MBHCC A-1

第58回「勃て!勃つんだ!」の巻

 
 全く興味がないので全然見なかった冬季オリンピックも終わり、桜も咲いて、街には新入生、新社会人が溢れる季節となりました。
 春。ワタシ的には毎年3月までは気分的に鬱の状態が続くのでやっと喪が明けた感じで、ようやくスタートラインに立ったような気がしているのです(別に病気じゃありませんよ)。
「さぁ春だ。立て! 立つんだミドリ!」
 てなわけで、多少こじつけではありますが、『勃つ』といえばあそこだなと思いまして、愛知県にある『田縣(たがた)神社』へと行ってきたのであります。

 
 いつものことながらいろいろ準備にとまどってしまい、ずいぶん遅くの出発になってしまいました。しかも土曜日ということで道路もかなり混んでいたのです。本来なら今日中に愛知県に入っていたかったのですが、浜松までしか進めず、しょうがないので、浜名湖の『渚園キャンプ場』で一泊することにしました。
 ちなみにココ、もう何回も利用しているけど、410円で泊まれるし、いいところですよ。

 翌朝は7時出発。しばらく国道1号線を走った後、音羽蒲郡から東名高速に乗っかります。車の流れもスムーズで天気もいいし快適な走りです。

 1時間40分ほど走行して小牧で降りたのですが、なんと調べていた交差点を行き過ぎてしまったのです。そこで急遽予定を変更して、あとで行く予定だった『大縣(おおあがた)神社』へ先に行くことにしました。
 ここは梅の木が有名なところだったんですね。ちょうど梅祭りが行われていて、たくさんの人で混雑していました。境内には白やピンクの花が満開になってホントにきれいでしたよ。
 赤い社殿の裏に小さな池がありました。願い事を書いた紙の上に100円玉を乗せてそこの水の上に置くのですが、早く沈めば早く願いが叶い、なかなか沈まなければ、願いは遅くなって叶うという言い伝えがあるのだそうですよ。
 境内には女性の性器に似た形をした『姫石』というのもお祀りされていました。一応手を合わせておいて、田縣神社へと向かいましょう。

 15分ほどで到着。鳥居をくぐり、左手にある手水舎で身を清めたあと本殿に参拝したのですが、なんかイメージが違うのです。普通の神社なんですよ。おかしーなぁ、なんて思いつつ裏手に回ると、ありました。たくさんのオチンチンが!!
 自然に出来たらしい、男性性器に似た石がたくさん鎮座しているのです。お賽銭を捧げ、鈴を鳴らそうと上を見ると、なんと鈴までがオチンチンの形に!?

 田縣神社は創建がなんと弥生時代にまで遡るという歴史ある神社なんだそうです。昔から男茎形(おわせがた)が奉納されてきたそうなんですが、男性性器はいわゆる『産む』ということの象徴であり、それはまた『生む』ということでもあるので、お金を生み出す、つまり商売繁盛を願う人々が訪れる場所として親しまれてきたのそうですよ。モチロン子孫繁栄や夫婦円満を願う人たちにもね。
 毎年3月15日には、巨大なイチモツが乗ったお神輿が練り歩くお祭りがあるのですが、海外からも大勢の人々が訪れるのだそうですよ。


浜名湖の市営渚園キャンプ場の朝。関西方面へ行くときのベースキャンプに便利。

犬山市には古墳がたくさんあるそうです。この青塚古墳は、愛知県で2番目に大きいそうだよ。

大縣神社では梅まつりが行われていました。甘い香りが漂っていて気持ちがよかったよ。

この小さな鳥居をくぐることができれば願いが叶うそうですぞ。ダイエットが必要かも!?

ヤ、ヤバイ!! ワタシが置いた紙がなかなか沈んでいかないよオ~!!早く願い事叶えてェ〜!!

キャ〜、イヤラシ〜♡これモザイクかけなくてもいいのかしら!?

 
 ちなみに、神社のすぐ隣に『ナフコ田県店』というスーパーがあるのですが、ここで、オチンチンの形をしたチョコや飴などのお土産が買えますよ。

 ここでしばらくゆっくりしてから、約10kmほどのところにある『犬山城』を見学。そのあと、ちょっと早いのですが今夜のお宿『アウトドアベース犬山』にチェックインしました。
 ここのキャンプ場は、テント持ち込みでも1200円はかかるのですが、トイレがきれいだし、施設は整っているし、また来たいと思えるいいところでしたよ。

 最終日。本日の天気予報は曇り……のハズがなんと朝から雨。今日は明治村とリトルワールドを見てから帰るつもりにしていたのですがすべてキャンセル。雨が降ると気力が萎えるんですよねぇ。
 しかし、また同じ道を使って帰るのは芸がないので、国道19号線を北上することにしました。
 途中にある妻籠宿や寝覚めの床などの観光地も全て無視して、土砂降りの中、木曽路をチンタラと走ります。
 木曽福島から伊那市を結ぶ権兵衛トンネルを抜けた頃ようやく雨が上がり、お昼に高遠に到着したら道路は全然濡れていませんでした。
 ここで名物の『ソースカツ丼』を食べて休憩し、そして日帰り温泉『さくらの湯』でひとっ風呂。お湯がつるつるとしていて肌にやさしく、いい温泉でしたよ。

 甲州街道に入った後、小淵沢から中央道に入り、またチンタラと走って無事にアパートに帰宅したのでありました。

 今回もいつものようにただ走るだけの旅になってしまいました。3日もあったというのにほとんど観光地に寄れずじまいではありましたが、大好きな野宿も久しぶりにできたし、まぁまぁ楽しい旅になったのかな!?



前から来てみたかった田縣神社。商売繁盛、子孫繁栄、夫婦円満に御利益アリ!! 本殿のすぐ裏手にもうひとつお社がありまして……うわっ、スゴイ、たくましィ〜♡


鈴を鳴らそうと上を見上げたら……これが本当の「鈴口」ってヤツだな。

右の玉々を触れば商売繁盛が、左を触れば子宝に恵まれるのだそうです。 境内にはこんな自然石がたくさん飾ってありましたよ。


国宝の犬山城。1537年に築城されたそうです。現存する天守のうちで一番古いらしいよ。 お殿様になった気分で、犬山の町を見下ろします。いいところだなあ、この街も。


お伊勢さんのおかげ横丁にそっくり!?たくさんの人々でにぎわっていましたよ。 アウトドアベース犬山キャンプ場。ここ、けっこう気に入りました。また来ようっと!!


インディアンテント村や、水上焼き肉コーナーなど施設も充実しているし、オススメですよ。 雨の木曽路をただただ走ります。また今度ゆっくり来ようかな。


ご当地名物のソースカツ丼。ソースもお肉も本当においしかったよ。 今回の旅のおみやげ。オチンチンの形をした飴はお腹の大きい友人にプレゼントしました。

イラスト

[][第58回]
[バイク好いとっちゃんへ]
[へ]