2000台、2500名が集結! 第10回 隼駅まつり

隼ライダーが聖地を目指す真夏の恒例イベント『隼駅まつり』が記念すべき第10回を迎えて8月5日、鳥取県八頭町の若桜鉄道・隼駅にほど近い船岡竹林公園で開催された。参加台数は昨年の1600台からさらに激増してとうとう2000台に到達。「隼・愛」にあふれた灼熱のビッグイベントだ。

■レポート・写真:高橋絵里
■協力:SUZUKI 

 この夏を象徴する猛暑日、朝早くからぐんぐん気温が上がる中、今年も山の間、田んぼの間を駆け抜けて、日本全国各地のナンバーをつけた隼が、聖地へと集結した。多くのライダーが、『隼駅詣で』とばかりに駅舎前で記念撮影をしてから会場入りする。最初の駐輪スペースはすぐ隅々まで隼で埋め尽くされたが、今年は第10回記念だけに予備の駐輪スペースもたっぷり用意され、スタッフ陣の誘導ぶりもみごとだ。受付前では炎天下のライダー達に向けてミスト扇風機が始動し、ロックアイスや冷凍西条柿、クールおしぼりなどが配られる中、物販ブース前には数量限定販売の記念グッズを逃すまいとライダー達の長い列が伸びてゆき、またたく間に会場は活気に満ちた。夏休みツーリングをセットにしてきた遠方からのライダー、第10回記念に初参加のライダーも多く、とにかく誰もが隼のあまりの多さにただただ驚いて、圧倒されている様子。隼とライダーを応援する地元企業や鳥取グルメの飲食ブースも並んで、盛大に始まった第10回隼駅まつりは、ライダーもゲストも地元の皆さんも一体に、大交流まつりとなった。

まつりは楽しまなくちゃ!
リアルなプレデターのマスクはヘルメットになっている逸品。和装ライダーはハカマの裾を細く絞ってのライド。白鳥の湖はチュチュも忘れず恥ずかしがらす、みなこの姿のまま走ってきて、会場でも大人気。
豪華ゲスト、秘話炸裂!


レジェンド北川圭一氏とヨシムラスズキMOTULのエースライダー津田拓也氏のライダートークショー。
鈴鹿8耐や全日本ロードレース、MotoGPマシンテストなどにまつわる、普段はなかなか聞けない本音のレース談義。さらに隼オーナーの北川氏とVストロームオーナーの津田氏が公道でのライディングアドバイスも伝授するなど、有意義過ぎる内容に皆集中して聞き入っていた。
地元の皆さんによる歓迎ステージ






隼ライダーをイメージして『疾風』のタイトルで始まるエールを書き上げた八頭高校女子の書道パフォーマンス。今どきの動きを笑顔で見せてくれた鳥取大学ダンス部。郡家中北連(こうげなかきたれん)の艶やかな傘鳴子踊り、隼地区婦人会のお母さんたちによる『隼音頭』など、地元の皆さんの気合いの入ったパフォーマンスが素晴らしかった。
豪華賞品、ライダー交流会




『遠くから来たもんで賞』は北から南からの距離を競い、北海道と熊本県からのライダーが受賞。『私が一番元気だぞ賞』は我こそは最高齢と立候補して鳥取県の69歳ライダーが受賞。さらにビンゴ大会、ゲストと勝負のじゃんけん大会と続いて、まつりは最後まで賑わった。


隼とライダーを暖かく見つめながら地域活性化に尽力する、隼駅まつり主催『隼駅を守る会』の西村昭二会長(左)。そして平井伸治 鳥取県知事(右)も駆けつけた。「スタバはないが『すなば』はある」など県のダジャレPRでも知られる平井知事だけに、この日も実はみな大いに期待。そしてスピーチの締めにばっちり決めていただきました「隼が、流行るさ!」。
鈴木社長、濱本社長も!




スズキ株式会社 鈴木俊宏社長、株式会社スズキ二輪の濱本英信社長も来場。オープニングステージで感謝と祝福のスピーチをおこなっただけでなく、駐輪場を回りライダー達を訪れて声をかけたり写真撮影に応じたりときさくに交流し、これにはライダー達も大感激。イベント終了後は「ありがとう!気をつけて!」と手を振りながら見送る両社長の姿も恒例のシーンに。


●空撮写真提供:八頭町役場 地方創生室

祝第10回!で初参加
永田 昌弘さん from神奈川県

「今日の午前1時に横浜を出発してひた走ってきたんですが、隼は安定した走りで長距離も本当に快適そのものです。そして明日からは3日間ほどの予定で九州まで足を伸ばします」


初タンデム&初参加!
うぃうぃさんと愉快なお友達 from奈良県

「昨年末から隼乗りになり、ならば聖地の祭りに行かなくては!ということで、タンデムで来ました。隼駅舎は静かな場所にあって、聖地感にあふれていてとてもいいですね」


このあと淡路島へ走ります
カズさん from埼玉県

「2年前の初参加のとき、あまりの隼の多さに驚いて10回目はまた絶対来ようと。隼の魅力は何といってもデザインから来る特別な存在感、そして乗りやすいことですね」


迫力の加速に大満足
シゲさん from和歌山県

「隼駅まつりは去年に続いて2回目です。隼の凄まじい加速、乗ってるぞー!っていう感じが好きですね。明日は日本海沿いを走るルートを通って帰ろうと思ってます」


隼乗りの隼人
柳生 隼人さん from静岡県

「去年までブランクがあり、久々にまたバイクに乗り出して、名前がハヤトだからバイクは隼! この辺りはきれいな風景が多いし、隼駅舎もとても雰囲気がありますね」


とにかく速い、乗りやすい
村岡さん from奈良県

「フルパワー北米仕様の隼です。隼駅まつりは初めてで、10回記念ステッカーをもらうのが楽しみです。イベントのあとは、鳥取市内の見どころをツーリングします」


[第9回隼駅祭りへ]