2018年3月1日 

■サイン・ハウスが歴史あるスクーターブランド「ランブレッタ」の取り扱いを開始

 サイン・ハウスは、1933年にイタリアのFerdinando Innocentiが創業した金属加工工場をルーツとするスクーター・ブランド、Lambrettaの取り扱いを開始すると発表した。1970年代にイタリアの労働争議の嵐に巻き込まれて工場を閉鎖したランブレッタ。その後も近年に至るまで旧ランブレッタの資産を無断使用した“類似スクーター”が各地で生産されてしまうなど混乱の時期が続いてしまったが、ランブレッタ・ブランドの真の後継者といえるイノチェンティ家がようやくのことブランドの1本化を実現。オーストリアのKSR Groupe GmbHと共同出資することで改めてLambretta GmbHを2017年に設立、昨年11月のEICMAミラノショーで復活を正式に発表している。

 サイン・ハウスでは、この不幸な名門の復活をかけてLambretta GmbHと直接交渉を行い、日本における総代理権並びにブランド使用権を独占契約することに成功。いよいよ今年から本格的にLambrettaの販売にあたるという。Lambrettaでは、EICMAで発表したニューモデルのV50/V125/V200の3機種の生産を開始、サイン・ハウスはこれらのモデルを3月23日から開催される東京モーターサイクルショーで展示、発表するという。

V50 Special:空冷4サイクル49.5㏄エンジンを搭載したランブレッタのボトムエンドを担うモデル。上級機種と同等のボディワークと装備を持ちながら、原付免許、あるいは普通自動車免許で運転できる。もちろんEuro-4環境規制に適合したエンジンは静粛性に優れ、とてもクリーン。 V125 Special:空冷4サイクル124.7㏄エンジンを搭載したランブレッタの中核モデル。原付2 種というカテゴリーの中で群を抜くスタイルながら、電子制御燃料噴射システムの採用により10ps(7.5kw)を超えるパワーで軽やかに街を駆け抜ける。前後ディスク・ブレーキはコンバインド・タイプ。もちろんEuro-4に適合。FixフェンダーのボディカラーはV50 Special と同様の2色。

>

V200 Special:空冷4サイクル168.9㏄エンジンを搭載。このクラスのスクーターによくある150㏄という枠にとらわれない、豊かなトルクと伸びのあるパワーが身上のトップモデル。前後ディスク・ブレーキにはBOSCH製のABSシステムが奢られ、安全にも抜かりなし。FixフェンダーモデルにはV200 Special専用色としてシルバー・ブルーのボディカラーを用意。V50/125 の2色に加えた3色としている。

●サインハウス・ショールーム(2018年3月30日オープン予定)
〒145-0071 東京都大田区田園調布 2-1-8
TEL:03-3721-1770 FAX:03-3721-1771
営業時間:10時~18時
定休日:毎週火曜日・水曜日