2018年4月13日 

■ホンダ・ベンリィ、ベンリィ プロの改善対策(平成30年4月12日届出)

 対象車両は型式JBH-AA05(通称名:ベンリィ、ベンリィ プロ)の車台番号AA05-1000041~AA05-1007006(製作期間:平成 27 年 7 月 9 日~平成 29 年 6 月 12 日)の6,706台、計1型式、計2車種、計6,706台。

 不具合の部位(部品名)は「電気配線(メインハーネス、ACジェネレータハーネス)」。

 不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因は「メインハーネスとACジェネレータハーネスの固定位置が不適切なため、リヤサスペンションの伸縮により当該ハーネスのエンジン側クリップバンド部が屈曲することがある。そのため、そのまま使用を続けると、屈曲の繰返しによりメインハーネスが断線し、加速不良やスタータスイッチによるエンジン始動が出来なくなり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動出来なくなるおそれがある。また、ACジェネレータハーネスが断線すると、スタータスイッチによるエンジン始動が出来なくなり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある」というもの。

 改善対策の内容は「全車両、メインハーネスとACジェネレータハーネスを対策品と交換するとともに、固定位置を変更する」という。

 改善箇所説明図は

問:本田技研工業 お客様相談センター
TEL:0120-086819