KX100 401,760円(8月1日発売)

★カワサキ KX100 車両解説

本格派の“FUNライドモデル”KX100が2019年モデルに

2013年8月に、全ての回転域での高出力化させた新エンジンや新型倒立サスの採用が行われ新型となった“大人も乗れるミニ・モトクロッサー”KX85/KX85-II。このKX85シリーズをベースに、エンジンのボアを48.5mmから52.5mmへと拡大し排気量を99cm3へアップ、より本格的な走りを実現する“FUNライドモデル”として2015年7月に発売開始されたのがKX100だ。エンジン以外の基本構成はKX85-IIと共通で、φ36mmの倒立フロントフォークやペタルディスクブレーキ、ユニ・トラックリアサス、ペリメターフレームなどを採用している。

2019年モデルは、2016年7月発売の2017年モデル、2017年7月発売の2018年モデルと同様、カラー&グラフィックの変更のみ。

KX100。カラーはライムグリーン(GN1)1色。
KX100。KX85シリーズをベースにエンジンの排気量を99㎝3へとアップ。

★KAWASAKI ニュースリリースより (2018年6月28日)

「FUNライドモデル」KX100が2019年モデルに
モデル情報
車名(通称名) KX100
モデルイヤー 2019
マーケットコード KX100FKF
型式 -
発売予定日 2018年8月1日
メーカー希望小売価格 401,760円
(本体価格372,000円、消費税29,760円)
カラー(カラーコード) ライムグリーン(GN1)
※当モデルは二輪車リサイクル対象車両です。価格には二輪車リサイクル費用が含まれます。
※KX100は公道や一般の交通に供する場所での走行は一切できません。
【KX100】

ファクトリーマシンをイメージした本格派FUNライドモデルKX100。KX85・KX85‐Ⅱに比べよりパワフルなエンジンを搭載。インナーチューブ径36mmの倒立フロントフォーク、ユニ・トラックリヤサスペンションなど充実した装備との組み合わせは優れたパフォーマンスを発揮します。また、ハンドルバーは6つのポジションに調節が可能。ライダーの好みに応じて選択出来るようになっています。さらに人間工学を取り入れたボディワークは快適な乗り心地と操作性を両立。「表彰台のトップにライダーを送り込む」というカワサキの設計理念がふんだんに盛り込まれています。

■主な変更点
・カラー&グラフィックの変更

★主要諸元

車名型式 -
KX100
発売日 2018年8月1日
全長×全幅×全高(m) 1.920×0.765×1.150
軸距(m) 1.310
最低地上高(m) 0.330
シート高(m) 0.870
車両重量(kg) 77
乾燥重量(kg) -
乗車定員(人) 1
燃費(km/L) -
登坂能力(tanθ) -
最小回転小半径(m) -
エンジン型式 -
水冷2ストローク単気筒ピストンリードバルブ
総排気量(cm3) 99
内径×行程(mm) 52.5×45.8
圧縮比 10.2(低回転時)~8.7(高回転時)
最高出力(kW[PS]/rpm) -
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) -
燃料供給装置形式 キャブレター
始動方式 プライマリーキック式
点火方式 デジタルCDI
潤滑油方式 混合(32:1)
潤滑油容量(L) 0.7
燃料タンク容量(L) 5.0
クラッチ形式 湿式多板
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.538
2速 1.875
3速 1.500
4速 1.250
5速 1.090
6速 0.956
減速比1次/2次 3.400/3.923
キャスター(度) 29°
トレール(mm) 108
タイヤサイズ 70/100-19 42M
90/100-16 52M
ブレーキ形式 φ220mmシングルディスク
φ184mmシングルディスク
懸架方式 φ36mm倒立テレスコピック式
スイングアーム(ユニ・トラック)
フレーム形式 セミダブルクレードル

※改良のため、仕様および諸元は予告なく変更することがあります。