2018年3月22日 

■より固いパートナーシップによって二輪レースを盛り上げる

「日本郵便×Honda Dream」のCBR600RRに跨る日本郵便株式会社の横山邦男 代表取締役社長。

 日本全国の郵便業務などでお馴染み、日本郵便が、全日本ロードレース選手権および鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)に参戦するホンダの2チームをスポンサード。“郵便局がバイクチームを協賛し日本一を目指します!”というスローガンによる「わくわくプロジェクト」も始動した。

最新の郵便配達バイク・ホンダMD110(JA43)。日本郵便とホンダは電動車両を用いた郵便配達による社会インフラ整備に向けた協業も行っている。

 日本郵便とホンダのパートナーシップは1971年、郵政省時代の郵便配達専用バイク(MD90)から本格的にスタート。近年では2016年と2017年には鈴鹿8耐でHonda 熊本レーシングのスポンサードでもお馴染みだ。日本郵便とホンダはより固いパートナーシップによって二輪レースを盛り上げていくという。

 2016年に「日本郵便 Honda 熊本レーシング」から鈴鹿8耐に参戦している手島雄介が監督として率いる「日本郵便×Honda Dream」はST600クラスに参戦。ライダーは小山知良(♯230)、國峰啄磨(♯55)、亀井 駿(♯420)の3名を起用する。ゼッケンの230は“ふみの日”、420は4月20日の“郵政記念日”が由来に。

 また、元世界GPライダーであり鈴鹿8耐最多勝の宇川 徹がチームを率いるワークスチーム「Team HRC 」を、同チームが参戦するJSB1000クラスと鈴鹿8耐でスポンサード。ライダーは高橋 巧。

全日本ロードレース選手権・ST600クラスに参戦する「日本郵便×Honda Dream」、JSB1000クラスと鈴鹿8耐に参戦する「Team HRC」。 「日本郵便×Honda Dream」の手島雄介監督がライダーを紹介。左より、2017年アジアロードレース選手権AP250ランキング2位の小山知良、2017年全日本ロードレース選手権ST600ランキング2位の國峰啄磨、2017年MFJ CUP JP250 ランキング5位の亀井 駿。