2018年3月26日 

■「BIKE! BIKE! BIKE! 2018」はあらゆるライダーが鈴鹿サーキットを身近に感じることができるイベント

総走行距離80,000kmを全参加者で目指す「サーキットクルージング」

 愛車で国際レーシングコースをクルージングできたり、ゲストが登場するステージや多くの出展ブース、交通教育センターでのレッスン体験など、バイクにまつわる様々なプログラムが楽しめる「BIKE! BIKE! BIKE! 2018」が4月28日(土)、鈴鹿サーキットで開催される。

「異種格闘技戦!いろんなバイクのタイムハンデマッチ」

 公道走行可能なバイクであれば参加OKの「サーキットクルージング」は、過去2年惜しくも届かなかった地球2周分の距離にあたる総走行距離80,000kmを全参加者で目指すというもの。今回は創業115周年記念としてハーレーダビッドソン大試乗会を交通教育センター 特設コースにて開催される。東コースでは50ccの原付バイクから”コカ・コーラ”鈴鹿8耐に出場するレーシングバイクなど、7台のさまざまなバイクによる「異種格闘技戦!いろんなバイクのタイムハンデマッチ」も。

 また、BS11(日本BS放送)で放送中の30分番組、大人のバイク時間「MOTORISE」によるステージも開催。元・世界GPライダーであり番組ナビゲーターの中野真矢氏をはじめ下川原利紗さん、桐生美希さんや元SKE48でタレントの梅本まどかさん、トライアルで活躍する小玉絵里加選手、ロードレースで活躍する岡崎静夏選手 、モトクロスで活躍する安原さや選手をゲストに招き「レディースライダートーク」が行われる他、トライアルバイクのパフォーマンスも披露される。

小玉絵里加 岡崎静夏 安原さや

鈴鹿サーキット