2018年6月18日 

■KYMCOが世界初のionex EVスクーター2機種を発表

 KYMCOは6月12日、バッテリー充電ステーション・ネットワークまでを一体化した新しいアプローチの交換式バッテリーによるEVスクーターシステム、ionexを採用した新型EVスクーター“KYMCO New Many 110 EV”と“KYMCO Nice 100 EV”の2機種を発表した。

ionexシステムとEVスクーター2機種を発表したKYMCOのアレン・コウ会長。

 これらのモデルのユーザーは台湾全土の1,500ヵ所に設けられたionexの充電ステーション網が利用な他、通常の電動二輪車同様自宅での充電も可能だ。重量5㎏のバッテリーには5年間の保証とモーターには10年間の保証が提供される。また、基本走行距離1,000kmの月間レンタルバッテリーも用意されており、レンタル料金は月間わずかUS10$。

New Many 110 EVは、ファッションやレトロなスタイリングが好きな若い世代のライダーに向けにデザインされたionex電動スクーターで、8月に発売予定。Noodoe Navigationバージョンと、スタンダードの2タイプのバージョンがあり、政府の補助金を導入すればNavigationバージョンでUS$1,590、スタンダードではUS$1,420で購入可能だ。

Nice 100 EVはもう少し広い層を対象としており、実用性と入手性を考慮。発売は10月から。価格はUS$990から。

KYMCO New Many 110 EV。 KYMCO Nice 100 EV。

■キムコジャパン