2018年7月18日 

■BMW G310R、G310GSのリコール(平成30年7月17日届出)

 対象車両は型式2BL-G31AA(通称名:BMW G310R)の車台番号WB30G0108HR828545 ~ WB30G0101JR846262(製作期間:平成28年9月20日 ~ 平成30年4月25日)の746台、型式2BL-G31AA(通称名:BMW G310GS)の車台番号WB30G0207JR800787 ~ WB30G0208JR810888(製作期間:平成29年6月19日 ~ 平成30年4月30日)の653台、計1型式、計2車種、計1,399台。

 不具合の部位(部品名)は「メインフレーム (サイドスタンド取り付け部)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「メインフレームのサイドスタンド接続部において、フレームの強度が不足しているため、過度な過重により、当該接続部が変形することがある。そのため、サイドスタンド使用時に車体の傾きが大きくなり、最悪の場合、当該接続部が折損し、車両が転倒するおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、メインフレームのサイドスタンド接続部に補強板を取り付ける。なお、
メインフレームに損傷のあるものは、メインフレームを対策品と交換する」という。

 改善箇所説明図は

問:BMW カスタマー・インタラクションセンター
TEL:0120-269-437