2018年4月27日 

■トライアンフ・スラクストンR、スラクストンのリコール(平成30年4月26日届出)

 対象車両は型式EBL-HJ1200(通称名:スラクストン R)の車台番号SMTDAD72H4G747514 ~ SMTDAD72H4J843570(製作期間:平成 28 年 3 月 5 日~平成 29 年 6 月 6 日)の263台、型式EBL-HJ1200(通称名:スラクストン)の車台番号SMTDAD71H4G757193 ~ SMTDAD71H4J842524(製作期間:平成 28 年 3 月 10 日~平成 29 年 6 月 2 日)の68台、型式2BL-DHJ1200(通称名:スラクストンR)の車台番号SMTDAD72H4J850960 ~ SMTDAD72H4J868600(製作期間:平成 29 年 8 月 1 日~平成 29 年 12 月 7 日)の30台、型式2BL-DHJ1200(通称名:スラクストン)の車台番号SMTDAD71H4J855018(製作期間:平成 29 年 9 月 4 日)の1台、計2型式、計2車種、計362台。

 不具合の部位(部品名)は「燃料装置(エレクトロニックコントロールモジュール)」。

 基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「燃料を制御するエレクトロニックコントロールモジュール(略称:ECM)のプログラムが不適切なため、エンジンが低回転で低速運転中にクラッチ操作を行い、急にスロットルを開閉すると、吸気が追いつかずエンジンの燃焼状態が悪くなることがある。そのため、エンジン回転が低下し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある」というもの。

 改善措置の内容は「全車両、ECMのプログラムを対策プログラムに書き換える」という。

 改善箇所説明図は

問:トライアンフコール
TEL:03-6809-5233