KX250 772,200円(8月1日発売)

★カワサキ KX250 車両解説

車名から「F」が取れ、カラー&グラフィック変更で2019年モデルに

2011年モデルで、フューエルインジェクションを採用、2012年モデルではさらに量産モトクロッサー初採用のデュアルインジェクターまで装備。全回転域でのエンジン性能を大幅アップするとともに、スムーズなレスポンスを実現。さらに2013年モデルでは、シリンダーをショート化することで圧縮比を上げ、全域でのエンジンパフォーマンスを向上。カプラー交換のみで簡単に3種類のマップから選択ができるDFIカプラーを新採用。フレームは剛性を最適化し、メインパイプをさらにスリム化することでコントロール性を向上、新たにセパレートファンクションフロントフォーク(SFF)タイプ2を採用、フロントブレーキマスターシリンダーには新型プッシュロッドタイプを採用するなど大幅な熟成が行われた。

そして、2013年7月発売の2014年モデルでも、「中級レベルのライダーからエキスパートライダーまで、表彰台の頂点に立たせる」をコンセプトにさらなる戦力アップを目指して、ファクトリー仕様の「ローンチコントロールモード」を搭載、新ユニトラック リアサスペンションの採用、スイングアーム下にリンケージマウントを設置、またデュアル圧縮機能を設け、高精度なサスペンションセッティングを可能に、シリンダータンクにはカシマコートを採用し作動性の向上を図り、乗心地の向上と減衰性能、踏破性能の向上などが行われるなど、矢継ぎ早に改良が加えられているKX250F。

2014年8月発売の2015年モデルでは、さすがに一息かと思われたが、まだまだ表彰台の頂点に立つには改良の手を休めてはいられませんということで、ダウンストリームインジェクターの噴射角を変更して低中速回転時のパワーとレスポンスを向上、大径270mmのペタルディスク(前輪)を採用してブレーキ性能を向上、ライダーの好みに合わせて2種類のポジションが選択可能なフットレスト、ハンドルバーの位置を4段階に調整可能(調整範囲35mm)とするハンドルポジション調整機構、ハンドリングと安定性を向上させるためのフロントフォーク(SFF Type2)のバルブセッティング変更、リアサスペンションの減衰力のセッティングをそれに合わせて変更、フロントとリアの車軸をそれぞれ約31gと約32gに軽量化、等々まさに怒濤の熟成に次ぐ熟成が行われているモデルとなっている。

2016年7月発売の2017年モデルでもビッグマイナーチェンジが行われた。エンジン面では、オフセットシリンダーの採用、吸気ラインのダウンドラフト化、シリンダー内をプラトーホーミング処理、コンロッドの大端部のジャーナルベアリング化、ピストン形状の変更と軽量化が行われている。

車体面では、車両重量を1.6kg軽量化、ステアリングステムの変更、アルミペリメターフレームのスリム化、フューエルタンクからシートにかけてのフラット化とシームレスデザインの採用、フロントフォークのバルブセッティングの変更、リヤサスペンションのバルブセッティング、スプリングの変更、ナンバープレート、フロントフェンダー、フロントフォークガード、サイドカバー、リヤフェンダーの形状変更、リヤフェンダーにインテークダクトを追加、シュラウドのスリム化、シュラウドデザインにインモールドグラフィックを採用、そしてカラー&グラフィックの変更となっている。パソコンを使わずにエンジンマップが変更できる、コントローラータイプの「KX FI キャリブレーションキット」も採用された。

さすがに2018年モデルはひと休み、かと思いきや、進化の手綱は緩めず、でエンジン面ではインジェクターの取り付け角度の変更や、フューエルポンプの燃圧変更、吸気ダクト形状の変更、ファンネル管長の短縮、吸気バルブタイミングの変更、圧縮比の最適化などなどにより全回転域でパワー&トルクアップ。これに合わせてサスセッティングの変更も行われた。

で今回こそ熟成の手はひと休み。2019年モデルは兄貴分の「KX450」と同様、車名から「F」が取れてスッキリ「KX250」の表示に。それ以外はカラー&グラフィックの変更のみ。

KX250。カラーはライムグリーン(GN1)1色。
KX250。車名から「F」が取れました。

★KAWASAKI ニュースリリースより (2018年6月28日)

2019年モデル KX250 新発売のご案内
モデル情報
車名(通称名) KX250
モデルイヤー 2019
マーケットコード KX252AKF
型式 -
発売予定日 2018年8月1日
メーカー希望小売価格 772,200円
(本体価格715,000円、消費税57,200円)
カラー(カラーコード) ライムグリーン(GN1)
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※KX250は公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
【KX250】

ファクトリーマシンからフィードバックされた先進の技術を搭載したKX250。レース活動で培ったチューニングやブリッジド・ボックス・ボトム・ピストンなどの高性能パーツにより、高出力とスムーズなパワーデリバリーを実現しています。また、デュアルインジェクターやダウンドラフト構造の吸気ラインを採用。シャープなレスポンスによる優れた加速性能を獲得しています。さらにセパレートファンクションフロントフォークを装備し、高い衝撃吸収性と作動性に貢献。「表彰台のトップにライダーを送り込む」というカワサキの設計理念がふんだんに盛り込まれています。

■主な変更点
・カラー&グラフィックの変更
・モデル名称の変更
 

★主要諸元

車名型式 -
KX250
発売日 2018年8月1日
全長×全幅×全高(m) 2.172×0.825×1.270
軸距(m) 1.478
最低地上高(m) 0.324
シート高(m) 0.945
車両重量(kg) 104.8
乾燥重量(kg) -
乗車定員(人) 1
燃費(km/L) -
登坂能力(tanθ) -
最小回転小半径(m) -
エンジン型式 -
水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ
総排気量(cm3) 249
内径×行程(mm) 77.0×53.6
圧縮比 13.4
最高出力(kW[PS]/rpm) -
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) -
燃料供給装置形式 フューエルインジェクション
始動方式 プライマリーキック式
点火方式 デジタルDC-CDI
潤滑油方式 セミ・ドライサンプ
潤滑油容量(L) 1.0
燃料タンク容量(L) 6.4
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1速 2.142
2速 1.750
3速 1.444
4速 1.235
5速 1.045
減速比1次/2次 3.350/3.846
キャスター(度) 28°30′
トレール(mm) 123
タイヤサイズ 80/100-21 51M
100/90-19 57M
ブレーキ形式 φ270mmシングルディスク
φ240mmシングルディスク
懸架方式 φ48mm倒立テレスコピック式
スイングアーム(ニューユニ・トラック)
フレーム形式 セミダブルクレードル

※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。