モンキー125/モンキー125<ABS> 399,600円/432,000円(7月12日発売)

★ホンダ モンキー125 車両解説

モンキーが新世代の125版になって登場

 2017年7月の「モンキー・50周年スペシャル」の発売を最後に生産が終了したモンキー。まさに半世紀もの間「ご苦労様でした、ありがとうモンキー」。
 モンキーの歴史もこれにて終了、かと思われていた中、昨年の東京モーターショーで新世代のモンキーとして参考出品されたのが、排出ガス規制や騒音規制をクリアできる余裕をもった125版のモンキーだった。
 
 見た目はモンキーそのもの。しかし、そのサイズはなんと一回りどころか二回りも大きい“ビッグ・モンキー”で、多くのファンが驚いたことだろう。話題の中心は、とにかくそのサイズであったことは間違いない。
 ただ新世代モンキー、サイズを除けば伝統のモンキースタイルを忠実にトレースしている。フロントサスこそ倒立式が奢られているが、前後のスチール製フェンダーやマフラーカバー、燃料タンク、シートなどどこをとってもモンキーなのだ。

モンキー125。新世代の“ビッグ・モンキー”。
モンキー125。カラーは「パールネビュラレッド」と「バナナイエロー」の2色。

★HONDA ニュースリリースより (2018年4月23日)

125ccレジャーモデル「モンキー125」を発売

Hondaは、コンパクトで愛らしいスタイリングと、走る楽しさを広げた原付二種※1のレジャーモデル「モンキー125」を7月12日(木)に発売します。

「モンキー125」の開発にあたっては、楽しさをスケールアップし、遊び心で自分らしさを演出する“アソビの達人”をコンセプトに定めました。従来の50ccモデル「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの不変的な魅力を踏襲しつつ、125ccの力強く扱いやすい出力特性のエンジンや取り回しやすいサイズ感、親しみやすいデザインとしています。

スタイリングは、前後長を短く、上下にボリューム感を持たせた台形シルエットを採用。また、趣味性の高いモデルとして、スチール製の前後フェンダーやマフラーカバーなどをクローム仕上げとしました。

エンジンは、空冷・4ストローク・OHC単気筒に4速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、市街地で多用する回転域では力強く、ツーリング走行ではスムーズさを楽しめる出力特性としています。

車体は、しなやかさと剛性を兼ね備えたバックボーンフレームを採用。シートレールは剛性を確保しながら、デザインの基調であるラウンドシェイプに合わせた形状としています。

脚まわりには、バネ下重量を軽減する倒立フロントフォークや、強度を確保した専用設計のスイングアームを採用しています。

ブレーキは、制動フィーリングに優れた前・後ディスクを採用。フロントのみABS(アンチ・ロックブレーキ・システム)を装着したタイプを設定※2しました。タイヤは12インチのブロックパターンタイプを装着しレジャー感を演出。高密度ウレタンを採用したクッション性の良いシートの採用などとあいまって、快適な乗り心地を確保するとともに、剛性感としなやかさを兼ね備えた扱いやすい操作フィールを実現しました。

主体色には、情熱を表現するパールネビュラレッドと、若々しさを表現したバナナイエローの2色を設定し、コンパクトな車体の存在感を高めています。また、燃料タンクを主体色とホワイトのツートーンとしました。

※1 総排気量50ccを超え125cc以下の第2種原動機付自転車の略称。
運転には、普通二輪免許(小型限定も可)か、大型二輪免許のどちらかが必要です。
※2 モンキー125<ABS>のリアブレーキにはABSは装着されていません。

●販売計画台数
 (国内・年間) 3,200台
 
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
 モンキー125 399,600円(消費税抜き本体価格 370,000円)
 モンキー125<ABS> 432,000円(消費税抜き本体価格 400,000円)
 
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません
=モンキー125の主な特徴=
●エンジン
・市街地から郊外までストレスなく走行できる125ccの空冷・4ストローク・OHC単気筒エンジンに、4速マニュアルトランスミッションを組み合わせて採⽤
 
●車体
・フレームは、ヘッドパイプ、メインパイプ、エンジンハンガープレート各部に適度な剛性と強度を持たせたバックボーンフレ―ムを採用。スイングアームは、長円形の断面を持たせた専用設計とすることで、縦方向の剛性とデザインの基調であるラウンドシェイプを両立
・ホイールベースは1155mmに設定し、モンキーならではの愛らしいシルエットを確保しつつ、直進安定性やコーナリング時、不整地走行など、さまざまな走行状況で楽しめる操縦性能を確保
 
●外観
・燃料タンクやシート、サイドカバー、スチールフェンダーなどの各パーツを、独立感のある形状として完成車を構成
・ヘッドライトやテールランプ、スピードメーター、バックミラーをラウンド形状とするなど、外観パーツをシンプルな曲面でまとめることで愛らしさを演出
 
●装備
・高品位なクローム仕上げを施した、前後スチールフェンダーやマフラーカバー、ヘッドライトリム
・ポリッシュ工程を加えて仕上げた艶やかな燃料タンクには、歴史ある製品を象徴するオールドウイングマークの立体エンブレムを採用
・全ての灯火器には高輝度で被視認性にも配慮したLEDを採用
・スピードメーターは、イグニッションON操作でウインクするアニメーションが楽しめるLCDタイプを採用
 
●その他
・上質感を演出するオールドウイングマーク付きのウェーブキーを採用

★主要諸元

車名型式 2BJ-JB02
モンキー125〈モンキー125<ABS>〉
発売日 2018年7月12日
全長×全幅×全高(m) 1.710×0.755×1,030
軸距(m) 1.155
最低地上高(m)★ 0.600
シート高(m)★ 0.775
車両重量(kg) 105〈107〉
乾燥重量(kg) -
乗車定員(人) 1
燃費消費率(km/L)※3 71.0(国交省届出値 定地燃費値 60km/h 1名乗車時※4)
67.1(WMTCモード値 クラス1 1名乗車時※5)★
登坂能力(tanθ) -
最小回転半径(m) 1.9
エンジン型式   JB02E
空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ
総排気量(cm3) 124
内径×行程(mm) 52.4×57.9
圧縮比 9.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 6.9[9.4]/7,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 11[1.1]/5,250
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)
始動方式★ セルフ式
点火方式★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑油方式★ 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) -
燃料タンク容量(L) 5.6
クラッチ形式★ 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式4段リターン
変速比 1速 2.500
2速 1.550
3速 1.150
4速 0.923
減速比1次/2次★ 3.350/2.266
キャスター(度)★ 25°00′
トレール(mm)★ 82
タイヤサイズ 120/80-12 65J
130/80-12 69J
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク
油圧式シングルディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式
フレーム形式 バックボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda 公表諸元)■製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd.
 ※3 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
 ※4 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
 ※5 WMTCモード値は、発進、加速、停⽌などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます