を含め場内を埋め尽くしても足りない程の来場者が観覧した。 会場の一角にはステージイベントで中野氏がバトルを繰り広げたバイクゲーム「モトGP18」の体験コーナーが設けられ、大人も子供も熱い戦いを繰り広げていた。
会場入り口に展示された警視庁の白バイには秋葉原の歩行者天国からライダーばかりでなく、家族連れが集まり普段は触れない白バイにまたがり記念撮影に興じていた。 ライダーみんなが日頃心がけているグッドマナーを宣言し、全国に共有していこうという活動、Japan Riders グッドマナー宣言のブースも会場内にあり、バイクライフの安全と充実を呼びかけていた。
警視庁の広報ブースでは、二輪車の安全を普及させる為にヘルメットに準ずる安全装備として胸部プロテクターの重要性を紹介、実物を展示していた。 会場周囲には国内4メーカーにより自由に跨ったり触ったりできる最新モデルが展示され、来場者や歩行者天国から立ち寄った人々がお気に入りのマシンと記念撮影をしていた。